小倉2歳ステークス 2017レース後コメント 全馬掲載

レース後コメントスローガン小倉2歳ステークス2017が開催されました。

騎手や調教師のレース後コメントを掲載しています。

 

勝ったのは3番人気アサクサゲンキ。

2着に5番人気アイアンクロー、3着に7番人気バーニングペスカ。

4着に2番人気ヴァイザー、5着に12番人気イイコトズクシ。

 

武豊騎手が北九州記念に続いて小倉のスプリント重賞を制覇。

最終週らしく外枠決着となりました。

 

1番人気のモズスーパーフレアは7着。

藤田菜々子騎手騎乗の6番人気フローラルシトラスは最下位でした。

フローラルシトラスは昨年このレースでワンツーを決めたキンシャサノキセキ産駒でしたし、ちょっと面白いかと思いましたが残念な結果に。

モズスーパーフレア共々、出して行った馬にはちょっと厳しい展開になった感があります。

 

個人的に上位馬で今後楽しみだと思うのは2着のアイアンクロー。

あまり人気しそうな血統でもないですし、どこかで穴をあけてくれそうな予感。

スポンサーリンク

小倉2歳ステークス2017レース後コメント

1着 アサクサゲンキ(武豊騎手)
「スタートが良く、道中もいい感じで走ってくれました。手応えが良かったので早めに先頭に立ちましたが、押し切ってくれると思っていました。競馬で初めて乗りましたが、強くなっているみたいです。ヤンチャなところがありますが、まだ伸びしろがあるのだと思います。いい形で締めくくれましたし、また秋に向けて頑張りたいです」

2着 アイアンクロー(浜中騎手)
「枠が良かったです。レースも勝ち馬を見ながらスムースに行けましたが、残念でした」

3着 バーニングペスカ(川須騎手)
「位置取りを意識せずに運びました。馬群のなかで力む面はありましたが、それでもしっかり伸びてくれました。走る馬ですね」

4着 ヴァイザー(北村友騎手)
「ゲートをスムーズに出て流れに乗れましたが、4コーナーで外からよれてきた馬と接触する大きな不利がありましたから…」

5着 イイコトズクシ(荻野極騎手)
「道中は少し後ろの位置取りになりましたが、コーナーで差を詰める感じで乗りました。馬場の悪い内側でも反応して伸びてくれました」

6着 ペイシャルアス(川田騎手)
「連闘の影響か、前半は進んでいきませんでした。最後はいい脚を使ってくれているんですが…」

7着 モズスーパーフレア(松若騎手)
「スタートは決まりましたが、道中、ハミを噛んでしまいました」

8着 スーサンドン(和田騎手)
「ゲートを出てから後肢を落として後方からになったし、馬込みも気にしていた。ただ、最後の伸びはよかったし、確かな能力は持っている」

9着 タイセイソニック(鮫島駿騎手)
「道中はハミをかみながらも、最後は伸びていました。折り合いをつけられれば、もっと走れていたと思います」

10着 オーロスターキス(川島騎手)
「スタートセンスがよく、いいレースができました。いいモノを持っているし、これから力をつけていけば」

11着 ルリハリ(嘉藤騎手)
「思い通りの位置でスムーズに運ぶことはできました」

12着 シトリカ(小牧騎手)
「スタートでぶつけられてひるんでしまった」

13着 ナムラアッパレ(太宰騎手)
「4角から一気に苦しくなってしまいました」

14着 テイエムスグレモン(松山騎手)
「舌をくくった影響で喉の調子はよくなっていましたが、この距離は忙しい感じでした」

15着 ナムラバンザイ(田中健騎手)
「もっと行きたかったんですが、周りが速くて」

16着 ジュンドリーム(幸騎手)
「4コーナーあたりから外へ逃げる走りに。そのあたりが解消すれば、もっと走れると思います」

17着 ニシノダンテ(三津谷騎手)
「ダートの時のような行き脚がつきませんでした」

18着 フローラルシトラス(藤田騎手)
「このメンバーでもハナに行けるスピードはありましたが、パワーがある方ではないので、荒れた馬場は合わない感じでした」

●小倉2歳ステークスの表彰式プレゼンターを務めた尾上松也さんのコメント
「小倉競馬場はご家族連れも多く、レジャー施設として広く受け入れられている印象でした。
ファンの皆様もフレンドリーでアットホームな競馬場だなと感じました。
プレゼンターは、これから先の競馬界で活躍していく若駒たちのレースということもあり、大変緊張しました。
しかしながら、関係者の皆様の期待を背負った馬たちが懸命に走った後の表彰式であり、清々しい気持ちで務めさせていただきました」

http://keiba.radionikkei.jp

http://www.hochi.co.jp

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ