ドラマ「ON 異常犯罪捜査官」第一話初回感想ネタバレ視聴率は9.6%



ドラマ感想

2016夏ドラマで私が期待しているものの一つ、ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子の初回2時間スペシャルが放送されました。

世界一難しい恋で波瑠さん(というか柴山美咲)に心打ち抜かれたので見たのですが、なかなかヘビーな内容でした。

視聴率は9.6%。
関西では13.4%あったそうなので滑り出しは上々といった所ですね。

出てくる死体がそれなりにグロイし、普通に映るので苦手な人はシンドイかも
21時スタートにしてはパンチ効いています。

精神的に重たい話題も多そうなので、出演者目当てで見るとどんよりするかもしれません。

私の事です。

ネタバレや感想かいていますのであしからず。

相当ややこしいです。

 

 

ON 異常犯罪捜査官初回感想

いきなり口に飴玉38個詰め込まれるわ手足に釘打ちこまれているわお腹バッサー切り裂かれているというヘビーな死体からスタート。

その死体の前に立つ藤堂比奈子(波瑠)。
床に広がる血を舐めようとした時に七味の缶から「比奈子」とよばれ「やっぱりね」と答えたところで目が覚める。

興味ある事件は夢に見るんですかね。
玄関で「スイッチオン」と呟いてから家を出る比奈子。

第一話のタイトルはswitch。

 

麻里子様瞬殺

署内の休憩所の自販機でココアを買い、そこに七味をぶちまけて飲む比奈子。
饅頭でもケーキでも何にでも七味をかけて食べるみたいです。

この七味にもなんか意味ありそうですね。

そこにやってくる鈴木仁美(篠田麻里子)。
比奈子が入庁して以来の親友。

篠田さんはもの凄く滑舌悪いのですが頑張って喋っていましたね。怪しい所ありましたけど。
ショートの印象が強いのでロングヘアーが新鮮。

合コンによくいく男好きな感じのキャラなのでいつか変な男に絡まれるんだろうなーとか思っていたらまさかの初回死亡

このあとドラマ中盤で殴り殺される様を動画サイトに上げられる事になります。
中々衝撃的な展開です。

 

東海林泰久(横山裕)は正義感ありすぎてちょっといけない事してでも犯人捜すタイプの刑事。
街の情報屋とか使ってます。使っている情報屋がまた古臭ーい感じで良い。

物凄い記憶力

比奈子の脳みそには過去10年間の未解決事件がバッチリ記憶されています。
そこを上司の厚田巌夫(渡部篤郎)に買われて変死体の捜査に同行。

死んでいたのは宮原秋雄。何度かレイプの前科あり。

下半身を切り刻まれて首を絞められて死んでいました。
未解決の女子高生強姦殺人事件の被害者とほぼ同じ死に方

下腹部ズタズタ、胸に歯型、口にブリーフ、全身にカッターの切り傷。
首には扼殺痕がありますが、どう見ても自分で締めたような痕

扼殺(やくさつ)、ってワードが出てきましたが、手で首を絞めて殺したのが扼殺、コードやロープなどで首を絞めて殺したのが絞殺、と使い分ける様です。勉強になりましたね。

死ぬ直前から自分で録画した自分の動画が残されたスマホに。

 

宮原の被害者に聞き込みをする比奈子と東海林。
4年前に宮原に強姦された宇田川早苗の家に行くと3ヵ月前に自殺していた。

立ち直って結婚の予定もあったのに、強姦された時の写真などで嫌がらせされていたとのこと。

携帯に襲われたときの写真を送られたりしていたそう。
婚約破棄して自殺したようです。

監察医石上

司法解剖の結果を聞くために監察医石上妙子(原田美枝子)の元を訪れる一向。
そこで宮原の死体の傷は全て自分でつけられたものとの監察結果を聞かされる。

歯型はどうやってつけたのかは不明。でも歯型ではないみたい。
自分で自分を切り刻んで首絞めて自殺、ということに。

自己防衛本能や痛覚を超越した行動だとかなんとか。

似たような事件も

過去にも似たように自己防衛本能を超越した死体が発見されている。
小学生を3人殺した犯人が自分で自分の心臓を3回刺して自殺、という事件。

きっとどこかで繋がっているのでしょう。

そのデータを見ている比奈子はどこか嬉しそう。
それを見た東海林はもっと嫌そうな顔をしろと。

刑事は犯罪者にムカついていないとダメだと伝える。
東海林は過去になんかあったんでしょうね。

後半墓石に語りかけるシーンがありますが、兄弟を亡くしているような感じでしょうか。

そして麻里子様死亡

翌朝、合コン帰りの仁美の死体が発見される。
頭をボッコボコに殴られている様子。

その遺体をマジマジと冷静に観察する比奈子。
東海林に引き離されます。

犯人はスマホで撮影しながら撲殺、そしてその様子がネットにアップされます。
宮原のスマホにも同じアプリが仕込まれています。

そのアプリの開発者が宮原に過去にレイプされて嫌がらせされて3ヶ月前に自殺した宇田川早苗の婚約者。

さあややこしくなってまいりました!

婚約者はアプリ作っただけで殺人にはちょくせつ関与してない、となりました。

でも仁美が殺される動画見ておかしなテンションになっていたし次回以降もなんかありそう。

鍵を握る心理カウンセラー達

自殺した宇田川のカウンセリングをしていた中島保(林遣都)から話を聞き、蛍光灯ベビー(大友翔)のことを教わる比奈子。

中島はハヤサカメンタルクリニックに勤めています。

そこの院長が早坂雅臣(光石研)。
この人が大友翔の身元引受人。

ここで一気に物語が動きます。

この蛍光灯ベビーは15歳になって自分の母親を撲殺しています。
結果的にはこの少年が仁美を殺した犯人。

裸電球と母が使っていた香水の二つが揃うと殺人鬼のスイッチがオンになる。
仁美が殺された現場には裸電球があり、仁美が合コン用に新調した香水がその母親と同じもの。

なんでスマホで撮影したのかは明かされず。

いざ仁美殺しの犯人と対面

比奈子は中島の話をもとに犯人を割り出し、大友翔と会いに。
東海林は街の情報屋の情報をもとに割り出し現場へ。
警察にいる厚田達は匿名の電話で犯人をしり現場へ。

比奈子が大友に裸電球見せて香水の瓶を割って殺人スイッチをオンに。

とうぜん比奈子に襲い掛かる大友。

華麗に攻撃をかわし、鞄に手を忍ばせる比奈子。
比奈子はなにやらスイッチをオフにする秘策をもっていた様子。

それを出す直前に現場にかけつける東海林。
大友を取り押さえて必要以上にフルボッコに。

大友も自殺

大友は逮捕後、拘置所でみずから頭を打ち付け死亡。
自分の殺した相手と同じような姿で自殺する謎、というのがテーマの一つ。

ON第一話まとめ

いやあややこしい。

所々微妙なツッコミどころはありましたが、概ね面白いんじゃないでしょうか。

第一話で結構な数の謎や伏線が発生しています。
少しずつそういったものを回収していく感じでしょうか。

とりあえず第一話の大きな謎は、

なぜ殺人犯が自分が殺した人と似たような状況で自殺するのか

  • 女子高生と同じ死に方をした宮原。
  • 小学生を3人殺して自分の心臓を3回刺して自殺した犯人。
  • 仁美の頭を殴って殺して留置場で自殺した大友。

心理的に洗脳されて自殺した、というのがベタな見方でしょうか。

初回だけ見るとメンタルクリニックの院長がなんかしていそうかな、といったところ。
宇田川が仁美の殺人動画見てテンションあがりまくっていたのとかは伏線なのかただの演出なのか。

 

波瑠さん演じる比奈子は相当変わった女性刑事。
とにかく変な殺人事件への興味が凄い。
逆に親友が殺されているのに普通の殺人事件はそこまで熱が入らないというか。

最後の新人検察官月岡(佐藤怜)がココアに七味入れて飲んで「マズイ」っていうところは比奈子は笑うところだと思いますが意味わかってないような表情ですからね。

 

最後は凍っている死体が出てきて終了。
ちょっとしっかり見ないと置いて行かれそうですね。

2時間ドラマでしたが、見ている分にはダレることなく最後まで見れました。

まとめるのは大変過ぎてちょいちょいはしょっていますが…。

結末が非常に気になるので来週からもみようと思います。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ