チューリップ賞2017レース後コメント 全馬掲載

レース後コメントスローガン

チューリップ賞2017が開催されました。

騎手や調教師のレース後コメントを掲載しています。

 

勝ったのは1番人気ソウルスターリング。

2着に7番人気ミスパンテール、3着に2番人気リスグラシュー。

4着に3番人気ミリッサ、4着に8番人気カワキタエンカ。

 

単勝1.5倍と圧倒的な1番人気に推されたソウルスターリングが人気に応えて完勝。

阪神JFの時はリスグラシューが色々と不運あったので勝負付けは済んでいないかと思ってましたが、今回はちょっとレベルが違う感じがする内容でした。

おそらく本番でも1倍台の人気になるでしょうね。

ルメール騎手が2年連続やらかさなければ普通に勝ちそう。

 

2着のミスパンテールはデビュー2戦目。

デビュー戦が札幌の1500m戦。

牝馬にしては馬格あるし今後も楽しみな1頭。

トライアルの四位騎手は何割か増しに考えておいた方がいいですね。

 

リスグラシューは出負けもなくいい感じで回って来ましたが伸びきれず。

武騎手ちょっと結果出てないですね。

一つ叩いて本番で変わってくる可能性もありますけど、ハーツクライ産駒なんで桜花賞も適度に負けてくれてオークスでおいしいオッズになってくれるといいなと思っています。

 

馬券はカワキタエンカからいって撃沈。

本番ではおとなしくソウル軸でヒモ荒れを狙うのが賢明でしょうかね。

スポンサーリンク

チューリップ賞2017レース後コメント

1着 ソウルスターリング(C.ルメール騎手)
「いいスタートでいいポジションにつけられ、馬の後ろにつけて反応も良かったです。直線で離して完璧なレースでした。今日はトライアルで休み明けでしたから、次はもっと良くなります。チャンスがあるので、とても桜花賞が楽しみです」

2着 ミスパンテール(四位洋文騎手)
「夏以来のレースでしたが、よく伸びてくれました。よく走ってくれたと思います」

3着 リスグラシュー(武豊騎手)
「ラストはもう少し伸びるかなと思いましたが、本来の脚を使えていません。3コーナーで外から引っ掛かった馬がいたので、余計なところで脚を使わされました。次ですね」

(矢作芳人調教師)
「少なくとも2着はとらなければいけませんでした。申し訳ありません。ただ、本番は次ですから、次でしっかりと負かせられるように頑張ります」

4着 ミリッサ(福永祐一騎手)
「あまり後ろからは行きたくなくて、中団のインにつけました。3コーナーでも落ち着いて脚を溜めて、これなら弾けるだろうと思っていました。しかし、直線ではもうひと伸びできるだろうと思っていましたが、できませんでした。伸びてはいるけど、最後もうひと伸びがありませんでした」

5着 カワキタエンカ(和田騎手)
「思っていたより流れに乗れた。折り合いもついていましたが、もう少し前に壁ができる形だったらよかったですね」

6着 ダノンディーヴァ(M.デムーロ騎手)
「よく頑張っていました。今日は後ろからのレースでしたが、道中フワフワしていました。まだ若いです。これから良くなりそうです」

7着 アロンザモナ(幸騎手)
「勝ち馬をマークしての競馬。距離は問題なかったですが、きょうは伸び負けた感じでした」

8着 レッドリボン(池添謙一騎手)
「ビュッと来ていましたが、もうひと脚がなく、坂で止まってしまいました。一瞬見せ場は作りましたが……。これからだと思います」

9着 ビップキャッツアイ(藤岡康騎手)
「スタートの一歩目が出ませんでした。それでも最後はしっかり伸びてくれました」

10着 エントリーチケット(柴田大知騎手)
「道中は結構厳しく入って来られて、抑えるところはありましたが、その後はスムーズでした。あの形なら残ってもいいのですが……。仕掛けてから全然反応がありませんでした。(敗因は)分かりません」

11着 ワールドフォーラブ(松若騎手)
「直線では内にもたれていました。まだこれからの馬です」

12着 アンバーミニー(岩田康誠騎手)
「燃えてしまうような感じになり、最後はもうお釣りがありませんでした」

http://keiba.radionikkei.jp

http://www.hochi.co.jp

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ