ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス 2017レース後コメント

レース後コメントスローガンラジオNIKKEI杯京都2歳S2017が開催されました。

騎手や調教師のレース後コメントを掲載しています。

 

勝ったのは2番人気グレイル。

2着に1番人気のタイムフライヤー、3着に5番人気ケイティクレバー。

4着に7番人気アイトーン、5着に6番人気シスターフラッグ。

 

ハーツクライ産駒のワンツーとなりました。

グレイルはデビュー戦どろんこ馬場で勝って今回は良馬場。

最後は手前変えずに走っていたみたいですし、まだまだ奥のある馬の様な気がします。

まだパンパンの良馬場で走った事がないので高速決着になるとどうかはわかりません。

 

1.7倍と圧倒的な1番人気に推されたタイムフライヤーは最後かわされて2着。

相手が悪かったですね。

 

3着のケイティクレバーは今秋京都で大暴れのハービンジャー産駒。

ハービンジャーはちょっと時計のかかる馬場が向いているんでしょうね。

 

京都2歳ステークスは重賞になってから勝ち馬がその後いまいちなのでグレイルはどうなるか注目です。

スポンサーリンク

ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス2017レース後コメント

1着 グレイル(武豊騎手)
「強かったですね。直線も手前をかえなかったように、まだしっかりしていないところがありますが、その中でもこれだけの走りをしてくれましたからね。前回は道悪をこなして、今回は良馬場で勝ってくれましたし、素質を感じます。明日(ジャパンC)もこの調子で結果を出したいですね」

(野中賢二調教師)
「調教の反応が初戦の時よりも良くなっていました。ただ、直線で手前をかえなかったように、まだ完成していません。今日勝ってゆったりしたローテーションを組めますし、次は来年になってからですね。どこから始動するかは、オーナーとも相談して決めようと思います」

2着 タイムフライヤー(C・デムーロ騎手)
「好位で運んで、ラストもしっかり伸びています。今日は勝った馬が強かったです」

3着 ケイティクレバー(小林騎手)
「内枠でしたし、スタートもよくなっているので、無理をせずあの位置から。よく頑張ってくれていますが…。残念でした」

4着 アイトーン(国分恭騎手)
「1、2コーナーでハミをかみましたが、その後はスムーズ。勝ちに行こうと思って、早めに動いていきました」

5着 シスターフラッグ(岩田康誠騎手)
「夏場より馬が良くなっていました。距離はもっとあっても良いと思います。これからも成長すると思います」

6着 ナムラアッパレ(国分優作騎手)
「折り合いに心配がなく、楽に行けました。初めての距離でも伸びてくれました。器用に走れる馬です。使い詰めでも毎回頑張ってくれます」

7着 マイハートビート(幸騎手)
「もともとゲートはゆっくりなので、後ろからの競馬は想定済み。外を回ったぶんもありますが、一瞬の切れを生かした方がいいのかもしれません」

8着 スラッシュメタル(Mデムーロ騎手)
「初めて乗ったのでよくわからないが、全く反応がなかった」

9着 ランリーナ(長岡騎手)
「勝ち馬の後ろからロスなく運べましたが、最後は離されてしまいました」

http://keiba.radionikkei.jp

http://www.hochi.co.jp

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ