菊花賞 2017レース後コメント | キセキは欧州の馬場も合うんじゃね?

レース後コメントスローガン菊花賞2017が開催されました。

騎手や調教師のレース後コメントを掲載しています。

 

勝ったのは1番人気キセキ。

2着に10番人気クリンチャー、3着に13番人気ポポカテペトル。

4着に11番人気マイネルヴンシュ、5着に4番人気ダンビュライト。

 

2番人気アルアインは7着。

3番人気ミッキースワローは6着。

 

牡馬クラシック最後の1冠はキセキが優勝。

台風の影響でまれに見る極悪馬場でしたが、最後外から良く伸びました。

勝ちタイムは3.18.9。

エピファネイアが勝った時は不良馬場で3.05.2だったので、本当にどえらい馬場でした。

アルアインのルメール騎手が4000mみたいだった、とコメントしていたのも印象的。

3コーナーくらいから続々と脱落していく馬がいるレースなんて初めて見たかもしれません。

 

父のルーラーシップが重馬場強い馬だったのでしっかりと子供にも受け継がれていますね。

気の早い話ですが、ヨーロッパの馬場も合いそうな気が。

来年の凱旋門賞行って欲しいですね。

キンカメ・ディープ・エアグルーヴという日本競馬の結晶みたいな血統している馬なので海外で活躍してくれると盛り上がりますね。

 

10番人気クリンチャーは勝ちに行く競馬をして2着。

皐月賞の内容もそうですが、タフな競馬だと持ち味がでるタイプですね。

最近の傾向からするととっくに乗り代わりになっていてもおかしくないのですが、藤岡騎手が続投に応えました。

なんとなくサウンズオブアースみたいになりそうな予感。

 

ポポカテペトルはこの馬場で引っ掛かるという変わり者。

兄のマウントロブソン共々今後道悪だと人気になりそう。

個人的には1.2.4.5着の3連単持っていたので非常に恨めしいです。

 

かなり特殊な馬場で行われたレースですので、走った馬の今後の反動などが心配。

しっかりと休ませてあげて欲しいですね。

スポンサーリンク

菊花賞2017レース後コメント

1着 キセキ(M.デムーロ騎手)
「大変なコンディションでのレースでしたが、レース前から自信を持っていました。テンションの高い馬なので折り合いを心配していましたが、賢い馬なのでスタートからいい走りでした。思った通りの強さでした。レース後はとても疲れていました」

2着 クリンチャー(藤岡佑介騎手)
「タフな条件の中、外から自分で動いて行くタフなレースをしましたが、馬がよく応えてくれました。4コーナーで手綱を持ったまま抜け出してのレースでしたが、あそこまで行くなら勝ちたかったですね。しかし賞金も加算出来ましたし、来年につながるレースが出来たと思います」

3着 ポポカテペトル(和田竜二騎手)
「道悪が上手なんでしょうね。周りの馬が押している中で行きっぷりが良すぎて引っ掛かっていました。こういう条件なら強い馬なのだと思います」

4着 マイネルヴンシュ(柴田大騎手)
「馬場は気にしなかったが、周りを気にしてハミを取らなかった。それでもスタミナがあるので、最後はしっかりと脚を使ってくれました」

5着 ダンビュライト(武豊騎手)
「しようと思っていたレースは出来ました。いい感じでレースを出来たと思います。ラストは力尽きた感じでした。1周目に少し力んだ分があるかもしれません」

6着 ミッキースワロー(横山典弘騎手)
「今日はひどい馬場になってしまいました。馬は頑張って走ってくれました」

7着 アルアイン(C.ルメール騎手)
「ダンビュライトの後ろのいいポジションでレースが出来ました。最後は疲れてしまいました。直線でレースをやめる感じでした」

8着 クリノヤマトノオー(幸騎手)
「課題と思っていた折り合いはつきました。4コーナーをいい手応えで回れましたし、こういう馬場も合うようです」

9着 プラチナヴォイス(田辺騎手)
「ゲートの中で落ち着きがなく、発馬がひと息。気持ちのコントロールができるようになれば」

10着 サトノクロニクル(福永祐一騎手)
「こういう馬場でも期待していたのですが、1コーナーで大きくのめってしまい、そこから(行きっぷりが)怪しくなりました」

11着 サトノアーサー(川田将雅騎手)
「かわいそうな条件の中、目一杯走ってくれました。頑張ってくれたのですが、厳しい条件でしたから、レース後何もなければいいと思います」

12着 ブレスジャーニー(柴田善騎手)
「3角手前で苦しそうになりながらも、もう一度反応してくれた」

13着 ベストアプローチ(岩田騎手)
「メンコ(覆面)を外して行きっぷりがよくなって、いい位置を取れました。ただ、この馬場は厳しかったです。引っ張っているうちはいいんですが、追ってからかなりのめっていました」

14着 スティッフェリオ(松若騎手)
「いい位置で運べましたが、早めに手応えがなくなってしまいました」

15着 トリコロールブルー(戸崎騎手)
「馬場はこなしてくれましたが、距離が少し長いように感じました」

16着 ウインガナドル(津村明秀騎手)
「1周目でリズムを崩す形になってきついレースになってしまいました」

17着 アダムバローズ(池添騎手)
「3番手からうまく先行できましたが、4角手前でいっぱいになりました」

18着 マイスタイル(四位騎手)
「道悪にまったく対応できなかった」

http://keiba.radionikkei.jp

http://www.hochi.co.jp

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ