皐月賞2017レース後コメント

レース後コメントスローガン

皐月賞2017が開催されました。

騎手や調教師のレース後コメントを掲載しています。

 

勝ったのは9番人気アルアイン。

2着に4番人気ペルシアンナイト、3着に12番人気ダンビュライト。

4着に13番人気クリンチャー、5着に5番人気レイデオロ。

 

1番人気ファンディーナは7着。

2番人気スワーヴリチャードは6着。

3番人気カデナは9着。

 

人気馬総崩れで3連単は100万馬券。

 

2着のペルシアンナイトと上がり最速だったサトノアレスは日本ダービーに。

マイルカップだとかなり有力候補だったと思うんですけどね。

やっぱりオーナーからするとダービーって特別なものなんでしょうか。

スポンサーリンク

皐月賞2017レース後コメント

1着 アルアイン(松山弘平騎手)
「少し信じられない気持ちです。今まで関係者の皆様にすごくチャンスをもらっていましたが、去年もGIは2着2回で、早く勝ちたいと思っていました。今日は3~4コーナーの馬場の悪いところで手応えが少し悪くなりましたが、直線に向いてしっかり伸びてくれました。自分が必死に追ったせいで馬が外によれましたが、後半はよく頑張ってくれました。毎日杯は休み明けでしたがしっかり走っていましたし、馬自体成長していました。自在性のある乗りやすい馬です。距離が伸びても大丈夫です。馬と一緒に頑張って行きたいです」

2着 ペルシアンナイト(M・デムーロ騎手)
「1コーナーと3~4コーナーでスムーズにできませんでした。勝ち馬は強かったです。折り合いは問題ないと思います」

3着 ダンビュライト(武豊騎手)
「いつも通りのレースができて、良さを生かせました。タイムがもう少しかかってほしかったですが、反応はしてくれていました」

4着 クリンチャー(藤岡佑介騎手)
「4コーナーで先頭に立つ思った通りの形ができました。使うごとに良くなっていますし、折り合いも問題ないです」

5着 レイデオロ(C・ルメール騎手)
「最後はいい脚でした。東京に替わるのはチャンスかもしれません」

6着 スワーヴリチャード(四位騎手)
「スタートは上手に出た。レース前のミーティングで、中団でためていく競馬に決めて、理想通りに運べた。もう少し前で運んでも良かったのかもしれないけど、あくまでそれは結果論だからね。最後は伸びているけど、道中はほとんど右手前で走っていた。レース間隔が空いていたぶんもあったかもしれないけど、馬自身はグッと良くなっている。東京で頑張りたい」

7着 ファンディーナ(高野友和調教師)
「競馬の進め方は上手だったと思います。大きな不利があったわけでもありません。力負けだと思います。勝ち馬は同じ位置から少し位置を下げるところがあって勝ったのですから強かったです。今後はクラブと相談しますが、ダービーの可能性は捨てていません」

8着 ウインブライト(松岡騎手)
「外枠だったから、内にももぐれなかった。時計も速くて、道中で上がっていったら最後は余力がなかった」

9着 カデナ(福永祐一騎手)
「落ち着いていると聞いていましたがスタートしてから進んでいきませんでした」

10着 プラチナヴォイス(和田騎手)
「いいところで流れに乗れたけど…。右ブリンカーと馬込みに入れたことでもたれる面はなかったけど、時計がきつくて最後は止まってしまった」

11着 サトノアレス(戸崎騎手)
「馬に行く気がなくて、道中はもたもたしていた。気持ちの問題なのか、どうなのか。分からない…」

12着 アウトライアーズ(田辺騎手)
「G1のこれだけの勝負は馬にとって初めてで、時計勝負も初めてだった。そのあたりが出たのかも」

13着 トラスト(柴田大騎手)
「早めに外から来られて、踏ん張ってくれるかな? と思ったけど、そこからが案外だった。今日は相手も強かったですね」

14着 コマノインパルス(江田照騎手)
「じわっと伸びるタイプで、今日は時計が速かった」

15着 キングズラッシュ(久保田調教師)
「休み明けだったし、外を回ったぶんもあった。時計も速かった」

17着 アダムバローズ(池添騎手)
「自分の競馬はできたけど、後続に一気に来られてから脚がなくなった」

18着 アメリカズカップ(松若騎手)
「馬込みは嫌だったので前に行きたかったが、外に行きたい馬が多くてスピードで負けた。道中はテンションも上がっていたし、馬体も少し減っていた。まだまだこれからの馬です」

http://keiba.radionikkei.jp

http://www.hochi.co.jp

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ