金鯱賞2017レース後コメント 全馬掲載

レース後コメントスローガン

金鯱賞2017が開催されました。

騎手や調教師のレース後コメントを掲載しています。

 

勝ったのは1番人気ヤマカツエース。

2着に7番人気ロードヴァンドール、3着に13番人気スズカデヴィアス。

4着に11番人気ナスノセイカン、5着に9番人気ルミナスウォーリアー。

 

人気所だと

  • 2番人気プロディガルサンは7着
  • 3番人気ステファノスは6着
  • 4番人気ルージュバックは8着
  • 5番人気サトノノブレスは11着

 

激戦の2着争いをしり目にヤマカツーエスが完勝。

中京コースとの相性の良さもあるんでしょうけど、本当に強くなってる気がします。

昨年の金鯱賞の時点で+20キロ、有馬と今回でそれぞれ+4キロ、+8キロ。

さすがにちょっと今回は余裕残しな感じだったみたいですけど、絞れて来れば大阪杯でも相当面白そう。

どうせキタサンが人気するでしょうし、この馬から行くのもありですね。

 

2着のロードヴァンドールは平均ペースの逃げで逃げ粘り。

開幕週も味方したかと思いますが、前走小倉大賞典が濃い内容だったので納得の結果かと。

 

ルージュバックは右回りとか左回りとかじゃなく1800とか2200とかの半端な距離が合うんだろうと思ってます。

宝塚記念で人気無かったらちょっと買ってみようかと思ってます。

出るのかどうか知りませんけど。

スポンサーリンク

金鯱賞2017レース後コメント

1着 ヤマカツエース(池添騎手)
「今回、さらに力をつけている印象を受けました。まだ体に余裕がありましたから、次のGIで良くなると思います。他の馬より斤量が1キロ重い中、キッチリ勝ってくれました。目指すところはもうGIだけです。大目標に向けてしっかりやっていきたいと思います」

2着 ロードヴァンドール(太宰騎手)
「一歩目は遅かったですが、主張してマイペースで行けました。最後は勝った馬と馬体があっていれば良かったのですが、それでもこれからが楽しみです」

3着 スズカデヴィアス(藤岡佑騎手)
「勝った馬をマークしながら、終始手応え良く運べました。少し左へモタれるところがありましたが、しっかり差し脚を伸ばせるようになりました」

4着 ナスノセイカン(丸山騎手)
「少し追い出しを待たされるところはありましたが、馬込みでも競馬は出来ましたし、収穫がありました」

5着 ルミナスウォリアー(柴山騎手)
「ある程度出して行き、勝ち馬を見ながら思い通りの位置が取れました。最後は切れ味の差が出ましたが、だんだん良くなっています」

6着 ステファノス(川田騎手)
「スムースに競馬は出来ましたが、直線、伸び切れませんでした」

7着 プロディガルサン(田辺騎手)
「よく分かりません」

8着 ルージュバック(戸崎騎手)
「外へ出すに出せず、内しかなかった。器用さがあればいいんですが…。雰囲気は良かったんですけどね」

9着 タッチングスピーチ(ルメール騎手)
「ブリンカー着用は良かったと思う。直線でも少しは伸びているけど…」

10着 ヌーヴォレコルト(岩田騎手)
「展開ひとつで着順はゴロッと変わりそうなんですけどね。馬はすごく元気です。ただ、前走(中山記念7着)もですが、もっと内めの枠が欲しかったです」

11着 サトノノブレス(秋山騎手)
「着順ほど負けてないんですが、じりっぽい。間隔が空いていた影響があったかもしれません」

12着 アングライフェン(藤岡康騎手)
「リズムよく運ぼうと思って、(後方の)あの位置から運びました。ラストもじりじり脚を使ってくれています」

13着 ヒットザターゲット(古川騎手)
「ちょっとずぶくなってますが、最後は差のないところまできています」

14着 ヒストリカル(高倉騎手)
「脚は使っていますが、展開次第の馬ですから」

15着 フルーキー(松岡騎手)
「前に行ってほしいという指示だったが、かかってしまった」

16着 パドルウィール(松山騎手)
「暮れの金鯱賞と同じようにレースは出来ましたが、逃げた馬が粘っているのですから、もう少し頑張ってほしかったです」

http://keiba.radionikkei.jp

http://www.hochi.co.jp

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ