関屋記念 2017レース後コメント

レース後コメントスローガン関屋記念2017が開催されました。

騎手や調教師のレース後コメントを掲載しています。

 

勝ったのは7番人気マルターズアポジー。

2着に4番人気ウインガニオン、3着に5番人気ダノンリバティ。

4着に6番人気ヤングマンパワー、5着に8番人気ダノンプラチナ。

 

抜群のスタートを切って絡まれることなくマイペースで逃げたマルターズアポジーが重賞3勝目。

小回りコースだけの馬じゃなかったみたいです。

武士沢騎手と名コンビだと思うので今後もこのコンビで行ってほしいですね。

 

好位からの競馬となったウインガニオンが2着に。

中京記念を好走した馬はいまいちな事が多い関屋記念ですが頑張りました。

 

ダノンリバティは東幹久さんに推されていましたがしぶとく3着死守。

昨年の覇者ヤングマンパワーと共に好走。

 

1番人気メートルダールは12着。

2番人気ロードクエストは6着。

3番人気ブラックムーンは15着。

 

上位人気3頭が馬券圏外で、3連単は131,710円。

終わってみれば4.5.6.7.8番人気馬が掲示板を独占。

単勝人気の数字遊びで5頭ボックス買って当てた人もいそうな結果でした。

スポンサーリンク

関屋記念2017レース後コメント

1着マルターズアポジー(武士沢騎手)
「前走の負けを引きずっていないか心配していましたが、その不安を払拭してくれました。本当に真面目すぎるほど真面目な馬です。これから先、相手が強くなっても今日の競馬をしてほしいです」

2着 ウインガニオン(津村騎手)
「よく頑張っています。いい展開で、交わせる勢いでしたが、最後止まってしまいました。連戦の疲れもあったかと思いますが、頑張っていますし、秋が楽しみです」

3着 ダノンリバティ(松若騎手)
「4コーナーの進路の取り方を迷ったのが最後に響いた。ラストはよく伸びていた」

4着 ヤングマンパワー(石橋脩騎手)
「雰囲気も良く、いいところにはまりました。あまりテンに行くと終いが甘くなると聞いていましたが、コーナーの感じも良く、直線もジワッと伸びていました。新潟は走ります。よく頑張ってくれました」

5着 ダノンプラチナ(蛯名騎手)
「地力は見せてくれました。直線では突き抜けるかと思いましたが、ラスト100mで止まりました。この後、順調に使えればもっと良くなると思います」

6着 ロードクエスト(池添騎手)
「パドックの雰囲気も返し馬も良かったです。今回は攻めていつもより前のポジションを取れました。前が残るこの展開では厳しいですね」

7着 ロサギガンティア(大野騎手)
「うまくゲートを出てくれたし、スムーズに運べた。最後までじりじりと伸びている」

8着 レッドレイヴン(北村宏騎手)
「スタートが上手に決まって、スムーズに運べた。もう少し差を詰められるかと思ったけど、伸びてはいた。だんだんと復調してきている」

9着 ショウナンバッハ(柴田善騎手)
「しっかり脚を使った。マイルにも対応できていた」

10着 ウキヨノカゼ(吉田隼騎手)
「外枠で馬の後ろに入れられなかった。前残りの流れだったが、この馬自身は伸びている」

11着 トーセンデューク(小崎騎手)
「折り合いが気になっていたが、問題なかったし、脚をためられた。馬群を縫うようなレースをすればよかったかもしれない」

12着 メートルダール(M.デムーロ騎手)
「スタートを出てから全然進んで行きませんでした。敗因は分かりません」

13着 オールザゴー(内田騎手)
「コーナーでかぶされて、ぶつかりそうになってしまった」

14着 マイネルハニー(柴田大騎手)
「いい位置につけられたが、仕掛けてからさっぱりだった。いつもはそこから粘る馬だが…。わからない」

15着 ブラックムーン(川田騎手)
「3、4コーナーで外に逃げていた。直線は一瞬伸びかけたが、すぐに止まってしまった。暑い時期が良くないのかもしれない」

http://keiba.radionikkei.jp

http://www.hochi.co.jp

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ