僕のヤバイ妻第6話感想 | 視聴率は7.3%

ドラマ感想

僕のヤバイ妻第六話が放送されました。
感想とかネタバレ書いていますのであしからず。

どんどん話が展開していってついていくのが大変です。

視聴率は7.3%でした。

 

僕のヤバイ妻第5話感想

 

 

 

ーーーーーーーーーー

第5話で真理亜(木村佳乃)に離婚届突きつけて動揺している所にスタンガン食らわして2億円をゲットすることに成功した幸平(伊藤英明)。

北里杏南(相武紗季)と海外に逃げようとするも新たな火種が。

年の差夫婦のお隣さんの旦那、鯨井和樹(高橋一生)が2億円争奪戦に参戦。
先週の予告で北里が鯨井によりそっているのは、二人が出来ていたのでは無く鯨井に睡眠薬盛られて意識失っているシーンでした。

鯨井と北里が二人でいるところを見せ付けられ鯨井の思惑通りとりみだす幸平。

幸平のちょっと間の抜けたお馬鹿っぷりが伊藤さんのハマリ役な気がしていきました。

とはいえとっさに写真撮る判断はナイス!

北里は睡眠薬盛られて携帯奪われて勝手にメールされて幸平に誤解されているのに、お詫びですと鯨井が用意した大盛りチャーハン普通に食べるのには笑いました。

 

北里と真理亜と幸平の過去が明かされますが、ちょっと無理がありましたかね。

真理亜が北里を紹介したのにも何か狙いがありそうな…。
真理亜が北里を幸平に紹介していたのですが、不倫するところまで計算済みたったかもしれません。

 

真理亜が意外にあっさり離婚に同意して拍子抜けする幸平。

でも離婚成立するまで海外とか行ったら傷害で訴えるぞと。
策略が見え隠れしてますね。


鯨井夫婦が本領発揮開始

鯨井一樹は実は便利屋で昼間は現場仕事、鯨井有希(キムラ緑子)とはお金で雇われているレンタル夫だったことが判明。

鯨井一樹役の高橋一生さんですが、真顔の時と作り笑いの時の落差がありすぎて怖い。
というかこの夫婦二人とも演技美味上手すぎて気味が悪い。

※褒めてます

 

2億円手に入れてホテル暮らしの幸平。

お金手に入れて北里と逃げるつもりが、北里と鯨井と出来ていると思い込んで一人寂しくバッティングセンターで時間潰してます。
幸平のちょっと情けない性格の描写が上手。

 

警察が真理亜の狂言誘拐に気付き、マークされることに。
それにより2億円が明るみに出て奪い合うのにはリスクが高いお金になりました。

横路(宮迫博之)はまるまる奪うのは諦めて、真実をつかんでゆすってやろうとか考えていそう。

 

真理亜に共犯者がいるんじゃないか、と感づいた横路とともに色々と調べる幸平。
真理亜の高校時代の家庭教師、小暮(佐々木蔵ノ介)と真理亜が不倫していたんじゃね?との結論に。

その小暮が昔やっていたワインバーがNovember31。

ちょいちょい出てきたN31はこれの事だと感づく二人。
なんだかミスリードな気もしなくはないですけど。

わざわざN31とか書くってことは何か気づかせたい目的があるかのも…。

 

幸平に小暮の存在を知られたと知った真理亜は、北里に一緒に幸平を毒殺しようと提案。
北里に生命保険やら店の権利書やらチラつかせて手を組むことになるのですが、北里は幸平に全てを話して真理亜を裏切ることに。

真理亜もまず間違いなく北里を利用する気じゃないかと。

ていうか北里も鯨井と組む気な可能性もありますし、もう誰と誰が組むのか、誰が黒幕なのかわかりませんw

幸平の考えている事は上手くいかないんだろうな、ってことだけはわかります。

 

真理亜を裏切り、仕返し出来ると思いウッキウキの北里ですが、ラストで鯨井有希にバールみたいなもので殴られるはめに。

ーーーーーーーーーーー

 

 

来週はちょっと真理亜がピンチになりそうな気配ですが、きっと何か考えているに違いない。
存在チラつかせるだけチラつかせておいて中々登場しない小暮が出てきてからが本番でしょうか。

シリアスなのに気軽に見れる良いドラマだと思うので、もう少し視聴率上がっても良いのになーと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ