武蔵野ステークス 2017レース後コメント

レース後コメントスローガン武蔵野ステークス2017が開催されました。

騎手や調教師のレース後コメントを掲載しています。

 

勝ったのは6番人気インカンテーション。

2着に8番人気サンライズソア、3着に15番人気アキトクレッセント。

4着に7番人気ノンコノユメ、5着に2番人気カフジテイク。

 

1番人気サンライズノヴァは12着。

6番人気8番人気15番人気の決着で3連単は1,783,490円。

 

ケガから復帰後、そこそこ乗れている感じのある三浦騎手ですが、復帰後初の重賞制覇。

なんか一皮むけた感じがしますね。

ちょくちょく穴出しますし、そのうちGⅠを獲るような気もします。

 

毎度のことながらダート戦線は来てもおかしくないベテラン多すぎて買い目絞れません。

スポンサーリンク

武蔵野S2017レース後コメント

1着 インカンテーション(三浦騎手)
「復帰してから良い時も悪い時もありましたが、こういう世界に戻ってきたんだなと実感出来ていましたし、その中で重賞を勝ててこれからの弾みになります。返し馬から状態の良さが伝わってきましたし、ゲートを出れば強気の競馬をしようと思っていました。ペースが落ち着きましたし、これなら4コーナーで強気に行けると感じましたね。ヨーイドンの競馬でもよく踏ん張ってくれましたし、使って良くなると思いますから、GIでも楽しみです」

(羽月友彦調教師)
「ジョッキーに、正攻法でお願いします、と伝えていたが、想像以上に良いレースをしてくれました。馬はまだまだ老けていませんし、ようやく筋肉がついてきたという印象です。次走については現時点では未定です」

2着 サンライズソア(吉田豊騎手)
「いい感じで走ることが出来ました。ハナを他の馬に主張されたので2番手になったが、ハナに行った方が良かったかもしれません。スタートの時にゲートに馬体をこすってしまったので、スムースに行けたら交わせていたと思います」

3着 アキトクレッセント(荻野極騎手)
「追い切りの動きが良く、道中もリズム良く運べました。ポジションも取れて折り合いもつきましたし、今日は大きな収穫でした。距離は1800mくらいまで延びても大丈夫でしょう」

4着 ノンコノユメ(C.デムーロ騎手)
「スタートが悪く、道中も外を回されました。久々の分もあり、最後止まってしまいましたが、本番に向けてはいいレースが出来たと思います」

5着 カフジテイク(福永騎手)
「結果的にスローになってしまいましたからね。脚は使っていますが届きませんでした。前回も同じような流れで、(流れに)乗せて行ったら反応し切れなかったのでタメて行ったのですが、下げすぎたかもしれません。馬の状態は良くなっていたのですが…」

6着 ピオネロ(シュミノー騎手)
「どうしてこの距離を使ったのだろう。1800メートル以上がいい。あんな後ろから最後は伸びてくれたので、能力はある」

7着 ベストウォーリア(ルメール騎手)
「マイペースで逃げることが出来ましたが、最後は疲れて止まりました。今日は少し馬体が重く感じました」

8着 メイショウウタゲ(柴田善騎手)
「もう少し流れてほしかった」

9着 モーニン(石坂正調教師)
「ジョッキー(横山典弘騎手)に『走り切っていない』と言われてしまった」

10着 クインズサターン(北村宏騎手)
「スタートでつまずいてあのポジションになった。内枠だったこともあり、内でロスなく運んだが、そこから流れなかった。最後はきている。展開が向けば上位に来られる力を感じた」

11着 ロワジャルダン(大野騎手)
「1回使って状態は上向いていたが、流れに乗れなかった」

12着 サンライズノヴァ(戸崎騎手)
「道中のペースが遅かったのもあるが、馬も気負っていた。勝負どころでかんだ時に手応えがなかった。まだ若さがある」

13着 ゴールデンバローズ(ムーア騎手)
「馬は去年より良くなっていますが、もっと距離があった方がいい馬になってしまっています。1600mは少し忙しかったです」

14着 ラストダンサー(田辺騎手)
「気が良くなかった。スタートは悪くなかったが、(他馬に対して)どうぞ、どうぞという感じで前向きさがなかった」

15着 ブラゾンドゥリス(内田博騎手)
「久々だったし、積極的に行き過ぎるのもな、と。いい感じで4コーナーを回れたが、そこから反応がいまいち。使ってからかな」

16着 チャーリーブレイヴ(蛯名騎手)
「いい位置につけられたが、手応えがなかった」

http://keiba.radionikkei.jp

http://www.hochi.co.jp

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ