2017京都金杯 レース後コメント

レース後コメントスローガン

京都金杯2017が行われました。

騎手や調教師のレース後コメントを掲載しています。

 

勝ったのは1番人気エアスピネル。

2着に6番人気ブラックスピネル、3着に5番人気フィエロ。

4着に2番人気アストラエンブレム、5着に8番人気マイネルハニー。

 

3番人気ブラックムーンは9着。

 

単勝1.8倍と圧倒的な支持を集めたエアスピネルが優勝。

2歳時のデイリー杯2歳S以来の重賞制覇。

 

道中ちょっと口割っていたのでどうなるかと思いましたが、なんとか追撃を凌ぎきりました。

思ったより苦戦した感じでしたが、3000mからの短縮でしたし内容も合格じゃないですかね。

好きな馬なのでどうにかGⅠ勝ってくれたらな、と思います。

 

ブラックスピネルは最内を活かして上手に立ち回ってあわやの2着。

福永騎手はちょっと人気無いくらいだと凄い上手に乗る。

 

フィエロは色々と割引材料ありましたが、自力とコース適正で頑張った感じですね。

 

人気していたアストラエンブレムは出負け気味のスタート。

最後良く伸びてきましたが開幕週の京都だと厳しい。

 

ブラックムーンは直線向いたときエアスピネルとフィエロの間くらいといういいポジションにいましたが伸びず。

溜めてナンボ、って感じなんですかね。

 

愛するダンスインザダーク産駒のケントオーはコンマ5秒差の7着。

内の好位につけて直線向いたので夢を見ました。

馬場が渋れば重賞でも面白いと思います。

渋ろうが渋るまいが出て来るたびに買うと思いますけど。

 

馬券はエアスピネル1頭軸マルチの相手4頭で3連単ゲット。

前行くと思って買っていたミッキージョイが最後方走っててビックリしましたけど。

 

中山は外したのでちょいプラスくらいですけど、まあ幸先の良いスタートかと思います。

目指せ2017年回収率100%!

スポンサーリンク

京都金杯2017レース後コメント

1着 エアスピネル(武豊騎手)
「久しぶりにこの馬で勝てたので嬉しいです。行きっぷりが良かったですし、このくらいの距離が乗りやすいと思います。3~4コーナーでは良い感じで外めを回っていました。直線では弾けると思いましたが、もたついてしまいました。しかし、この馬は地力があります。この馬にかけるものは大きいので、良いスタートが切れて良かったです。今後も楽しみです」

2着 ブラックスピネル(福永祐一騎手)
「勝った馬はGIでも主役級の馬でしたし、かわせそうでかわせませんでした。それでも、内枠を利して、上手く立ち回ってくれました」

3着 フィエロ(S・フォーリー騎手)
「思っていた以上にペースが速かったのですが、前の馬が楽そうに走っていました。これではまずいと思い、位置を上げようと思いましたが、他の馬にブロックされてしまいました。思ったより後ろになりました。直線では前をこじ開けて、エンジンが掛かりましたが、最後の100mでは止まってはいませんが、加速度が変わってしまいました。勝った馬とは位置取りの差だったと思います」

4着 アストラエンブレム(M・デムーロ騎手)
「良く頑張ってくれました。直線では一頭だけ後ろから伸びてきました。勝つと思いましたが、ムチを使うとブレーキをかけるところがあります。相手が強かったです」

5着 マイネルハニー(柴田大知騎手)
「緩いペースの中、出して行って折り合えたのは良かったです。早めに踏んで行っているのですが、仕方がありません。どこかで条件が合えばまた頑張ってくれると思います」

6着 ダンツプリウス(丸山騎手)
「2走目でだいぶ状態はよくなっていましたが、時計が速すぎましたね」

7着 ケントオー(和田騎手)
「内枠から理想的な競馬ができた。まだ迫力が足りないけど、調子は戻ってきたね」

8着 ミッキージョイ(横山典騎手)
「初めての重賞にしてはよく頑張っている。言うことのない内容だった」

9着 ブラックムーン(浜中騎手)
「じっくり構えた方がいい馬ですが、きょうの条件ではそうもいかず早めの競馬をしました。そのぶんもあるでしょうが…。でも、以前より力を付けていることは感じました」

10着 ダイシンサンダー(岩田騎手)
「無理せずいい位置を取れたのに伸びなかった。冬場がよくないのかもしれません」

12着 ペイシャフェリス(秋山騎手)
「いいペースで先行できましたが、きょうのような緩い馬場はひと息です」

13着 ガリバルディ(ルメール騎手)
「ずっと忙しい感じで、反応もひと息。大外枠も難しかった」

14着 テイエムイナズマ(古川騎手)
「勝ち馬の後ろで手応えよく運べたけど、追ってからがひと息でした」

15着 ムーンクレスト(藤岡佑騎手)
「外枠だったので何とか内に潜り込みたかったんですが…」

16着 アルマディヴァン(池添騎手)
「いいポジションから運べましたが、直線まで脚が残っていませんでした」

17着 サクラアドニス(高倉騎手)
「マイルは少し長い感じがしました」

18着 ピークトラム(シュミノー騎手)
「行き脚がつかなかったし、坂の下りでもう手応えがなかった」

http://keiba.radionikkei.jp/

http://www.hochi.co.jp/

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ