中日新聞杯 2017レース後コメント | ショウナンバッハの復調気配が気になる

レース後コメントスローガン中日新聞杯2017が開催されました。

騎手や調教師のレース後コメントを掲載しています。

 

勝ったのは2番人気メートルダール。

2着に1番人気ミッキーロケット、3着に5番人気ロードヴァンドール。

4着に9番人気ショウナンバッハ、5着に4番人気マキシマムドパリ。

 

3番人気マウントロブソンは6着。

 

2-1-5番人気とローカルのハンデ重賞にしては固めの決着に。

 

メートルダールは3歳時から勝てそうで勝てないレースが多かったですが、これで重賞初制覇。

このくらいのレースなら後いくつか勝てそうな感じがします。

最大目標が金鯱賞あたりになりそうな予感。

 

ミッキーロケットはハンデが堪えたのか2着まで。

ジリジリ伸びてはいるんですけどね。

 

ロードヴァンドールはマイペースで行けば毎回このくらいは走りそう。

 

ショウナンバッハは弟の引退前に復調気配。

ここ最近ずっと最後は良く伸びてきていますね。

来年のAJCCで人気無かったら面白いんじゃないでしょうか。

買っていたので最後熱かったんですけど、ミッキーロケット勝ってなかったんで無駄な盛り上がりでした。

 

愛するダンスインザダーク産駒のケントオーは8着。

直線向いた時に最後方にいて上がり最速でコンマ5秒差。

今後も人気になることはないでしょうし、割と真剣どこかで大きな穴開けてくれると信じて追い続けます。

スポンサーリンク

中日新聞杯2017レース後コメント

1着 メートルダール(C.デムーロ騎手)
「道中は中団につけて脚を溜めました。折り合いがついて外々を回りましたが、凄い瞬発力で抜け出しました。何も言うことのない強い競馬だったと思います」

2着 ミッキーロケット(和田竜二騎手)
「道中はいいポジションを取ることが出来ました。最後は一瞬の切れで負けました。出来れば外に壁を作ってレースをしたかったです」

3着 ロードヴァンドール(横山典弘騎手)

「頑張りましたね。まだ若い馬だから、これからでしょう」

4着 ショウナンバッハ(木幡初也騎手)
「この馬の競馬はできていますが、外枠がつらかった。真ん中や前に行った馬が上位にくる競馬でしたからね。ただ、安定して走れるようになっています」

5着 マキシマムドパリ(藤岡佑介騎手)
「道中はいい感じのペースで流れましたが、その中である程度出して行って早めに動きました。もう少しじっくり乗っていったほうが良かったかもしれません」

6着 マウントロブソン(石橋脩騎手)
「メートルダールの後ろのいい位置で運べたが、外へ振られてしまって、力んでしまった」

7着 バンドワゴン(浜中俊騎手)
「スタートでダッシュがつきませんでした。そのため位置取りが悪くなってしまいました」

http://keiba.radionikkei.jp

http://www.hochi.co.jp

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ