ON 異常犯罪捜査官 藤堂比奈子ドラマON 7話感想考察

ドラマ感想

ON 異常犯罪捜査官 藤堂比奈子第7話が放送されました。

感想考察を書いています。

 

 

 


ON 異常犯罪捜査官 7話感想考察

藤堂比奈子(波瑠)は相変わらず中島保(林遣都)と自分の事について話している時にはまばたきをしない

少しずつ比奈子の過去の事が明らかになってきています。

前回、父を殺すためにナイフを持ち始めた事を告白した比奈子。

中島には真意を見破られ、意図的に誰にもらったかを話していないことを見破られる。

新たな登場人物

比奈子は誰にナイフをもらったかを少しずつ話しています。

会った時から比奈子の人間性を見抜いていた人物で、その人に

「自分らしく殺せばいい」

と言われナイフをもらったと。

ここにきて新たな登場人物でしょうか。

母親も知っている人?

比奈子が夢で母親の香織(奥貫薫)と話している時、

「あの人」

というワードが出てきています。

父親の事かとずっと思っていましたが、新たな登場人物があるならその人のことなのかも。

母親が生きている時にすでに比奈子はナイフをもっていたので、母親もその人の事を知っていても不思議ではない

 

もし「あの人」が父親だったなら、あの人も人殺しだった、みたいな事いってたのが気になります。

父親は殺人犯?

というか父親は今何しているんだろう。

 

情報屋の藤川(不破万作)を殺したであろう人物から東海林に電話がありますが、その人物は比奈子のナイフの事を知っていた。

ここまでの話で考えると比奈子にナイフ渡した人物が東海林に電話しているのかなー、と思います。

そうか父親、くらいしか人物残っていないけど父親は無さそうかな…。

東海林のキャラがよく出ていた7話

今回の犯人は東海林の派出所時代の先輩原島(モロ師岡)。

東海林が犯人だと認識した瞬間躊躇なく殴り、このおっさん殺すか?とか言うのがキャラが出ていてよかったかと。

「なんであんたがこんなことしてるんだよぉ!」

みたいな雰囲気一つも出さないのはよかった。

事件自体はちょっと微妙かと

AIDが薬飲んで死んだ人数を把握してる、というのがサラっとばれたのがなんとも微妙な展開に感じました。

発表していない情報を知っているのがバレる、って今更ちょっとベタすぎるかと。

 

あと深くつっこむつもりはないですけど、三木(ジャンポケ斉藤)の彼女のモンスターカフェの店長(伊藤麻美子)はなんで三木の監禁場所わかったの。

 

このドラマ扱っている内容がシリアスでグロイのに、今回の

「いや誰?」

とか倉島(要潤)の空振る求愛とかいきなりギャグ放り込んできますよね。

嫌いじゃないんですけど、ちょっと頭の切り替えが追い付かないことが多い。

カフェの店長がいい人過ぎる

その店長ですが、今回は素晴らしい人間性を披露。

従業員の様子がおかしいことに気付いて自殺を思いとどまらせるって凄い。

抱きしめて体温を感じさせる…。

めっちゃいい人でした。

ナシですけど。

次週はまさかの再登場

次週は3話4話で出てきた佐々木希さんが再登場。
比奈子を狙っているみたいです。

刑務官殺して脱走したそうですけどそんな簡単に出来るもんなのでしょうか。

わざわざ再登場させるんだから何か意味があるといいですね。

ただの尺稼ぎとかだとちょっとカナシイ。

 

物語は少しずつ佳境に入っていっている気がします。

最後どうなるのか想像がつきませんけど、比奈子が死ぬラストとかは避けて欲しいと思っています。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ