ステイヤーズステークス 2017レース後コメント | アルバート3連覇!

レース後コメントスローガンステイヤーズステークス2017が開催されました。

騎手や調教師のレース後コメントを掲載しています。

 

勝ったのは1番人気アルバート。

2着に2番人気フェイムゲーム、3着に3番人気プレストウィック。

4着に8番人気プロレタリアト、5着に4番人気シホウ。

 

アルバートが同一の平地重賞3連覇。

ゴールドシップの阪神大賞典以来です。

固い決着で3連単は830円でした。

 

昨年は接戦での勝利だったアルバートでしたが今年は楽勝。

最近では珍しい生粋のステイヤーですね。

父と母父が逆なら死ぬほど応援してました。

ムーア騎手も来日直後は微妙な成績でしたが流石に合わせてくるなといった感じ。

追い方が綺麗で見てて楽しいです。

 

ボウマン騎手騎乗のフェイムゲームは2着。

1着馬とも3着馬とも力の差があるように感じました。

ボウマンとフェイムゲーム…。

思えば昨年の春天で本命打って撃沈したなぁ…。

あの大外ブン回しのせいでボウマン騎手を素直に買えなかったり。

スポンサーリンク

ステイヤーズステークス2017レース後コメント

1着 アルバート(R・ムーア騎手)
「この3年間、歳を重ねているにも関わらず、しっかりとレースに向けて調整してくださる方のおかげで3連覇を達成することができました。今日はペースが流れてくれたので、強い競馬をすることができて、結果としてタイムも4歳の時より2秒以上速くなりました。本当に強い馬です」

2着 フェイムゲーム(H・ボウマン騎手)
「所々でかかる面があって消耗していました。調教ではそんな面はなかったのですが、ロスがあったかもしれません。ただ、レースとしてはうまくまとめられたと思います。この馬もレベルは高いのですが、勝った馬はもっと強かったです」

3着 プレストウィック(V・シュミノー騎手)
「前走より馬の雰囲気が良く、流れに乗って運べました。4コーナーの手応えはやれる、と思えるものでしたが、上位2頭は強かったですね。ただ、この馬にとって長距離戦は1番いい舞台だと思います」

4着 プロレタリアト(杉原誠人騎手)
「中山は合いますし、使いたい所に使えずレース間隔があきましたが、いい状態に仕上がっていました。牝馬で6歳ですが、まだまだ体力があります」

5着 シホウ(吉田隼人騎手)
「距離が長いのかな。口が重たかった。いざ追い出したら伸びなかった」

6着 グランアルマダ(石橋脩騎手)
「1周目は元気よく走って、欲を言えば、あの流れで2周目もいけたらよかった。馬が進んでいかなくなった。自分の気持ちで走る馬で、こっちが頑張っても利かない。面白い子。併せる形になれば伸びたかもしれない。最後までよく走った。相変わらず不思議な馬」

7着 シルクドリーマー(戸崎圭太騎手)
「乗りやすい馬だが、もたもたして進んでいかなかった」

8着 カムフィー(勝浦正樹騎手)
「時期的に硬くなっていたのを感じた」

9着 デルマサリーチャン(武士沢友治騎手)
「思った通りの競馬はできた。長い距離は合うと思ったが、ここまで長いと…。いい経験になったと思う。3600メートルは未知の世界で、こなせる馬しかこなせない」

10着 サイモントルナーレ(藤田菜七子)
「厳しい戦いになったと思います」

http://keiba.radionikkei.jp

http://www.hochi.co.jp

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ