ラジオNIKKEI賞2017 レース後コメント 全馬掲載

レース後コメントスローガンラジオNIKKEI賞2017が開催されました。

騎手や調教師のレース後コメントを掲載しています。

 

勝ったのは2番人気セダブリランテス。

2着に8番人気ウインガナドル、3着に9番人気ロードリベラル。

4着に3番人気クリアザトラック、5着に6番人気マイネルスフェーン。

 

1番人気サトノクロニクルは6着。

小回りコースのハーツクライ産駒、重賞勝ちもないのにハンデ57キロと終わってみれば飛ぶのも納得の人気馬でした。

 

セダブリランテスはデビューから3連勝。

鞍上の石川騎手は嬉しい重賞初制覇。

松山騎手の皐月賞といい、少しずつ若い騎手の活躍が目立つようになってきました。

 

2着は小回り得意のステイゴールド産駒。

3着は福島で500万勝ちのあるロードリベラル。

終ってから見ると簡単な馬券に見える不思議。

スポンサーリンク

ラジオNIKKEI賞2017レース後コメント

1着 セダブリランテス(石川騎手)
「(初重賞勝ちについて)自分としては遅くなってしまったという気持ちもありますが、勝てて良かったです。器用な競馬が出来る馬ですし、自信を持って乗りました。ペースも流れていましたし、いい感じで行けました。まだまだ先のある馬ですし、この馬と一緒にこの先も頑張っていきたいですね」

2着 ウインガナドル(津村騎手)
「以前乗った時より馬がパワーアップして、落ち着きも出ていました。今日は相手が強かったです」

3着 ロードリベラル(吉田隼騎手)
「前回、馬込みに入れて引っ掛かってしまったので、今日はプレッシャーのない、離れた位置でレースをしました。勝負どころでいい感じで上がって行きましたが、最後、つかまえることが出来ませんでした。もう少し流れてくれれば良かったかもしれません」

4着 クリアザトラック(北村宏騎手)
「小回りコースは走ったことがなかったので、1コーナーで力んで走っていました。3コーナーの勝負どころでもスピードアップするのに戸惑っていました」

5着 マイネルスフェーン(柴田大騎手)
「内容は悪くなかったし、距離は1800~2000メートルぐらいがよさそう。これからまだ良くなってくると思う」

6着 サトノクロニクル(川田騎手)
「重賞も勝っていない馬で57キロのハンデは重すぎます」

7着 バルべーラ(秋山騎手)
「中途半端な枠だったので、もう少し極端な方が良かった。だらだら外を回ってしまったし、メリハリ付いた競馬がしたかった」

8着 ビービーガウディ(内田騎手)
「レース前から気合が入ってしまって、スタートが良すぎたぐらい。力んでいるところに1コーナーでぶつけられて、(序盤で)スタミナを使ってしまった」

9着 グランドボヌール(木幡巧騎手)
「ジワジワ来ているけど、もう少し50キロのハンデを生かしたかったし、スタートは出たけど、前に入られたのも痛かった」

10着 マイブルーヘブン(難波騎手)
「勝負どころで動けなかったけど、ジワジワ来ている。まだこれからの馬だと思う」

11着 ライジングリーズン(丸田騎手)
「スタートが良すぎて、思った以上に前へ行きすぎました。抑えて行くと力んで、そこで燃え尽きてしまいました。タメが利かなかったです」

12着 ニシノアップルパイ(吉田豊騎手)
「スタートがいまひとつでしたが、リズム良く2番手で運べた。ペースが遅くならないように(前を)つつく感じで運んだんですが、3、4コーナーで苦しくなってしまった。自分のペースで運べればもっと頑張れると思う」

http://keiba.radionikkei.jp

http://www.hochi.co.jp

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ