中山金杯 2018レース後コメント | セダブリランテスが重賞2勝目

重賞・レース後コメント

中山金杯2018が開催されました。

騎手や調教師のレース後コメントを掲載しています。

 

勝ったのは1番人気セダブリランテス。

2着に2番人気ウインブライト、3着に10番人気ストレンジクォーク。

4着に4番人気ブラックバゴ、5着に3番人気ダイワキャグニー。

 

セダブリランテスが人気に応えて重賞2勝目。

通算成績を5戦4勝に。

ディープブリランテ×ブライアンズタイムなので中山は凄く得意そう。

逆に京都とか行くと切れ負けしそうな気も。

 

ウインブライトは割と完璧な乗り方だったように見えましたが惜しくも2着。

小回りコースなら安定して走りそう。

 

3着に人気薄のストレンジクォーク。

ーーーここから個人的な話ーーー

ストレンジクォーク、ブラックバゴ、ケントオーの3頭は個人的に超応援してる馬。

年明けから応援してる馬が勢ぞろいしたのでワクワクしました。

勝てませんでしたが、デビューから応援している馬が重賞で3着4着してくれたのはちょっと感慨深い。

何故応援しているかというと私はダンスインザダークが大好きです。

ケントオーはダンス産駒なので無条件で応援。

ダンス産駒でダイワダーウィンという馬がいました。

デビュー戦を快勝し、必ず重賞でいい勝負する馬だと思ってました。

足元が弱くて出世することなく引退してしまったのですが、デビュー戦の2着馬がブラックバゴ。

3着のポトマックリバーも1000万、1600万を連勝してオープンに上がった後故障で引退。

そして6着がストレンジクォーク。

ダイワダーウィンが引退してしまったのでデビュー戦で戦った馬に夢を見ている次第であります。

ーーーここまで個人的な話ーーー

 

道中最後方を進んだブラックバゴが4着。

最後物凄い脚で伸びてきましたが届かず。

上がり3ハロン33.8はメンバー中最速。

上がり2位が34.5なので1頭だけ飛びぬけてました。

スタート悪いのでどうしても後ろからになっちゃいますが、展開次第で重賞勝つ可能性もありそうです。

バゴ×ステイゴールドなのでおそらく中山は鬼。

AJCCとか日経賞とか出てきたら勝負!

スポンサーリンク

2018中山金杯レース後コメント

1着 セダブリランテス(戸崎圭太騎手)
「(金杯初勝利は)嬉しいですし、気持ちいいですね。状態もすごく良く感じましたし、自信を持って乗りました。3~4コーナーで少しふらつく所はありましたが、直線はよく伸びてくれました。(今日これで3勝目)幸先良いスタートを切れましたし、リーディングに向けて頑張っていきたいです」

(手塚貴久調教師)
「3コーナーでエンジンがかかるのが遅いので、どうしても押して押しての手応えになるのですが、ラジオNIKKEI賞を勝った時も同じような感じでしたからね。展開的にも、途中からマイネルミラノが行ってくれて向いたと思います。本当は広いコースでのびのび走らせてあげるのが良いのでしょうけれど、今日もいい内容のレースをしてくれました。今後に関しては一息入れて考えようと思います」

2着 ウインブライト(松岡正海騎手)
「正攻法で長く脚を使わせる競馬ができ、収穫がありました。最後は勝ち馬よりも1キロ重い分でしょうか。次また頑張りたいです」

3着 ストレンジクォーク(柴山雄一騎手)
「このメンバーでこれだけ走れたのですからね。力があります。理想としてはもう少し早めに広いところに出して踏んでいきたかったのですが、それでも最後はよく伸びています」

4着 ブラックバゴ(岩田康誠騎手)
「直線はいい脚を使ってくれたのですが、外を回った分の差が出たように思います」

5着 ダイワキャグニー(菊沢隆徳調教師)
「今日はテンションも高かったし、位置取りも厳しかったけど、最後は脚を使ってくれた」

6着 トーセンマタコイヤ(内田博幸騎手)
「ハンデも軽いですし、あれしかないと思って行きました。マクって来られながらも、よく粘っています」

7着 デニムアンドルビー(川田将雅騎手)
「あれだけ流れが遅かったですからね。頑張ってはいるんですけど…」

8着 ケントオー(勝浦正樹騎手)
「最後は窮屈になってしまって、もったいなかった」

9着 ショウナンマルシェ(三浦皇成騎手)
「それなりのポジションを取れて進んだが、途中で流れが速くなった時に、反応できなかった。このメンバーでよく頑張ってます」

10着 カデナ(福永祐一騎手)
「コンディションはよかったし、ひと脚は使えたんだけどね。坂で止まったのは、ペースも向かなかったし、(古馬になって)成長したぶん、距離の壁が出てきたのかもしれない」

11着 マイネルミラノ(柴田大知騎手)
「行き脚がつかず、ペースが遅かったので途中から動いて行った。もう少し粘れるかと思ったんですけど」

12着 アウトライアーズ(蛯名正義騎手)
「ペースが遅かったね。キャリアが浅いし、こういうレースに慣れてくれれば。馬はいい馬ですよ」

13着 タイセイサミット(北村宏司騎手)
「いい感じで運べたが、最後は止まってしまった。まだよくなる余地がある」

14着 レアリスタ(石橋脩騎手)
「見た感じより落ち着いていて、雰囲気は悪くなかった。直線は、もう一つギアが上がらなかった。坂も影響しているのかも」

15着 フェルメッツァ(田辺裕信騎手)
「理想的な形では行けたんだけど、踏ん張れなかった」

16着 パリカラノテガミ(田中勝春騎手)
「感じはよかったが、伸びきれなかった」

17着 ジョルジュサンク(吉田隼人騎手)
「前走くらいからゲートでうるさいみたいで、いいスタートを切れなかった。3コーナーでは手応えがあったけど、4コーナーでは脚が上がった」

http://keiba.radionikkei.jp

http://www.hochi.co.jp

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ