デザイン島ぞうりを自作してみた・作り方①

沖縄でよく売っているデザイン島ぞうり

島ぞうりアートとも言うんですかね。島ぞうりカービング、とも言うそうです。

島ぞうりの表面を削り取って文字やキャラクターを彫っているものです。
数年前から国際通りのお土産屋さんでもガンガン売るようになっていますね。

もう5年ほど前になりますが、沖縄に行った際に興味があったので買って帰ろうと思っていました。

実際に実物を見るととてもかわいいし欲しくなったのですが、ワンピースのキャラクターの顔が4つほど彫ってあるものが5,000円

絶対に版権なんて取ってないだろうしいくらなんでもぼったくりだろうと思い購入を見送り。

というか

「自分で彫れるんじゃね?」

と思い、何も彫っていない島ぞうりを買って帰って自作に挑戦してみました。
作り方とかよくわかってないので、さすがに売っているもののクオリティーには遠く及びませんが、それなりなものが出来ました。

それからは、友人の誕生日や結婚式などに、気が向いたら彫ってプレゼントしていますが、今のところ評判は良いです。

2016年に入って現時点で彫る予定が無くさみしいので、ブログのプロフィール画像用に彫ってみることにしました。

素人が彫るものなので販売するレベルではありませんし、プロの方から見たら片腹痛いレベルかもしれませんが、自分で作ってプレゼントすると喜んでもらえるので、興味のある方は一度挑戦してみると良いと思います。

初心者の私のデザイン島ぞうりの作り方を説明しますので、ちょっとやってみようかな?と思っている方の参考になれば幸いです。


まずはデザインを決める

まずは何を彫るか決めないと話になりません。

私はこの作業が一番苦痛ですw

デザインのセンスがまるで無い。誕生日や結婚式ならハッピーバースデーとかハッピーウェディングとか彫っておけば良いので多少気は楽です。

ブログのプロフィール画像用なのでとりあえずブログのタイトル「それもいいじゃないかは面白い人生のスローガン」は入れるのが確定。

左足はその文字だけで行くことにしました。

問題は右足のデザイン。

renji

だいたいいつもデザイン考える時こうなっています。

頭から煙出そうになるので考えるのをやめ、好きなZAQでも彫っておくことに。
ZAQかわいいですよね。癒されます。

ざっとラフ画を描いて、そのあとイラストレーターで調整してプリンターで出力。

イラストレーターって何だよ!て人は紙に丁寧に手書きするべし。
フリーのイラストソフトでも島ぞうりに使うくらいのものなら少し使い方調べると出来ると思います。

プロは島ぞうりに直接下絵を描いて彫る人も多いようですが、これは中々難しいです。

島ぞうりの表面はボコボコしているので、まず上手く書くことが難しい。
そして綺麗に彫らないと残った下絵を消す作業があるのですがこれがまためんどくさい。

なので出来ればプリンターで紙として出力するのがオススメです。

出力したものがコチラ。

デザイン島ぞうり下書き

色がおかしいのはインク残量の問題なので気にしないでください。

プリンターねえよ!って人は手書きで用意しましょう。
もしくはパソコンの画面にセロテープで紙を固定してなぞる、とかでもなんとかなります。

とりあえず今回はここまでです。

次回は実際にこれを使って彫っていきます!

>デザイン島ぞうりを自作してみた・作り方②

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ