デザイン島ぞうりを自作してみた・作り方②

デザイン島ぞうりの自作、作り方第2弾です。

>>島ぞうり自作、作り方第1弾はコチラ

沖縄で売られている島ぞうりアート、島ぞうりカービングとも呼ばれるデザイン島ぞうりを自分で作ってしまおう、という趣旨の記事です。

あくまで初心者でド素人の私が自分なりの彫り方、作り方を解説しているだけですので、プロの方から見たら失笑ものかもしれませんが、作ってみたいなー、と思っている方の参考になれば幸いです。

前回は彫るデザインを決めて紙に印刷しました。
今回は彫る下準備からスタートです!


まずは鼻緒を外す

島ぞうり鼻緒抜く

島ぞうりに付いている鼻緒を外します。私は一番上の部分だけを引っこ抜きますが、全部とった方がやりやすいかもしれません。

このあたりはやりやすいようにやるとよいでしょう。

抜き方ですが、力技です。

ラジオペンチなどでぐりぐり押し込んで押し出してしまいましょう。
どうしてもうまく抜けない、という方は最悪切って彫り終えてから接着剤でも良いかとは思いますが、多少でも履くこと前提なら抜いて戻す方がよいとは思います。

なんとなくのコツさえつかめればそこまで格闘しなくても押し出せる様になります。

外した状態はこんな感じ。

simazourihanaohazusiowari

私はこの状態で彫っていきます。

ここで印刷した紙の登場

ここで前回印刷した紙の出番ですが、印刷した紙は切ってから使用します。
こんな感じです。

IMG_0708

もう何足も彫っているのにデザインする際に鼻緒の位置を頭に入れていないという凡ミスをおかしたため、当初の予定より文字に角度をつけることに。

キャラクターを彫る場合に絵に被るのは仕方ないと思って気にしていませんが、文字と被るのは避けた方が無難かと思います。

そしてこの紙を待ち針で留めます。
プスプスと刺していきます。

IMG_0709

こんな感じです。色々彫り方を試した結果私はこれが一番やりやすかったです。
直接書き込む画力ある方はそれで良いでしょう。

ここまでくれば後は彫るだけ、次回はいよいよこれを彫っていこうと思います。

>>デザイン島ぞうりを自作してみた・作り方③

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ