大阪杯 2017 レース後コメント 全馬掲載

レース後コメントスローガン

大阪杯2017が開催されました。

騎手や調教師のレース後コメントを掲載しています。

 

記念すべき初代チャンピオンは1番人気キタサンブラック。

2着は7番人気ステファノス、3着に4番人気ヤマカツエース。

4着に2番人気マカヒキ、5着に5番人気アンビシャス。

 

3番人気サトノクラウンは6着。

 

キタサンブラックが人気に応えて完勝。

どこまでいっても追い抜けないんじゃないかってくらい強かったです。

 

ステファノスはびっくり。

2着に来た事より、好位から競馬出来る馬だったことに。

脚溜めてナンボの馬だと思ってたので驚きました。

 

マカヒキはちょっと成長力に疑問符が付く感じに。

展開考えると4着でもそう悪い着順ではないかと思いますが、期待が大きいだけに残念な感じに。

 

ヤマカツエースは枠を考えるとよく頑張ったと思います。

キタサン以外にならいくらでも勝つチャンスありそうです。

 

サトノクラウンの結果は何だか皐月賞を思い出しました。

デムーロが「内回り合わない」てコメントしているので、宝塚も難しいのかな。

とか言いながら簡単に勝ってもおかしくない馬なので難しい。

 

個人的に一発あるかと思っていたマルターズアポジーは輸送で随分体重減った影響もあるかと。

今後どこを目指すかはまだわかりませんが、中山マイルを逃げ切ったこともあるので、レースによっては坂を理由に人気落ちる様なら面白いと思います。

 

しかしキタサンは強かったですね。

これで春の天皇賞も1番人気かと。

もしサトノが内枠はいってキタサンが大外とかなったら悩ましい感じになりますが、キタサンはきっと次も内枠引くでしょう。

どっちも良いレースして揃って凱旋門賞に行ってもらいたいです。

スポンサーリンク

2017大阪杯レース後コメント

1着 キタサンブラック(武豊騎手)
「非常に嬉しいです。これだけの馬ですから、やはり責任を感じていました。良い仕事ができて嬉しいです。馬は本当にいい状態でさらに強くなっていると思いました。自信を持って乗っていました。多くのファンがかけつけて声援をいただいて、キタサンブラックのどのレースもそうですが、非常にプレッシャーを感じていたので、勝てて良かったです。(オーナからは)『全てお任せします。頑張ってください』と言われていました。ある程度展開がよみやすいメンバーで想定通りの展開になりました。手応えがすごく良かったので、後ろを待つことなく、先に意識的に動きました。普通の馬なら仕掛けが早いと思いますが、この馬ならと思い行きました。今はすごく充実していますし、次も楽しみです。また新たにJRAがGIを作るかもしれませんから、また(完全制覇は)挑戦したいです。キタサンブラックの出るレースは全て勝ちたいです」

2着 ステファノス(川田将雅騎手)
「厩舎とは位置を取りに行こうという話しをしていたので、出して行きました。状態が良かったですし、良い内容でした。キタサンブラックは年度代表馬だけにさすがですね」

3着 ヤマカツエース(池添謙一騎手)
「マルターズアポジー以外は普通のペースでしたね。今の馬場なら外枠はかえっていいかと思いましたが、結果論ですが、外枠でポジションが取れなかったです。もう一列前で競馬をしたかったと思います。力をつけていて最後までよく頑張ってくれましたが、前のポジションを取ってレースをしたかったです」

4着 マカヒキ(C・ルメール騎手)
「内回りでの外枠は心配していました。キタサンブラックは強すぎました。内枠だったら2着、3着はあったかもしれません」

5着 アンビシャス(福永祐一騎手)
「スタート自体は出ましたが、進んで行きませんでした。しかし、出して行くとハミを噛んで伸びなくなると思いました。良い脚を使っていますが、その分、道中のポジション取りがうまく出来ないところがありました。そこで自分から動いて行って、伸びきれたかというと、そこまでの脚は使えないのではないでしょうか。マカヒキに先に動いてもらうなど、他力本願というのが現状です。課題はありますが、ポテンシャルは高いので、その辺は修正されればタイトルを取れると思います」

6着 サトノクラウン(M・デムーロ騎手)
「内回りコースが合わないと思います。良い所をいっていましたが、ジリジリという感じでした」

7着 ミッキーロケット(和田竜二騎手)
「ゲートの中でもぐろうとしたり、下がったりしていました。それでも出た方ですが、体勢がよじれた状態で出たので、行き脚がつきませんでした。力はこの中でも遜色ないと思いますが…」

8着 モンドインテロ(内田騎手)
「この相手に戦ったのはいい経験になる。距離はもう少し長いところの方がいいね」

9着 アングライフェン(岩田騎手)
「ロスなく内々を回ってこれた。これがいい経験になれば」

10着 ディサイファ(四位騎手)
「囲まれない位置でとのオーダー。休み明けでこの相手は厳しかったね」

11着 スズカデヴィアス(藤岡佑騎手)
「この馬もよく伸びてくれていますが、さすがにこのメンバーでは…」

12着 マルターズアポジー(武士沢友治騎手)
「ハナを切っていいペースに持ち込むことが出来ました。小回りコースでのレースなどこの馬向きのレースもありますし、まだまだこれから期待しています」

13着 サクラアンプルール(横山典騎手)
「きょうは馬の機嫌が悪かった。それに尽きる」

14着 ロードヴァンドール(太宰啓介騎手)
「3コーナー過ぎからもっとペースを上げたかったです。番手で競馬をして、今日は気にするところがありました。やっぱりハナに行くのがいいようです。これがいい経験になると思います」

http://www.hochi.co.jp

http://keiba.radionikkei.jp

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ