ジャパンカップ 2017レース後コメント | シュヴァルグランGⅠ初制覇・キタサン落鉄

レース後コメントスローガンジャパンカップ2017が開催されました。

騎手や調教師のレース後コメントを掲載しています。

 

勝ったのは5番人気シュヴァルグラン。

2着に2番人気レイデオロ、3着に1番人気キタサンブラック。

4着に6番人気マカヒキ、5着に10番人気アイダホ。

 

3番人気サトノクラウンは10着。

4番人気ソウルスターリングは7着。

 

シュヴァルグランが悲願のGⅠ初制覇。

ムーア騎手との兼ね合いで直前になって決まった鞍上ボウマン騎手はJRAのGⅠ初優勝。

最内枠を活かして無駄のない立ち回りで最後は突き抜けました。

昨年と違い京都大賞典からここに絞ったローテが功を奏した形に。

 

レイデオロは少し後ろからのレースとなりましたが最後は良く伸びて2着。

この秋大暴れの3歳馬ですが、大将格として力は示したかと。

有馬記念出て欲しかったですが年内は休養との事。

春は大阪杯or海外ですかね。

 

キタサンブラックは落鉄もあっていつもの伸びが見られず3着。

いよいよ次走の有馬記念がラストラン。

サブちゃん的には有馬が一番取りたいGⅠなのかな、と思うので、究極の仕上げで挑んできそう。

GⅠレース7勝のタイ記録に並べるか。

シュヴァルとの馬連が勝負馬券だったのでどうにか2着に踏ん張って欲しかった…。

 

マカヒキが4着と奮闘。

復調気配を感じますが、3着との4馬身差はもう縮まることは無い気が。

いっそ安田記念とか狙った方がまだGⅠ制覇のチャンスあるんじゃなかろうか。

 

ムーアがしゃーなしで乗っていると思われたアイダホが5着。

これはびっくり。

 

しっかし佐々木オーナー凄いですね。

ハルーワスウィートに一目ぼれして子供買ってる話は有名ですが、5頭の産駒のうちGⅠ勝ちが3頭。

田中マー君も将来こんな感じになるんですかね。

スポンサーリンク

ジャパンカップ2017レース後コメント

1着 シュヴァルグラン(H・ボウマン騎手)
「ありがとうございました。枠がとても良かったので、徹底的にキタサンブラックをマークしました。キタサンブラックが強いことはわかっていたので簡単にはかわせないだろうと思いましたが、最後まで一歩ずつつめて頑張ってくれました。調教で初めて乗った時すごく良い馬だと感じ、去年よりも成長しているだろうと思いました。とてもスムーズに行けて良かったです」

(友道康夫調教師)
「これまで何度かGIに挑戦してきましたが、この馬がGIを勝てて本当に嬉しいです。また、佐々木オーナーが牡馬でGIを勝っていませんでしたから、それをプレゼントできたことも良かったです。本当にいい状態で来られましたから、自信を持って臨めました。ボウマン騎手には追い切りに乗ってもらい、VTRも見てもらい、あとは枠順だけだなと話していたところ、木曜日に枠順が決まり、彼が喜んでいたので良かったです。レースはキタサンブラックが行くことを想定していましたし、その後ろで運べればと思っていましたから、その通りになりました。残り50mまで勝てるかどうかわかりませんでしたが、直線は力が入りました。私の厩舎があるのは、この馬の母ハルーワスウィートのおかげです。そして、これで3頭目のGIホースを出してくれて、感謝の気持ちしかありません。この後は予定通り有馬記念に向かいます。次で秋3戦目、大きな自信を持って臨めそうです」

2着 レイデオロ(C・ルメール騎手)
「一歩目が速くなかったです。でもこれはいつものことで、あとはスムーズなレースが出来ました。最後も外を伸びて、いいレースはできました。他のメンバーが強かったです」

(藤沢和雄調教師)
「惜しかったです。スタートは前回より良くなりました。終いは(ジョッキーに)怒られながらよく走っていたと思います。このレースは3歳馬には厳しいレースです。この後は休養に入ります」

3着 キタサンブラック(武豊騎手)
「残念です。馬の状態も良かったし、スタートも良かったし、いいレースが出来たと思います。最後にもう少し突き離すと思いましたが、もうひとつ伸びませんでした。レース後、左前脚を落鉄していたのがわかったので、とにかく残念です。改めて、全部勝つのは難しいです。とにかく勝って最後を締めくくりたいです」

(清水久詞調教師)
「左前脚の落鉄を見つけました。良いペースで運ぶことができ、去年よりもタイムもつめているので、仕方がないです。まずは無事であることを確認してから、有馬記念は目一杯仕上げます」

4着 マカヒキ(内田博幸騎手)
「4コーナーでレイデオロと一緒に動けるかと思ったのですが、思ったほど伸びませんでした。馬は秋になって良くなっていたのですが、結果が出ず残念です」

5着 アイダホ(T・コマフォード調教助手)
「14番枠という枠でも好走できたことは非常に喜ばしいです。調教師も映像で走りを確認し満足しています。この大観衆の中でもいい走りが出来たことは大きな収穫でした。騎乗していたムーア騎手もベストの走りのひとつだったと評価していました」

6着 レインボーライン(岩田康誠騎手)
「ダッシュがつかずに後ろからになりました。よく伸びてはいたのですが、中団くらいにつけられれば、また少し違ったかもしれません」

7着 ソウルスターリング(C・デムーロ騎手)
「コントロールは利きましたが、かなり力んで走っていました。直線では手応えがありませんでした」

(藤沢和雄調教師)
「いくらか掛かり気味でした。男馬相手はつらかったかもしれません。来年はエリザベス女王杯などを視野に考えたいと思います」

8着 ヤマカツエース(池添謙一騎手)
「外枠なので内に入れたかったのですが、内に入るのに時間がかかってしまいました。直線は伸びてはいますが、枠の差が堪えました」

9着 ギニョール(F・ミナリク騎手)
「キタサンブラックを目標にして追走し、良い形で進めることが出来ましたが、最後は伸び切れませんでした。昨年のイキートスほどではないかもしれませんが、ドイツ馬を代表して良いレースが出来たと思います」

(J・カルヴァロ調教師)
「前後に1、2着馬がいる形で、終始良い流れのレースが出来たと思います。最後は疲れが出ましたが、シーズン最後のレースで1年の疲れや移動の疲れが残っていたのかもしれません。それがなければと思う内容でした」

10着 サトノクラウン(M・デムーロ騎手)
「スタートも良かったし、ポジションもコース取りも思った通りでした。4コーナーでレイデオロと一緒に伸びると思ったのですが…」

11着 シャケトラ(福永祐一騎手)
「やりたい競馬は出来ました。4コーナーでも手応え十分で回ってきて、これならと思いましたが、最後伸び切れませんでした。まだ力の差があるのでしょうか」

12着(同着) サウンズオブアース(田辺裕信騎手)
「このところ、少し先行してダラダラしてしまっているので、ためて行きました。4コーナーの反応がいまひとつでした。位置取りは悪くなかったと思います」

12着(同着) ブームタイム(C・パリッシュ騎手)
「スタートは問題なく、道中もスムーズにレースを運べました。直線に向いてからスパートしましたが、他の馬が速くタフなレースになりました。彼の力は出せたと思います」

ブームタイム(D・へイズ馬主兼調教師)
「エキサイティングな時間を過ごせました。レースはスペースがなく苦しいところもありました。それがなければもう少し上の着順もあったと思います。でも全体的な結果には満足しています」

15着 イキートス(D・ポルク騎手)
「スタートで少し挟まれてしまい、良い位置が取れませんでした。後方からレースを進めて4コーナーでスパートしましたが、他の馬の方が速かったです。馬はとても頑張ってくれていました」

15着 イキートス(H・グリューシェル調教師)
「中団くらいにいて欲しかったのですが、位置取りが後ろすぎました。直線でも入る隙がなく残念でした。今日の馬場もちょっと合っていなかったと思います」

17着 ディサイファ(柴山雄一騎手)
「キタサンブラックを見ながらいいリズムで運べましたが、直線で他の馬に来られて馬が嫌になってしまいました。他のメンバーも強かったです」

http://keiba.radionikkei.jp

http://www.hochi.co.jp

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ