京成杯オータムハンデ 2018 レース後コメント

重賞・レース後コメント

京成杯AH(オータムハンデ)2018が開催されました。

騎手や調教師のレース後コメントを掲載しています。

 

勝ったのは1番人気ミッキーグローリー。

2着に3番人気ワントゥワン、3着に2番人気ロジクライ。

 

ミッキーグローリーは5歳ですが、休養していた時期もあるので今回がキャリア11戦目。

そしてルメール騎手は2日連続の重賞制覇。

来週はローズステークスでカンタービレ、セントライト記念でレイエンダかな?

 

ワントゥワンは直線勝負で2着。

中山向いてないかと思ってたけど飛んできました。

 

ロジクライはちょっと窮屈になっちゃいましたかね。

 

人気馬が上位に来て穴党にはつらいレースになりました。

ヤングマンパワーは直線向いた時は突き抜けそうな手応えでしたね。

もう1回くらい重賞で馬券に絡みそうな気がするので追っかけていきたいです。

スポンサーリンク

京成杯AH2018レース後コメント

1着 ミッキーグローリー(ルメール騎手)
「この馬に乗るのは2回目ですが、以前に乗った時(むらさき賞3着)は距離が長かったようです。今回は1600mでこの馬にピッタリの距離でした。馬はすぐにリラックスして、3~4コーナーからは長く脚を使って伸びてくれました。(自身、2日連続の重賞勝ちに)すごく嬉しいです。どちらもいい馬なので、秋が楽しみです」

(国枝栄調教師)
「秋に向けていいスタートが切れました。1年半ほど休んでいた馬ですが、待った甲斐がありました。秋の目標はマイルCSということになりますが、間に一戦挟むかどうかは未定です」

2着 ワントゥワン(戸崎騎手)
「中団の位置を取りに行ったのですが、行き脚がつかず後方の位置になりました。道中はドンと構えて脚をためて、直線はよく伸びたのですが、勝負どころで少しモタついたのが痛かったです」

3着 ロジクライ(浜中騎手)
「最初のコーナーで外から他馬に来られた時に少しハミを噛むところがありました。元々外から自分で動いて行くタイプの馬ですが、内枠だったせいで内に押し込まれる形になりました。直線はジリジリと伸びたのですが…」

4着 ロードクエスト(三浦騎手)
「枠順が出た段階で今回の形のレースを考えていました。いい位置を取れたのですが、外から他馬が来た時に隊列の後ろに下がる形になりました。それでも最近では一番いい伸び脚で差のないレースをしてくれました」

5着 ゴールドサーベラス(柴山騎手)
「開幕週の馬場なので位置を取りに行きました。最後は甘くなりましたが、馬は力をつけています」

6着 トウショウドラフタ(北村宏騎手)
「スタートをうまく出て、少し力んだところはありましたが、何とか我慢してくれました。道中、下がってきた馬がいて少し動くのを待ちましたが、そこからうまく盛り返しました。色々噛み合えば重賞でも通用する馬です」

7着 ストーミーシー(大野騎手)
「休み明けでも仕上がりは悪くなかった。しまいは脚を使ってくれていた」

8着 ヤングマンパワー(石橋脩騎手)
「久々にこの馬に乗りましたが、変わらず競馬の上手な馬です。自分から動いて行って、そんなに負けていません。よく頑張っていると思います」

9着 ヒーズインラブ(藤岡康騎手)
「直線に向くまではいい形でした。ただ、直線で前にスッと入れないうちにスペースがなくなりました。今日は久々のレースでしたし、次は変わってくると思います」

10着 ウインガニオン(津村騎手)
「ここ2戦より雰囲気はよかった」

11着 トーセンデューク(勝浦騎手)
「前半もラストも速くて、展開が厳しかった」

12着 ダイワリベラル(菊沢騎手)
「最後まで集中して前向きに走っていた。いいきっかけになれば」

13着 ミュゼエイリアン(黒岩調教師)
「早めにまくってこられて苦しくなった。展開が厳しかった」

14着 ベステンダンク(鮫島駿騎手)
「大外枠でハナにいけなかった。向かい風も強く、早めにまくられて厳しい流れになった」

15着 ショウナンアンセム(池添騎手)
「これから重賞で戦っていくにはクラス慣れが必要」

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ