キーンランドカップ-2017 レース後コメント シュウジは大差の最下位

レース後コメントスローガンキーンランドカップ2017が開催されました。

騎手や調教師のレース後コメントを掲載しています。

 

勝ったのは12番人気エポワス。

2着に2番人気ソルヴェイグ、3着に5番人気ナックビーナス。

4着に11番人気フムノムーン、5着に13番人気ライトフェアリー。

 

ブービー人気の9歳セン馬、エポワスが優勝。

前走は人気を裏切りましたが、ルメール騎手に乗り替わって激走。

今年のルメールはアドマイヤリード、フェイムゲーム、エポワスとあまり人気なくても突っ込んできますね。

重賞で人気薄に乗った時のルメールの回収率高そうです。

 

1番人気のモンドキャンノは6着。

3番人気のシュウジは最下位の13着。しかも12着馬とは大差。

 

シュウジは今の所走る気無くしてるのかもしれませんね。

モレイラ騎乗、陣営の今回は控える競馬発言と復活の兆しはあったように思いますが…。

 

1番人気のモンドキャンノが単勝4.3倍とかなり割れたオッズだったこともあり、12.2.5番人気での決着なのに三連単114,130円と控えめの配当。

これ当てた人は配当見てかなりがっかりしてそうな気がします。

10万馬券なんて取れるだけで十分な気もしますけど。

 

個人的にノボバカラに注目していたのですが10着。

初芝となった函館スプリントで最速の上がり使っていたので、函館より時計かかる札幌なら面白いんじゃないかと思ったのですが。

これでダートに戻ったりせず、もうちょっと芝使ってみて欲しいです。

まあ今回はBS11で東幹久さんが名前上げた時点で見送るべきでした…。

スポンサーリンク

キーンランドカップ2017レース後コメント

1着 エポワス(ルメール騎手)
「追い切りで、馬が走りたがっていましたので、少し自信がありましたし、ちょうど良いコンディションでした。ただ、相手が強いので、3着、4着くらいかと思いましたが、直線ラスト150mはよく伸びてくれました。最初は少し忙しかったのですが、よく我慢してくれました。プレッシャーなく走れていましたし、直線、馬場の真ん中に出して、進路が空くとよく伸びてくれました」

2着 ソルヴェイグ(川田騎手)
「馬場の内側が良くないので、馬場を選びながらレースを進めました。直線、1頭になる時間が長く、終始フワフワしていました。近づいてつついてくれる馬がいてくれれば良かったのですが、その分、勝ち馬にスパッとやられてしまいました」

3着 ナックビーナス(杉浦宏昭調教師)
「去年に比べても追い切りの動きは悪くなく、状態は良かったと思います。レースでも頑張ってくれましたし、これくらいは走れる馬です」

4着 フミノムーン(勝浦騎手)
「久しぶりに乗せていただきましたが、落ち着きがあり、いい雰囲気でした。馬は本当に良くなっていました。立ち回り一つだったと思います」

6着 モンドキャンノ(戸崎騎手)
「道中はリズム良く行けました。外から動いた時に外にモタれるところがありました。もう少し我慢して切れ味勝負でいっても良かったかもしれません」

7着 メイソンジュニア(Mデムーロ騎手)
「今日はイレ込んでいたね。いいスタートを切ったが、直線はすぐに止まってしまった」

8着 ネロ(中野省騎手)
「リズム良く運ばせてあげられなかったので」

9着 イッテツ(藤岡佑騎手)
「出来れば行きたかったのですが、初速が足りず、行けませんでした。揉まれる形になり、内枠がアダになりました」

10着 ノボバカラ(田辺騎手)
「スタートは良かったんですが、ついていけなかった。脚をためていこうかなと思ったら、ずるずる下がってしまった。芝の短距離は忙しいのかな」

11着 ブランボヌール(三浦騎手)
「馬場のいい外側を選んで走れ、雰囲気は良かったのですが、4コーナーで手応えが悪くなってしまいました。こんな馬ではないのですが…」

12着 ヒルノデイバロー(四位騎手)
「スタートは、そこそこ出たんだけど、内の馬場が悪くて追走に苦労した。思いのほか、ついていけなかった」

13着 シュウジ(モレイラ騎手)
「いいスタートで、道中もスムースでした。残り600mくらいのところで仕掛けましたが、馬が反応してくれませんでした」

http://keiba.radionikkei.jp

http://www.hochi.co.jp

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ