ローズステークス 2017レース後コメント 全馬掲載

レース後コメントスローガンローズステークス2017が開催されました。

騎手や調教師のレース後コメントを掲載しています。

 

勝ったのは8番人気ラビットラン。

2着に6番人気カワキタエンカ、3着に3番人気リスグラシュー。

4着に5番人気ミリッサ、5着に12番人気メイショウオワラ。

 

1番人気のファンディーナは6着。

2番人気モズカッチャンは7着。

 

芝転向2戦目のラビットランが豪脚一閃。

あっとういうまに抜け出して快勝。

レース前から批判の多かった乗り代わりですが、和田騎手が胸のすくレースを見せてくれました。

馬券は外したけど気分は悪くない、って人も多そうです。

200m伸びる本番だと距離がどうか、って不安はありますけど、今回の勝利で上位人気になるのは確定かと。

和田騎手に久々のGⅠ勝利のチャンスが来ましたね。

 

カワキタエンカはこれぞ横典マジックといった感じ。

1000mを58.6秒でいって逃げ残るとは…。

春先にアルアインと良い勝負していただけのことはありますね。

ノリさんは翌日のセントライト記念を快勝。

今週はやる気に満ち溢れていたようです。

予めやる気ある週なのか無い週なのか教えてくれませんかね。

 

リスグラシューは流石の脚で追いこんで3着確保。

強いけど勝ちきれない、けど毎回上位に食い込んでくる悩ましい存在です。

 

ファンディーナは直線突き抜けるかと思ったら止まってしまいました。

調整遅れていたようですし、陣営としては想定内の敗戦の様な気もします。

一つ叩いて本番でどれだけ変わって来るのか。

流石に22キロ増は重すぎた気もするので、次は馬体重にも注目です。

 

モズカッチャンは特に見せ場なく7着。

人気薄で好走続けてたハービンジャー産駒が急に本命視されるのってなんだか危うい気はしましたが、もうちょっと頑張るかと思ってました。

モズの馬主さんは和田さんあんまり好きじゃないんですかね。

デムーロは好きな騎手ですけど、この乗り代わりは見てていい気しませんでした。

 

本番でラビットランにデムーロ乗ってたらどうしましょう。

スポンサーリンク

ローズステークス2017レース後コメント

1着 ラビットラン(和田騎手)
「前回のレースでこの馬の能力の高さは分かっていました。人気はありませんでしたが、自信を持って乗りました。距離の心配があったので位置取りは考えず、流れに乗ってレースを進めました。馬も上手にレースをしてくれました。この世代でトップクラスの力があることが分かりました。これから楽しみです」

2着 カワキタエンカ(横山典騎手)
「時計的には速いペースかもしれませんが、馬は自分のペースで、自分のリズムで走っていました。最後までよく頑張りました」

3着 リスグラシュー(武豊騎手)
「レース前のイレ込みも以前よりマシで、ゲートもこの馬としては珍しく五分に出てくれました。道中も力まず、いい感じで走っていたのですが、今日も直線で反応するのが遅かったですね。勝った馬とはその差でしょう」

4着 ミリッサ(福永騎手)
「内からの競馬は初めてで、馬群の中で躊躇して戸惑いながらも脚は見せて、3歳牝馬の中では力が上位というところは見せてくれました。今後のレースでこの経験はきっと生きてきます」

5着 メイショウオワラ(小牧騎手)
「よく伸びてきましたが、最後は止まってしまいました」

6着 ファンディーナ(岩田騎手)
「馬場も気にせず、力のあるところは見せてくれました。休み明けの分でしょうか…。もっと沈んだ走りをしてくれるかと思っていましたが…」

7着 モズカッチャン(M.デムーロ騎手)
「久々の分、イレ込んでいました。この馬場ですから、スタートして早めに行きました。でも最後は脚が上がってしまいました。次は変わってきそうです」

8着 ブライトムーン(藤岡佑騎手)
「馬群のなかからしまいはいい反応をしてくれました。走ってきそうですよ」

9着 レーヌミノル(池添騎手)
「流れに乗ってレースは出来ました。4コーナーでもいい感じでした。ラストも一旦反応したのですが、そこからの伸びがありませんでした」

10着 ミスパンテール(四位騎手)
「久々でイレ込んでいたし、良馬場とはいえ緩い馬場にも苦しんでいた。でも、中団馬群の中で折り合って走れていたし、馬はよくなっていたよ」

11着 サトノアリシア(北村友騎手)
「ずっと力んで走っていたわけではありませんが、追ってからの反応が遅かったですね。スムースに反応出来るようになればいいですね」

12着 クイーンマンボ(ルメール騎手)
「この馬にはペースが速かったですね。2000m以上の方がこの馬にはいいですね。芝は問題ありませんでした」

13着 メイズオブオナー(吉田隼騎手)
「勝ち馬と同じような位置で運んでたんですけどね。緩い馬場はひと息の感じでした」

14着 カラクレナイ(川田騎手)
「1800メートルでもリズムよく走ってくれましたが、残り400メートルあたりで止まってしまいました」

15着 アロンザモナ(幸騎手)
「流れに乗って4コーナーもいい感じでしたが、追ってからがひと息でした」

16着 ブラックスビーチ(秋山騎手)
「レースの流れに乗せてみましたが、4コーナーではもう手応えがありませんでした。この馬のリズムで走ったらまた違うのかもしれませんね」

17着 ハローユニコーン(田辺騎手)
「休み明けで動けませんでした」

18着 ヤマカツグレース(松山騎手)
「リズムを大事に流れに乗せて運んだんですが…」

http://keiba.radionikkei.jp

http://www.hochi.co.jp

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ