Amazonアマゾンプライムビデオ「戦闘車」配信スタート!初回内容ネタバレ感想

戦闘車初回

10月6日より、アマゾンプライムビデオ戦闘車の配信がスタートしました。

テレビでもガンガンCMやってますし、Amazonとしてもかなり力が入っている模様。

早速見てみましたので、感想を書いていきます。

内容・ネタバレには一切配慮していませんので、これから見る予定、という方はご注意をば!

 

スポンサーリンク

「戦闘車」登場人物・初回内容

千原ジュニア軍の城に、浜田雅功軍が攻めていく、という設定。

千原ジュニア軍が外車で、浜田軍が国産車。

 

初回はお互いの陣営の人間や、乗る車の紹介だけで終わりました。

CMでガンガン流れている車同士のぶつかり合いや爆発みたいなのは次回以降からみたいです。

 

登場人物は

浜田軍

  • 佐田正樹・日産ローレル2000SGX:新車時価格103万円・自前
  • 勝俣州和・日産フェアレディZ :新車時価格680万円
  • 千原せいじ・トヨタセルシオ:新車時価格800万円
  • 脇坂寿一・日産スカイライン:新車時価格310万円
  • 小沢仁志・トヨタセンチュリー:新車時価格1200万円
  • 山本圭壱・トヨタカローラバン:新車時価格150万円
  • プラスマイナス岩橋・ホンダクロスロード:新車時価格290万円・自前
  • 尼神インター渚・日産フーガ:新車時価格570万円・自前

プラスマイナス岩橋さんと尼神インター渚さんは嘘の番組の収録のつもりで現場に車で来たらこの番組、というドッキリにかけられて強制参戦

渚さんはニセ番組の為に自前で車買ったのでかなり可哀想な感じに。

色々値引きしてもらって中古を50万円くらいで買ったみたいなので、最近の売れ方からするとなんてことないのかもしれません。

佐田さんは特にドッキリなどもなく、上の命令で自前の車で参戦したみたいなのである意味一番かわいそう

 

極楽とんぼの山本さんやプラスマイナス岩橋さんはドキュメンタルに続いての参戦。

アマゾンの人に気に入られているんでしょうか。

山本さんは今回もまわりに馴染めず変な空気になってしまいそうな予感。

 

千原ジュニア軍

  • 藤本敏史・ボルボV70:新車時価格740万円
  • 庄司智春・アルファロメオアルファGT:新車時価格540万円
  • 板倉俊之・ベンツS320:新車時価格1000万円
  • 南明奈・ベンツSLK230コンプレッサー:新車時価格480万円
  • 脇坂薫一・BMW330i:新車時価格570万円
  • 松岡充・ジャガーXJエグゼクティブ:新車時価格810万円
  • 原田龍二・アウディオールロードクワトロ2.7t:新車時価格860万円
  • 武藤敬司・リンカーンナビゲーター新車時価格1000万円

こっちは召集に関しては特に何もなし。

誰も自前の車の人いないし当然ですけど。

 

次回から車を使った激しいバトルが始まるみたいです。

予告映像だと車同士がぶつかってたり、横転したり。

途中小沢さんが車内で手榴弾を手にするところあったんですけど果たしてどう使うのか。

投げると地面の中に仕込まれている火薬がドーン!みたいな感じでしょうか。

「戦闘車」初回感想

正直なところ、特に面白い点はありませんでした。

来週以降本格的なバトルが始まるので、面白いかどうかはそれからですかね。

見るまではタレントさんもそこそこ出てるし、外車使って派手なことするしお金かかってそうだな、と思ってましたけど、何となく中古でそこそこの値段で車揃えていそうな気がしました。

 

しかしこの番組、どういう層をターゲットにしたんでしょうね?

車大好きな人からしたら車を雑に扱っている番組なんて嫌でしょうし、興味ない人からしたらあんまり価値わかんないし何だかもったいないなぁ、くらいの感想になるんじゃないかと。

 

ドキュメンタルは当たり外れ大きいですけど、面白い回はありました。

戦闘車はちょっと微妙かな…というのが初回を見た感想です。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ