デザイン島ぞうりを自作してみた・作り方③

自作のデザイン島ぞうり、いよいよ彫り始めていきます。

>>島ぞうりアート作り方第2弾はコチラ

あくまでも、私がやりやすい作り方です。
まずは待ち針で留めた紙の上から彫る文字、イラストの縁を彫っていきます。

島ぞうり彫り方

こんな感じで縁にザクっとさして彫っていきます。
彫り方のコツは垂直にカッターの刃を入れる事。

プロとか慣れた人ならあえて斜めに彫る手法もあるかと思いますが、初心者は垂直に彫るのが良いと思います。

漢字や、この写真の「も」のような字の場合、内側から順に彫ります。外から彫ると内側彫る前に文字が抜けて面倒です。
彫る角度が変わる時は手の角度調節するよりサンダル回した方が彫りやすいです。

こんな調子で縁を彫り終えたら待ち針を外して第一段階は終了。

続いて白い部分を削りとる作業に入ります。

私が使っている便利アイテムはコチラ。
ラジオペンチと毛抜き。

島ぞうり道具ラジオペンチ毛抜き

ラジオペンチだけでもいけないことはないですが、細かい所を彫るのに毛抜きがとても便利。

言い忘れましたが、出来ればカッターはいいものを使いましょう
私はオルファのデザインナイフを使っていますが、超おすすめです。

初めて彫った時は100均のデザインナイフ使いましたが、値段以上に差がでます。
替え刃も込でそんなに高い物でもない(25枚入りで200円以下)ので、ちょっといいものを買っておくのがいいでしょう。

縁を彫るのも白い部分を剥がすのも全然違いますよ。

字は細い線を切り取る作業になるので、まずは毛抜きから使用。

毛抜きで端っこをつまんでナイフを差し入れ、少しずつ切っていきます。

島ぞうり彫り方

あいにく私には人様と同じく腕が2本しかないため上手く写真が撮れません…。
この写真で言うとナイフの刃を上から下に動かず感じです。

最初は毛抜きでつまんで切り、途中からラジオペンチに持ち帰ると手が痛くなりにくくて良いかと思います。

二文字彫り終わってこんな感じに。

デザイン島ぞうり彫り方

よ~く見るとわかりますが、はやくも「れ」で少し失敗していますw

彫り終えたと思ってペンチで引きちぎった結果細かい部分ごといってしまいました。
こういう時にブログのタイトル思い出して心を落ち着けましょう。

今回彫る島ぞうりは、細い線が多いので縁取りさえ終えればあとはちびちび進めるだけです。
細い線は縁取り面倒ですけど仕上げは割と楽ちんです。

逆にイラストや太い文字を彫るときは縁取り楽ですけど仕上げが結構面倒なことに。

まあ一長一短ですので、彫る手間より何を彫りたいか、デザインしたいかで考えればよいのではないでしょうか。

それでは今回はここまで、おそらく次回で仕上がりをお見せできると思います。

というかここまで見て下さった方はもうきっと自分で彫れると思います。
何事も習うより慣れろってことですね!

>>デザイン島ぞうりを自作してみた・作り方④完結編

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ