桜花賞 2017 レース後コメント 全馬掲載

レース後コメントスローガン

桜花賞2017が開催されました。

騎手や調教師のレース後コメントを掲載しています。

 

勝ったのは8番人気レーヌミノル。

2着に3番人気リスグラシュー、3着に1番人気ソウルスターリング。

4着に7番人気カラクレナイ、5着に6番人気アエロリット。

 

単勝1.4倍という圧倒的な1番人気に支持されたソウルスターリングですが直線思うように伸びず。

馬場を気にしていたみたいですね。

何やら単勝4,000万円突っ込んだ人がいるとかいないとか…。

 

2番人気アドマイヤミヤビは12着。

馬場も合わなかったしマイルも短かったのかもしれません。

オークスで人気落ちたら美味しいですけど落ちないでしょうね…。

 

絶対的存在だと思われていたソウルスターリングの敗戦でオークスが面白くなってきました。

個人的にはホウオウパフュームに期待しています。

フローラステークスの結果次第じゃ出れないかも知れませんけど。

スポンサーリンク

桜花賞2017レース後コメント

1着 レーヌミノル(池添謙一騎手)
「一週前の追い切りで初めて乗りました。率直にいい馬だと思いましたし、チャンスのある馬を依頼していただいたと思いました。スタートが速い馬で、まずリズム良く自分の呼吸をしっかりと取ろうと思い、後ろの馬は気にしないように乗りました。手応えはしっかりありました。いい反応でしたが、先頭に立ってからが長かったです。踏ん張ってくれと思いながら追いました。何とかしのいでくれましたし、力を発揮してくれました。去年は2センチ差で負けたので、ゴール前はそれが頭をよぎりましたが、最後はレーヌミノルと頑張りました」

2着 リスグラシュー(武豊騎手)
「それほどスタートは良くありませんでしたが、意識的に位置を取りに行きました。直線を向いたところで勝ち馬に離されてしまいました。ラストは差を詰めていますが……。分かっていたことで注意して乗ったのですが、やはりエンジンの掛かりが遅いですからね。惜しかったです」

3着 ソウルスターリング(C.ルメール騎手)
「今日は馬場が合いませんでした。道中はリラックスして、いいリズムで走っていましたが、直線は何度も手前を替えていたように、反応も遅かったです。上位の馬は阪神JFで負かしていた馬。馬場が良ければ違ったと思います」

(藤沢和雄調教師)
「母は道悪が悪くなかったので、大丈夫かなと思っていたのですが、3~4コーナーでは手応えも良くありませんでしたね。様子を見てやり直します」

4着 カラクレナイ(田辺裕信騎手)
「流れが落ち着いてしまったので、レースが流れ出すまで動くのを待つというレースになりました。前走から距離も延びたのでリラックスさせることを第一に考えて乗りました。直線もバラけて一瞬伸び脚も良かったのですが、自分の脚が上がってしまいました。スムーズなレースは出来ました」

5着 アエロリット(横山典弘騎手)
「いい競馬は出来ました。あと少し。まだ何かを持っています。その分変わり身はありそうです。まだ乙女ですね。まだ上積みがありそうです」

6着 ディアドラ(岩田騎手)
「外枠だったので、じっくりとしまいにかける競馬をしました。最後はよく伸びてくれましたし、頑張っていると思います」

7着 カワキタエンカ(和田竜二騎手)
「外枠ですし、中1週で馬の気持ちも乗っていましたから行かせました。この馬なりに頑張っています」

8着 ライジングリーズン(丸田騎手)
「スタートから少し選択肢の少ない競馬になってしまいました。スムーズではなかったけど、直線はしっかり伸びてくれて、ポテンシャルは感じることができました」

9着 ジューヌエコール(北村友騎手)
「休み明けを使って、前走より落ち着きがありました。スタート後の一歩目で強く手綱を持った(引いた)ぶん、向こう正面で力んでしまった。ただ、1600メートルでは手応えほど反応してくれない感じです」

10着 ヴゼットジョリー(福永祐一騎手)
「スタートも上手なので、誰も行かなければ行ってもいいと考えていました。いいリズムで離れた2番手からのレースでした。ラストはスタミナ切れでしたが、悪くないレースでした」

11着 ミスエルテ(川田騎手)
「テンションが上がりすぎず、競馬でも我慢してくれたんですが…。馬場のぶんですかね。伸びそうで伸びませんでした」

12着 アドマイヤミヤビ(M.デムーロ騎手)
「返し馬はきれいな走りでしたが、レースに行って良くありませんでした。スタート良く流れには乗れましたが、何度も躓いていました」

13着 ゴールドケープ(丸山騎手)
「馬群の中で、少しむきになっていました」

14着 アロンザモナ(幸英明騎手)
「ソウルスターリングの後ろでいい手応えでのレースでした。でも今日は馬場を気にして、のめりながらのレースでした。伸びが本来のものでありませんでした。良い馬場ならもっと走れると思います」

15着 ショーウェイ(松若騎手)
「無理なくいい位置は取れました。もう少し短い距離の方がいいのかもしれません」

16着 ミスパンテール(四位騎手)
「ソウルスターリングの後ろで競馬したけど、ずっと外に逃げ気味で、3コーナーでは手応えがなかった。馬場以上に、今日はキャリア(の浅さ)だと思う」

17着 ベルカプリ(藤岡佑騎手)
「スッと先行できましたが、4コーナーでいっぱいになってしまって…」

http://keiba.radionikkei.jp

http://www.hochi.co.jp

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ