サウジアラビアロイヤルカップ 2017レース後コメント | ダノンプレミアム強すぎ

レース後コメントスローガンサウジアラビアロイヤルカップ2017が開催されました。

騎手や調教師のレース後コメントを掲載しています。

 

勝ったのは2番人気ダノンプレミアム。

2着に1番人気ステルヴィオ、3着に6番人気カーボナード。

4着に3番人気テンクウ、5着に5番人気シュヴァルツボンバー。

 

4番人気の地方馬ダブルシャープは6着。

 

稍重の馬場状態ながらダノンプレミアムが1:33:0の2歳コースレコードで優勝。

そこそこ流れた展開でしたが、好位に付けて抜け出す完勝。

ちょっとびっくりするくらい強かったです。

現時点での2歳牡馬だとワグネリアン、ダノンプレミアム、ヘンリーバローズあたりがトップ3ですかね。

 

1番人気に推されたステルヴィオは後方からの競馬となりましたが、凄い脚で突っ込んできて2着死守。

33秒台の末脚使ったのはステルヴィオだけ。

ロードカナロア産駒初の重賞制覇はなりませんでしたが、賞金はしっかりと加算出来たので今後のローテに余裕が出そう。

鞍上のルメール騎手は「マイルもだし、1800mでも忙しかった」とコメントしているので、父親のイメージとは違って中距離の方が向いていそう。

まあロードカナロア自体走った事ないだけで2000m位でも普通に強かった可能性ありますしね。

スタートもよくないですし、あまり器用なタイプには見えないので小回りコースで人気になったら嫌ってみるのも面白いかも。

責任は持ちません。

 

個人的に期待していたエングローサーは大出遅れかまして11着。

人気にならないでしょうし、もうちょっと追いかけてみようと思っています。

スポンサーリンク

2017サウジアラビアRCレース後コメント

1着 ダノンプレミアム(川田将雅騎手)
「理想的な競馬が出来ました。新馬戦で強い勝ち方をしてくれたので期待していましたが、いい競馬でした。直線では手応えが良く、少しふわふわしているところもあるので、さらに成長するでしょう。マイルもこなしたし、輸送もクリアしたので、課題という課題が一つもありません。このまま無事に進んでほしいです」

2着 ステルヴィオ(C・ルメール騎手)
「外枠が厳しかったです。スタートが速くないので、いい位置を取れませんでした。前走の1800mも忙しかったのですが、今日も忙しかったです。直線は反応が良く、よく伸びてくれました」

3着 カーボナード(岩田康誠騎手)
「馬はすごく落ち着いて走ってくれましたし、いい感じでよく走ってくれました。能力のあるところを見せてくれたと思います」

4着 テンクウ(田辺裕信騎手)
「リズムよく運ぶことが出来ました。現状気持ちで走っている感じですから、色々変わってくればと思います」

5着 シュバルツボンバー(福永祐一騎手)
「速い時計で走っていますし、馬はよく対応して頑張ってくれました。もう少し距離はあった方がいいかもしれません」

6着 ダブルシャープ(石川倭騎手)
「位置を取りにいこうと思った時に不利があり、馬がハミを取ってしまいました。左回りはこなしてくれたのですが…」

7着 コスモインザハート(柴田大知騎手)
「忙しかったですね。距離があったほうがいいかもしれません」

8着 ルッジェーロ(戸崎騎手)
「大外枠だったので、後ろからになってしまった。あの位置からじわじわ伸びていた」

9着 ソイルトゥザソウル(田中勝春騎手)
「外枠が厳しかったですね」

10着 ボウルズ(小牧太騎手)
「テンションが高すぎました。新馬戦はうまくいったのですが、今日はどうしようもなかったです」

11着 エングローサー(三浦皇成騎手)
「いいフットワークをする馬ですし、あの位置からでもよく伸びています。ゲートがもったいなかったです」

12着 マイネルサイルーン(津村騎手)
「返し馬から硬く、進んでいかなかった。この馬らしさがなかった。疲れもあるのかも」

13着 バイオレントブロー(内田騎手)
「馬場が悪かった。後ろの馬に乗っかられた。もっと経験しなくちゃ駄目。今日がいい経験になったのでは」

14着 メイショウドウドウ(吉田隼騎手)
「出たなりで馬の後ろで運んだ。馬込みでもまれるのを気にして、コロコロ手前を替えていた」

15着 ハクサンフエロ(石橋騎手)
「ゲートの一歩目が出なかった。他に速い馬がいなかったので、自分のペースで行けると思った。位置を取りに行ったぶん、3コーナーから気持ちが抜け切れず、ムキになった」

16着 メルムサール(江田照騎手)
「流れに乗って競馬をしようと思った。向こう正面で接触して不利を受けた。時計も速かった。これからちょっとずつ力をつけていけば」

17着 スワーヴエドワード(四位洋文騎手)
「気性が前向きな馬なので、馬にまかせてレースをしました。競馬を教えていかないといけませんね」

18着 大野騎手(スターリバー=18着)
「先行できたが、最後は余力がなかった」

http://keiba.radionikkei.jp

http://www.hochi.co.jp

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ