Amazonアマゾンプライム会員の特典、出来る事 ビデオ見放題・音楽聴き放題・本まで読み放題に

最近サービスの充実ぶりが恐ろしいアマゾンプライム会員

元々Amazonで良く買い物をするので、お急ぎ便目当てに会員になったのですが、気が付けばお急ぎ便がおまけみたいになってました。

アマゾンプライムの料金は年間3,900円。

2017年から月額制も導入され、その場合は400円。どっちも税込み。

昔はお急ぎ便や送料無料の為に3900円かぁ、って悩んでたんですけどね。

 

スポンサーリンク

お急ぎ便・日時指定・2000円以下でも送料無料

まずプライム会員の基本的かつ最大の特典がこれですよね。

  • お急ぎ便:360円
  • 当日お急ぎ便:514円
  • お届け日時指定便:360円

これが全部無料で使い放題

0時過ぎて注文した物が次の日のお昼に届いたりします。

 

そして2000円以下の注文でも送料が無料に。

個人的にこれが嬉しい。

勿論お急ぎ便も使用可能。

 

さらに住んでいる地域によってはPrime Now(プライム ナウ)という、買ってから1時間以内に届くサービスも使えます。

あいにく私の住んでいる所はギリギリ対象地域外なので使ったことはありません。

ありがたいですけど配送屋さんが死にそうではある。

 

何年か前までは2000円以下送料無料や、お急ぎ便をよく使うならプライムに入った方がお得、って感じだったんですけどね。

ここ何年かでそれがおまけになるレベルにプライム会員の特典が充実しています。

アマゾンプライムビデオ

もうすっかり浸透した感のある動画配信サービス。

プライム対象作品は追加料金なしで見放題

始まった当初は、プライム会員のおまけみたいな感じだろうと思っていたのですがとんでもなかったです。

結構な種類の映画、ドラマ、アニメなどが見放題の対象作品になっています。

 

この記事を書いている時点でトップページに来ているのは

  • ドクターX1~4期
  • エウレカセブン
  • 怪盗グルーの月泥棒
  • ドラえもん STAND BY ME
  • ウォーキング・デッド7
  • M-1グランプリ
  • プリズンブレイク
  • ジャック・リーチャー

等々バラエティにとんだラインナップ。

ここに書ききれないくらいの作品が見放題。

 

「シン・ゴジラ」や「君の名は」などの最新作は別途料金を支払えば視聴可能。

レンタル500円、購入2500円。

 

そして最近、プライムビデオオリジナルの制作に力を入れている模様。

  • 松本人志のドキュメンタル
  • バチェラー
  • カリギュラ
  • 戦闘車
  • 有田と週刊プロレスと

など、続々とオリジナル番組が配信されています。

全部見ていますが、バチェラー大好きでした。

早くシーズン2やって欲しいです。

 

普通に動画サービスとして年間3900円で元取れるレベルになっている気がします。

HuluやU-NEXTが月に1000円、2000円かかることを考えると格安。

アマゾンプライムミュージック

プライム会員は音楽も聞き放題。

曲数は100万曲以上。

 

ただ、特に邦楽は充実しているとは言い難いです。

最新曲はあまりない感じで、1曲も入ってないアーティストも多いです。

プレイリストがたくさん用意されているので、BGMに丁度良い感じ。

 

嬉しいのはダウンロード可能なところ。

Wi-fiあるところで落としておけば、電波の無いところでも聞けるのはいいですね。

速度制限かかっても音楽は聴ける!

 

プライムミュージックは今の所、これ目当てで登録するほどのものじゃないですね。

ただ、プライム動画も最初はなんとも言えない感じだったので、そのうち充実させてくるんじゃないかと思っています。

料金考えると十分すぎるおまけ、といった感じかと思います。

プライムリーディングがスタート

10月5日から新たなサービス、プライムリーディングがスタートしました。

動画、音楽と来て次は書籍の読み放題です。

プライム会員なら別途料金なし。

 

現在、対象作品が900作品ほど。

対象作品は随時入れ替わっていくみたいです。

マンガ、雑誌、ビジネス誌、小説と各ジャンルに読み放題作品が用意されています。

 

マンガなどは最初の3巻くらいまでが無料、みたいなのが多いですね。

カイジは3巻まで無料。

 

アマゾンの読み放題サービスは、月額980円の「Kindle Unlimited」があるので、このプライムリーディングが今後どこまで対象作品増えるかは微妙なところです。

「Kindle Unlimited」のお試し版みたいな位置づけでしょうか。

 

ダウンロードしておけるので、その点は通信制限が気になる人にはありがたいシステムかと。

雑誌に関しては2017年の10月号や11月号が配信されているものもあります。

 

プライムリーディングも現状は十分すぎるおまけ、といった感じですね。

アマゾンプライムデー

年に1回開催されるプライム会員専用の割引デー。

毎年時期になるとテレビでCMしまくるので耳にした人もおおいはず。

 

かなり安くなる商品や、今年で言えば超品薄で転売価格の跳ね上がっていたニンテンドースイッチといった目玉商品もありました。

5分おきに新たに出てくるセール商品もあり、サイトから目が離せない状態になっていた人も多いはず。

日用品からモニター、ゲームまで、本当にありとあらゆる商品が安くなるので参加しないと損した気分になります。

 

ちなみに2017年に日本のプライムデーで一番売れた商品はザバスのプロテインだとか。

松本人志さんもムキムキになったしライザップのCM効果もあってみんなジム通い出したんだろうか。

 

ちなみに今年のプライムデーは「Amazon Dash Button」通常500円が100円で買えました。

ボタン一つで洗剤や水など消耗品が買える便利なシステム。

ダッシュボタンは初回注文時に500円引きになります。

100円で買って500円引きという、ちょっとした裏ワザみたいな事も出来ました。

ダッシュボタンはプライム会員じゃないと使えません。

Amazonプライム会員まとめ

他にも言い出したらきりがないくらい特典が豊富なアマゾンプライム会員。

  • Kindle端末4000円引き
  • Fireタブレットも4000円引き
  • 日用品が安くなるAmazonパントリー
  • kindleオーナーライブラリーで月に1冊無料

などなど、年額3900円でいくら分のサービス受けられるんだってくらい充実しています。

 

書籍読み放題や音楽聴き放題は、正直おまけレベルですが、プライムビデオは年額で税込み3900円が安いと感じるレベルに充実しています。

月額で計算すると325円(月額会員だと400円)。

 

アマゾンでそこまで買い物しない人でも、十分元が取れるサービス内容。

まだ登録したことない人は、30日間無料でプライム会員を体験できます。

動画サイト入りたいけど何にしょうかな、て思ってる人はまずアマゾン試してみるのもいいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ