2016ダービー卿CT・小銭で楽しむ素人予想

小銭で楽しむ素人予想

中山マイルのハンデ戦、ダービー卿CTが4月3日開催されます。

ハンデ戦らしく難解な一戦。
ここから安田記念を目指す馬もいればここメイチで取りに来る馬、メイチとまではいかなくても賞金加算したくてしっかり目の仕上げの馬と、色んな思惑が渦巻くレースです。

中山競馬場は今週からBコースに変更
内の状態が良く、土曜日のレースも先行馬の活躍が目立ちました。

惜しい2着で話題になった藤田菜七子騎手も、8枠16番と大外枠から逃げを打っての好走。

これといった逃げ馬不在のレースですが、前有利なことはみんなわかっているので、そこまでドスローにはならないかな?
ただ流れても平均ペースだと思います。

馬場の内枠が良い状態なので、平均ペースくらいまでなら前有利と見ます。

個人的にアルマワイオリの1発に期待していたのですが、展開とコース替わりの影響をモロに受けそうなので今回は厳しいか…。


ダービー卿CT予想

サトノアラジン

中団後方から競馬するタイプの馬ですが、武器は末脚の切れ味。
ハイペースになって消耗するより上がりの早い競馬向きだと思います。

・そろそろ重賞勝って賞金を加算させたい

・ルメールがアンビシャスを蹴って乗りに来ている

ので、それなりの仕上げで挑むはず。ドスローを最後方から、とかだと届かないと思いますが、
そのあたりは名手ルメール、折り合いの事しか頭にない日本人騎手とは違うところを見せてくれると思います。

中山マイルは1戦1勝。一瞬のキレで勝負するタイプですので、直線短い中山との相性も良いかと。

ダイワリベラル

年末、年始に中山マイル(1600万下、オープン)で連勝。なんでこんな人気無いのだろうか。
ちなみにこの馬、中山の1600~2200で今まで10戦走って【4.2.3.1】と抜群の安定感。ちなみに1は4着。

前で競馬するタイプなので展開も向きそう。
ちょっとハンデ見込まれたかな、という点と鞍上がやや不安。

キャンベルジュニア

前走準オープンとはいえ圧巻の走り。
最内枠+先行策でBコース替わりの恩恵をもろに受けそう

54キロも魅力。

エキストラエンド

とにかくマイルでの安定感抜群
ベストは京都マイルかな、とは思いますが、中山マイルの京成杯AHで2着もあり。

上手く内に入れればゴール前ひょこっと顔を出す可能性十分。

ダッシングブレイズ

上がり33秒台でマイル戦3連勝。切れ味勝負なら負けない1頭。

1番人気に推された前走東京新聞杯でせまい所につっこんで落馬。
馬自身もちょっと外傷を負ったそうなのでその影響と、折り合いに専念して後方から行き過ぎる印象が強い戸崎騎手がちょっと不安。

馬は繊細な生き物なので精神的な影響がなければいいですね。

フラアンジェリコ

面白いのはこの馬。この馬これまで11着になったことが3回あり、その次のレース全てで馬券圏内に。
前走10着の次のレースで勝ったこともある生粋のムラ馬。

昨年の京成杯AHで13番人気で勝ちましたが、その時の前走は2000mの七夕賞で11着。

そして今回、前走2000mの中山金杯で11着…。

ちょっとデキが今一つ、という情報もありますので、馬体重は注目したいところ。

 

インパルスヒーロー

昨年の3着馬。なぜか3月4月だけよく走る。
昨年のこのレースは展開向いたこともあり、再現は難しいか?

アルマワイオリ

せめて平均ペースで流れれば出番あるかも、とは思いますが、コース替わりで前有利なのがつらい。
穴をあけるなら中山マイルだと思います。

ロゴタイプ

このレースはトップハンデ馬がこの10年で1勝、連対もその一度だけと厳しい傾向。
展開、中山巧者、実力は十分と買い材料も十分あるので、オッズ下がるようなら面白いかも。

 

◎からの馬連、もしくは1頭軸の3連複の予定ですが、フラアンジェリコがぶくぶく太っていたら他の3頭から選びなおすかも。

小銭で勝負する人間からすると楽しみなレースですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ