ドバイシーマクラシック・ドゥラメンテ2着、優勝はポストポンド

umanyu2

日本時間3月26日深夜、ドバイWCデーが行われました。

注目のドゥラメンテドバイシーマクラシックに出走、結果は2着

1番人気のポストポンドが優勝。
直線ドゥラメンテが追い上げようとしたものの、差は詰まらず。

3着にラストインパクト、5着にワンアンドオンリーと日本馬が掲示板に3頭乗るという結果に。
ドゥラメンテが直線差を詰められないなんて日本人からすると信じられないですね。

ドゥラメンテはレース前に落鉄していたようで、打ち直しせずに出走したようです。
打ち直しが認められなかったのか、ドゥラメンテがイレ込んで打てなかったのかはまだわかりません。

人間でいうと靴を履いていない状態、のように言われることもありますが、その影響もあったのでしょうか。

ディープインパクトの凱旋門賞とまではいきませんが、なかなか衝撃的な結末でした。
まあ相手の事何にも知らずに勝てるつもりでいるのもどうかと思いますけど…w


ポストポンド

勝ったポストポンドは昨年7月のキングジョージ&クイーンエリザベスSを優勝。
競走馬の世界ランキングではドバイシーマクラシック前の時点でドゥラメンテと並んでトップに君臨する馬です。

化け物みたいな強さを感じました。
キングジョージも勝っていてこれで4連勝だそうです。

凱旋門賞でも最大のライバルになるでしょうね。
日本でも最近まで短期免許で来日していたアッゼニ騎手が鞍上です。

血統は父がドバウィ。その父がドバイミレニアム。

ちなみに関西ですと、土曜の夜はうまんちゅ!という番組で中継していたのですが、落鉄の影響でやや発送が遅れて、

最後の直線残り300mくらいのところで放送が終わるという事態に。

これがフジテレビ系列のなせる業なのか…。

ちなみにドバイシーマクラシックの優勝賞金は日本円でざっくり4億円
ドバイターフも同額。

ドバイワールドカップは優勝賞金6億6千万円と超高額。
もちろん世界最高額の賞金となっています。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ