中山牝馬ステークス2017レース後コメント

レース後コメントスローガン

中山牝馬ステークス2017が開催されました。

騎手や調教師のレース後コメントを掲載しています。

 

勝ったのは5番人気トーセンビクトリー。

2着に1番人気マジックタイム、3着に7番人気クインズミラーグロ。

4着に2番人気パールコード、5着に10番人気ウキヨノカゼ。

 

3番人気ビッシュは10着。

 

中山コースに相性抜群の血統トーセンビクトリーが初重賞制覇。

この一族本当中山良く走りますね。

すっかり忘れてました。

 

引退レースのマジックタイムは2着。

勝ち馬とはコース取りの差や展開の有利不利などもあったので、まだまだやれそうですけどね。

クラブの馬なので規定通り引退。

ルメール騎手のコメント見ると引退知らない感じがして悲しいですね。

 

スポンサーリンク

中山牝馬ステークス2017レース後コメント

1着 トーセンビクトリー(武豊騎手)

「強かったですね。スタートもよかったですしある程度前につけて、行く馬がいなければハナに行ってもいいと考えていました。いい手応えで運べて、スムーズに外へ出して伸びてくれれば……と思っていました。あのポジションで我慢できたというところに、成長を感じました。早くから素質を感じていましたし、まだまだやれると思います」

(角居勝彦調教師)
「血統的に期待していた馬ですし、しっかり食べてくれてトレーニングできるようになりました。この後はジョッキーとも相談しますが、賞金を加算出来たのは大きいですね」

2着 マジックタイム(C.ルメール騎手)
「いい状態でいい脚を使ってくれましたが、今日は流れが遅かったです。勝ち馬は2番手からでしたし、僕の馬は大外から凄く頑張っています。コンディションは今までより良くなっています」

3着 クインズミラーグロ(蛯名正義騎手)
「突き抜けそうな雰囲気がありました。今良くなっている途中です。ゲートの中がうるさいので、落ち着いてくれるといいのですが……」

4着 パールコード(川田将雅騎手)
「休み明けで力みがありました。これで変わってくるでしょう」

5着 デニムアンドルビー(A.シュタルケ騎手)
「ゲートが速くない馬です。ゴールまでしっかりファイトしてくれましたが、スローでなければもっと走ってくれたでしょう」

6着 ウキヨノカゼ(田辺裕信騎手)
「ペースが流れれば、結果が違ったかもしれません。最後はいい脚を使っています。折り合いは大丈夫そうでした」

7着 サンソヴール(津村騎手)
「前走と同じような競馬を意識したが、きょうは序盤で脚を使ったのがもったいなかった」

8着 フロンテアクイーン(北村宏司騎手)
「テンションが高くて、レース前から高ぶっていました。それでもスタートは出ましたし、馬の後ろで我慢は利いていましたが、走りに力みがあった分、3~4コーナーでうまく加速出来ませんでした。今後はこの形の競馬を覚えていって、メリハリをつけて走れるようになってくれればと思います」

9着 シャルール(松永幹調教師)
「乗り難しい馬だが、きょうは走る兆しを見せてくれた」

10着 ビッシュ(戸崎圭太騎手)
「いい感じで行っていましたが、久々の分でしょうか……」

11着 ヒルノマテーラ(岩田騎手)
「馬の雰囲気は良かった。最後は伸びていた」

12着 プリメラアスール(石川騎手)
「自分の競馬はできた」

13着 ハピネスダンサー(内田騎手)
「勝ち馬と一緒にいったけど、離された」

14着 メイショウマンボ(飯田祐調教師)
「今後のことは来週、オーナーと話すことになっています」

16着 ウインリバティ(松岡騎手)
「積極的にいったが、周りが強かった。力は出している」

http://keiba.radionikkei.jp

http://www.hochi.co.jp

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ