セントライト記念 2017レース後コメント 全馬掲載

レース後コメントスローガンセントライト記念2017が開催されました。

騎手や調教師のレース後コメントを掲載しています。

 

勝ったのは2番人気ミッキースワロー。

2着に1番人気アルアイン、3着に3番人気サトノクロニクル。

4着に6番人気スティッフィリオ、5着に8番人気プラチナヴォイス。

 

ミッキースワローが直線で軽々とアルアインを交わして重賞初制覇。

日曜はカワキタエンカで逃げて2着にはいった横典騎手が月曜に見事な差し切り勝ち。

トーセンホマレボシ産駒ということでディープの孫ですね。

中山で2勝、福島で1勝なので小回り適正は高そう。

京都の3000mだとどうなんでしょうね…。

 

圧倒的1番人気のアルアインは2着。

ここ楽勝するようだと菊花賞でも本命視されたかもしれませんけど、わりと完敗でしたね。

皐月賞馬は菊花賞と相性が良いですけど、ディープの子供で3000m以上で勝ったの昨年のサトノダイヤモンドだけですしね。

本番での取り捨ては悩ましそう。

 

サトノクロニクルがなんとか3着確保。

個人的にそんなに強くないと思っていたので切って痛い目みました。

この馬に勝たないと大きいところで勝負にならない物差しみたいな馬になりそうな気がします。

 

個人的に今後狙いたいのはクリンチャー。

休み明けで体重+18キロと重かったですし、母父ブライアンズタイムなので叩いてよくなってきそう。

キャラ的にちょっと負けが続くと人気落ちそうだし、どこかで一発あると思います。

 

関西も関東もトライアルで新星が見事な差し切りがち。

3歳は藤沢厩舎の2頭がクラシックスルーすることもあって混沌としてきましたね。

秋華賞も菊花賞も中々難しいことになりそうです。

スポンサーリンク

セントライト記念2017レース後コメント

1着 ミッキースワロー(横山典弘騎手)
「ゲートに入るのを渋ってスタートがもう一つでしたが、うまく馬群を捌いてアルアインの後ろにつけることができました。最後もアルアインに並んだら、いい脚を使ってくれると思っていましたが、思いのほか簡単に抜かすことができました。馬もだいぶしっかりしてきて成長しているし、菊花賞が楽しみです」

(菊沢隆徳調教師)
「ジョッキーも稽古で乗っているし、馬込みでも折り合いはつくと思っていました。アルアインについていって、あんなに追いかけて大丈夫かと心配しましたが、いい脚を使ってくれました。まだ子供っぽいところがありますが、少しずつ成長していると思います。オーナーも了解してくれて、馬が無事なら菊花賞へ行きたいと思います」

2着 アルアイン(C.ルメール騎手)
「休み明けでコンディションが100%ではありませんでした。ですから反応も100%ではありませんでした。でも伸びていますし、これを使ってもっとよくなります。距離も大丈夫です」

3着 サトノクロニクル(M.デムーロ騎手)
「反応はとても良かったのですが、直線でスペースがありませんでした。スムーズだったら2着はあったと思います」

4着 スティッフェリオ(北村友一騎手)
「外枠だったので、どうすれば上位に来れるかを考えて、出していきました。夏よりも馬が良くなっていますし、よく頑張っています」

5着 プラチナヴォイス(内田博幸騎手)
「ゲートで待たされて、中では立ち上がったり、走る前に体力を消耗してしまいました。力のある馬なのに、その力を出していません。走る馬です」

6着 サンデームーティエ(吉田豊騎手)
「自分の形でいけました。もう少しペースを上げても良かったかもしれません」

7着 サーレンブラント(岩田騎手)
「周りが動いた時に遅れてしまった。最後はジリジリ伸びていたけど、まだ走りがぎこちないかな…」

8着 クレッシェンドラヴ(戸崎騎手)
「前めにつけようと思っていたけど、外枠もあって後方からの位置取りになった。エンジンのかかりが遅い馬だけど、自己条件ならやれるはず」

9着 クリンチャー(藤岡佑介騎手)
「押して押して先行できましたが、4コーナーでは手応えがありませんでした」

10着 ストロングレヴィル(石橋騎手)
「素直で一生懸命走る馬。外枠からどこまで内に入れられるかを念頭に入れて運んだが…。追い出してからもよく頑張っている」

11着 サンシロウ(柴田善騎手)
「気で走る馬。中1週で気が乗っていなかった」

12着 ローリングタワー(三浦騎手)
「自分の形では行けたけど、相手が強かった。もっと良くなる馬」

13着 インペリアルフィズ(田辺騎手)
「良馬場発表とはいえ、緩い馬場で合わなかった。相手も強かった」

14着 ブラックギムレット(大野騎手)
「ペースが遅かった。強い相手と戦った経験が今後に生きれば」

15着 ブラックロード(御神本騎手)
「すごくイレ込んでいた。それでも、後方から集団に離されずについていけていたし、よく頑張っていたと思います」

http://keiba.radionikkei.jp

http://www.hochi.co.jp/

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ