秋華賞 2017レース後コメント・感想 | ハービンジャー産駒初のGⅠ制覇

レース後コメントスローガン秋華賞2017が開催されました。

騎手や調教師のレース後コメントを掲載しています。

 

勝ったのは3番人気ディアドラ。

2着に4番人気リスグラシュー、3着に5番人気モズカッチャン。

4着に6番人気ラビットラン、5着に8番人気カワキタエンカ。

 

1番人気アエロリットは7着。

2番人気ファンディーナは13着。

 

ディアドラが3連勝でGⅠ制覇。

ハービンジャー産駒初のGⅠ勝ちとなりました。

ルメールが思い切って最内を突き、それが功を奏して最後見事な差し切り。

普通の騎手なら京都内回りで内を突くのは躊躇しそうですけど、それを大舞台でやってのけるのがトップジョッキーの凄さでしょうか。

勝ちまくっていて多少失敗しても乗鞍に困らない状態だからこそ思い切った事が出来るんでしょうけど、そこまでの信頼を勝ち取るのが大変ですからね。

朝から降り続いた雨でレース時には重にまで馬場が悪化していましたが、ハービンジャー産駒には追い風になった模様。

 

リスグラシューはスタート悪かったのですが、よく伸びて2着。

ハーツクライ産駒初の右回りでのGⅠ勝利はお預けに。

 

モズカッチャンは序盤での落鉄の影響もあって3着。

上手く立ち回ったと思いますが、運が無かったですね。

長い事競馬見てますけど、未だに落鉄がどのくらい影響あるのかわかりません。

 

ローズステークスを凄い末脚で制したラビットランですが、本番は4着という結果に。

今回は後方待機ではなく、そこそこの位置からの競馬。

直線伸びきれず4着でしたが、切れ味自慢の馬なので重馬場は本質的には合わないでしょうし、ある程度の位置からでも競馬出来る事がわかったので収穫は大きかったんじゃないでしょうか。

このまま和田騎手でいって欲しいですね。

来年デムーロが乗ってそうな気がしなくもないですけど。

 

カワキタエンカは良く頑張った5着かと。

馬場を考えると1000m通過が59.1秒って結構早いかと。

この馬は名前のせいであんまり人気にならないので、今後どこかでおいしい馬券になってくれるんじゃないかと楽しみにしています。

もしオーナーが金子さんだったらもっと人気になった気が。

 

ディアドラにも乗っていた岩田騎手が選んだファンディーナは13着。

間違いなく能力はあると思うんですけど、うまく行かないレースが続きますね。

今回の敗因は馬場だったんでしょうか。

もしかしたら牝馬が皐月賞に出るリスクが思っているより大きいのかもしれません。

 

ディアドラはこの後エリ女を予定しているようです。

ルメールはエリ女ではヴィブロスに乗る予定ですので、現時点では鞍上未定。

岩田騎手はクロコスミアいるし、誰になるんでしょうかね。

その時短期免許で来ている外人さんが有力でしょうか。

スポンサーリンク

2017秋華賞レース後コメント

1着 ディアドラ(ルメール騎手)
「今日はトップコンディションでした。いいポジションでレースをしたかったのですが、スタートが悪く、届くかどうか心配しましたが、ペースが速くなって届くことが出来ました。内の経済コースで段々位置を上げて、直線は素晴らしい脚でした。調教で乗った感触が良く、自信がありました」

2着 リスグラシュー(武豊騎手)
「スタートの悪さもリカバリー出来ましたし、道中は不利もなく、この馬のレースが出来ました。直線では勝ったと思ったのですが…」

3着 モズカッチャン(M.デムーロ騎手)
「1コーナーと2コーナーの間で右前を落鉄していました。ずっと気にしていたのですが、それでも最後まで頑張って走ってくれました。馬場も距離も合うと思い楽しみにしていたのですが…。今日はついていませんでした」

4着 ラビットラン(和田騎手)
「つけられるところにつけてレースをしました。今日は向正面で手応えが怪しくなりました。それでも直線では踏ん張っていますし、力のあることは分かりました。思ったほど動かなかったのは馬場のせいなのか、馬の中身なのかよく分かりません」

5着 カワキタエンカ(北村友騎手)
「レース前に思っていた以上に一生懸命走る馬です。それでもイメージしていたレースは出来ました。最後までよく頑張っています」

6着 ブラックオニキス(大野騎手)
「自分のペースで運びました。頑張ってくれました」

7着 アエロリット(横山典騎手)
「返し馬からいい雰囲気でした。今回は初めてづくしですからね。この馬にはいい経験になりました。それに、そんなに負けていません」

8着 ミリッサ(福永騎手)
「向正面で手前を替えた途端、これでもかというくらいノメりました。それまでは、いいスタートからいい位置でレースが出来たのですが…」

9着 ポールヴァンドル(三浦騎手)
「重い馬場でバランスを崩していました。良馬場の方がいいですね」

10着 リカビトス(浜中騎手)
「後ろからの馬ですからね。パワーのいる馬場は厳しいです。まだキャリアも少ないこれからの馬です。成長に期待です」

11着 ヴゼットジョリー(菱田騎手)
「後ろで脚をためてインをつこうという作戦で臨みました。道中しっかり折り合いがついたことは収穫です」

12着 ブラックスビーチ(川田騎手)
「スムーズにロスなく運べました。現状の力は出してくれたと思います」

13着 ファンディーナ(岩田騎手)
「馬場も堪えたかもしれません。ペースが上がっていった時に、反応良くグッと行ってくれませんでした」

14着 レーヌミノル(池添騎手)
「桜花賞以上と感じるほどの状態でした。それなのに4角手前でいっぱいになってしまいました。短い距離で走ってみたいです」

15着 ハローユニコーン(田辺騎手)
「これからというときに、いち早く手応えが悪くなってしまいました」

16着 メイショウオワラ(松若騎手)
「1コーナー以外はスムーズでしたが、早めに手応えがなくなりました」

17着 タガノヴェローナ(幸騎手)
「ノメりはそれほど気になりませんでした。今回はメンバーも強力でしたからね。ペースが上がった時、対応し切れませんでした」

18着 カリビアンゴールド(田中勝騎手)
「馬場も枠も悪く、競馬をさせてもらえませんでした」

http://keiba.radionikkei.jp

http://www.hochi.co.jp

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ