朝青龍対ボブサップ決定!曙戦以来の衝撃映像は見られるのか!多分見られない!

いやービックリするニュースが飛び込んできました。

年末に

朝青龍VSボブサップ

が決定!

まあ総合格闘技やK1ルールじゃあないんですけど。

 

ちなみにこの記事のトップ画像は

「曙 カエル」

で検索したら出てきました。

スポンサーリンク

朝青龍を押し出したら1,000万円

AbemaTVで行われる勝ったら1,000万円シリーズの第2弾。

第1弾の「亀田興毅に勝ったら1,000万円」は総視聴者数1,420万人を記録、サイトが重くなって中々繋がらない事態にもなってました。

第2弾の今回は元横綱朝青龍のドルゴルスレン・ダグワドルジ氏を土俵から押し出したら1,000万円もらえます。

 

一般からの公募から5人、VIPチャレンジャー3人が挑戦することになっているのですが、そのVIPチャレンジャーの1人目としてボブサップが発表されました。

 

ちなみに、ルールは単純な相撲ルールではなく特別ルール。

「張り手なし」「立会時の変化なし」「かち上げなし」となっているので、まずはがっちり組みあう必要があります。

 

曙との面白マッチがあって相撲界との因縁のあるボブサップ。

いやー話題性考えると最高のマッチメイクですね。

 

まあ正直朝青龍が普通に脇を差して勝つんじゃないかと思っていますが果たして。

どれだけしょうもない決着になってもマッチメイクは話題になったら勝ちですからね。

翌日には亀田大毅に勝ったらお年玉1000万円も

大晦日は朝青龍に勝ったら1,000万円。

翌日の元旦には亀田シリーズ第2弾「亀田大毅に勝ったらお年玉1000万円」が放送されます。

こちらは第1弾の「亀田興毅に勝ったら1000万円」と同じく、亀田大毅をKOしたら1,000万円。

第1弾の時にはヘッドギアやブローブの大きさが亀田有利になっていたことも話題になりましたが、今回はちゃんと平等なルールでやるんでしょうか。

まあバラエティなんでガチにこだわる必要はないと思いますけど。

 

挑戦者は最大4人で3分3R。

興毅さんも言ってましたが、引退した人間に12Rはかなりキツイ模様。

普通の人間ならシャドーボクシングを3分間真剣にするだけで相当しんどいですからね。

 

前回のホストの人みたいな面白枠に期待。

AbemaTVは今年も大赤字

2016年4月からスタートしたAbemaTV。

2016年は200億円くらい赤字になり、2017年も190億円くらい赤字が出たそうです。

藤田社長は今は市場を開拓している段階なので投資を続ける、と仰っています。

 

個人的に黒字化は結構厳しいんじゃないだろうか、と思っていますけど。

これでいつか黒字になったら藤田社長の見る目が本当に凄いって事に。

まとめ

年末はガキの使いを見るか格闘技を見るかの2択だったんですが、ここにきて第3の選択肢が出てきました。

PCでAbemaみながらテレビでザッピング、てことになると思いますけど。

 

今年は「亀田興毅に勝ったら1000万円」と元スマップの3人の72時間テレビでかなり大きな話題になったAbemaTV。

年末年始に特番ぶつけてきますし、来年はどんな仕掛けをしてくるのか楽しみです。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ