ターコイズステークス 2017レース後コメント | ミスパンテール重賞初制覇

レース後コメントスローガンターコイズステークス2017が開催されました。

騎手や調教師のレース後コメントを掲載しています。

 

勝ったのは5番人気ミスパンテール。

2着に3番人気フロンテアクイーン、3着に7番人気デンコウアンジュ。

4着に1番人気ラビットラン、5着に4番人気エテルナミノル。

 

狭いところを割って一瞬の脚で抜け出したミスパンテールが重賞初制覇。

前が空いてからの加速凄かったですね。

これで2連勝。

来年の目標はヴィクトリアマイルだそうですが、東京コースあんまり合う感じしない気が。

 

フロンテアクイーンはまた2着。

良い感じでレース進めれたように見えましたが、勝ち馬の切れ味に屈した格好に。

条件戦でも重賞でもとりあえず好走する馬主孝行なお馬さんです。

 

デンコウアンジュが3着。

直線では突き抜けるかと思う手応えでしたが伸びきれず。

ヴィクトリアマイル以来のマイル戦ということを考えれば美味しい人気だったような気もします。

人気落ちのマイル戦だととりあえず抑えておくのが良いかもしれません。

 

1番人気のラビットランは4着。

和田騎手でいいと思うんですけどね。

スポンサーリンク

ターコイズステークス2017レース後コメント

1着 ミスパンテール(横山典弘騎手)
「パドックからテンションが高かったのですが、返し馬では大丈夫でした。良いところにつけられて、思い通りのレースが出来ました。よく反応して狭いところに入れたし、素晴らしい切れ味を持っています。テンションは課題ですが、少しずつ大人になってくれれば良いですね」

(昆貢調教師)
「チューリップ賞の走りが本物だったということです。普段落ち着いているかが大事で、ローズSの時はイライラしていました。今日はリラックスしていたし、思い通りに来ていました。輸送は問題ではありません。まだ経験が浅くて、テンションが続けて2戦目くらいまでは我慢が利きますが、その先はまだ分かりません。まだ掴みかねているところもありますが、距離は2000mくらいまでは持つと思います。春はヴィクトリアマイルを焦点にして、どういうローテーションにするか、考えたいと思います。今日の結果からもう一つ上でもやれると感じています」

2着 フロンテアクイーン(北村宏司騎手)
「残念でした。良いポジションでレースが出来て、直線も待って待って前が開きました。あれだけ伸びているのに、勝った馬の切れ味はそれ以上でした」

3着 デンコウアンジュ(蛯名正義騎手)
「突き抜けたと思ったのですが、坂を上ってから少し鈍ってしまいました。ある程度流れてくれて、これ以上にない良いレースが出来ました。それだけに勝ちたかったです」

4着 ラビットラン(C.デムーロ騎手)
「道中は中団でリラックスしていましたが、最後は脚が無くなってしまいました。休み明けの分、全体的に気負っているところがありました」

5着 エテルナミノル(和田騎手)
「それまではおとなしかったのに、ゲートに入ってからガタガタして出遅れてしまった。前で運びたかったんだけど…」

6着 リエノテソーロ(吉田隼騎手)
「3歳牝馬で55キロでしたけど、展開もある程度向いてくれて、よく頑張ってくれました。今回の競馬がいいきっかけになってくれたら」

7着 ディープジュエリー(内田博幸騎手)
「粘っているけど厳しかったです。差は無いので、このクラスのレースも慣れていけば良いと思います」

8着 ワンブレスアウェイ(戸崎圭太騎手)
「スタートが悪い馬ではないのですが、今日はゲートの中でチャカチャカしていました。ペースがそれほど上がらなかったことも良くなかったです」

9着 ペイシャフェリス(三浦騎手)
「馬の雰囲気は良かった。(2番手の位置で)ハミをかみながら走っていた」

11着 サザナミ(Vシュミノー騎手)
「好位で折り合いはついていた。直線で前が開いたときに(馬群に)入っていくようなところが見られなかった」

http://race.netkeiba.com

http://www.hochi.co.jp

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ