AJCC アメリカジョッキークラブカップ2018レース後コメント | ミルコロガシ発動か!?

重賞・レース後コメント

AJCC(アメリカジョッキークラブカップ)2018が開催されました。

騎手や調教師のレース後コメントを掲載しています。

 

勝ったのは2番人気ダンビュライト。

2着に1番人気ミッキースワロー、3着に8番人気マイネルミラノ。

4着に9番人気ディサイファ、5着に6番人気トーセンビクトリー。

 

3番人気ゴールドアクターは11着。

 

ダンビュライトが重賞初制覇。

デムーロ流石といった内容。

離して逃げたマイネルミラノに付いて行く判断が素晴らしかったかと思います。

ミッキースワローが瞬発力勝負出来ない展開に持ち込んでましたね。

 

ミッキースワローは2着。

ロングスパートせざるを得ない展開になってしまいました。

今後は春天いくんでしょうか。

 

ゴールドアクターはまさかのしんがり負け。

返し馬からバランス悪かった、とのコメント。

まだ調子戻っていなかったという事なんでしょうか。

このまま引退もあるんじゃないかってくらい内容悪かったです。

 

マイネルミラノはやっぱり無理してでもハナ切らないとダメみたいですね。

スタートしてからかなり手動いてましたけど最後まで頑張ってました。

 

先週の日経新春杯に続いてデムーロ騎手が重賞制覇。

これはまたミルコロガシがスタートしたのかもしれませんな…。

乗ってる時のデムーロは手が付けられないので来週も注目です。

スポンサーリンク

AJCC2018レース後コメント

1着 ダンビュライト(M.デムーロ騎手)
「いい状態でした。マイネルミラノは前に行く馬ですが、この馬もVTRを見ると前にいけることはわかっていましたが、フワッとする面があるという印象を持っていました。今日はスタートが良くてちゃんと2番手で我慢できました。道中は良かったです。最後はいい脚を使ってくれました。いい勝ち方で能力が高いです。期待しています。」

(音無秀孝調教師)
「嬉しいです。レースの前には『好きなように乗ってほしい』と騎手に声をかけました。緩いペースで行ってくれて外から来られても速くなりませんでした。いい感じでいけました。3コーナーを過ぎてから単走になっても息が入っていて最後に脚を残していました。休み明けの前走を勝って力をつけているのかなと思いましたが、さらに強くなっていました。来週にも放牧へ出します。出られるようなら大阪杯が合うかなと思いますが、オーナーと相談します」

3着 マイネルミラノ(柴田大知騎手)
「よく頑張っています。偉いです。今後もこういうレースができればチャンスがありそうです。まだ力は衰えていないですね。距離は長いほうが良いでしょう」

4着 ディサイファ(蛯名正義騎手)
「外に押し込まれてしまい切り替えた分、遅れてしまいました。スムーズならもっと上位にいけたと思います」

5着 トーセンビクトリー(田辺裕信騎手)
「先行することも考えていましたが、馬の気持ちを優先して走らせました。折り合いがついて最後も後ろからの馬には交わされていないので、よく頑張っています」

6着 ショウナンバッハ(戸崎圭太騎手)
「スタートして今日は行きっぷりがよくグングンといってしまいました。今日の感じだと距離は詰めたほうが良いかもしれません」

7着 レジェンドセラー(ルメール騎手)
「重賞でこの距離だと厳しかった。もう少し距離が長い方がいい」

8着 トミケンスラーヴァ(江田照騎手)
「力をつけている。ハンデ戦なら、上位を狙えると思う」

9着 シホウ(吉田隼騎手)
「ちょっと忙しかった。前走で(コースを)2回りする競馬をしているので、ペース勘が戻ってくれれば」

11着 ゴールドアクター(武豊騎手)
「初めて乗りましたが、返し馬の時から良い走りではありませんでした。レースもこの馬らしくない内容で前脚と後脚のバランスが良くなかったです」

http://keiba.radionikkei.jp/

http://www.hochi.co.jp

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ