ホープフルステークス 2017レース後コメント | ハーツクライ産駒右回りのGⅠ初制覇

レース後コメントスローガンホープフルステークス2017が開催されました。

騎手や調教師のレース後コメントを掲載しています。

 

勝ったのは1番人気タイムフライヤー。

2着に4番人気ジャンダルム、3着に8番人気ステイフーリッシュ。

4着に5番人気サンリヴァル、5着に10番人気ナスノシンフォニー。

 

今年からGⅠに昇格したホープフルステークス。

初代王者に輝いたのはタイムフライヤー。

私の記憶が確かなら、ハーツクライ産駒が右回りのGⅠ勝つのはこれが初めてかと。

ハーツ産駒は海外GⅠ勝ちもありますが、海外のレースも見事に全部左回りだった様な。

個人的にハーツクライ産駒は右回りのGⅠだと2着まで、と決めつけてずっと買っていたのでタイムフライヤー頭では買えませんでした…。

こういうジンクスみたいなのって一度崩れるとその後全く効果無い気がするので今後右回りのGⅠでハーツ産駒が勝つことが増えるかも。

 

2着に距離不安の囁かれていたジャンダルム。

武騎手がここも勝って再び全GⅠ制覇にリーチかけるかと思いましたが惜しくも2着。

2000mまではいけそうですけど、それ以上に距離伸びると怪しそうな気も。

 

3着は中山巧者ステイゴールド産駒のステイフーリッシュ。

1戦1勝馬でしたが、最後は見事な伸びでした。

京成杯とか格的にもぴったりな気がします。

 

父ハーツクライ×母父Unbridled’s Songというスワーヴリチャード配合のナスノシンフォニーが最後大外から伸びて5着。

有馬記念でも大外のサウンズオブアース最後伸びていたし面白いかと思ってステイフーリッシュとのワイド勝ってました。

馬券に絡む気配無かったですけど8番人気と10番人気買って3着と5着なら着眼点は悪くなかったハズ…という何の意味もない胸の張り方をしています。

ちなみに終わってみればどうせディープのパターンもあるかと思ってトライン頭の馬券も持ってました…。

トラインはレース後に左後肢跛行と発表。

程度のほどはわかりませんが、最悪の事態は免れたのが不幸中の幸いかと。

 

タイムフライヤーは見事な勝ちっぷりでしたけど、正直このレースのレベルがどれほどのものなのかまだわかりません。

皐月賞で人気になるようなら嫌ってみようかなーと思っています。

 

12月28日をもって2017年の中央競馬の日程が終了。

2018年は1月6日の東西金杯からスタート。

いきなりの3日間開催なので新年早々スッカラカンになる可能性のある年初めです。

 

今年一年、サイトを訪れて下さった方々ありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。

スポンサーリンク

2017年ホープフルステークスレース後コメント

1着 タイムフライヤー(C.デムーロ騎手)
「ペースが速かったので慌てずに後ろからレースをしました。ジャンダルムの後ろでスペースが空くのを待っていました。距離も能力も十分足りると思います。身体に幼い所がありますが来年が楽しみです」

2着 ジャンダルム(武豊騎手)
「距離はまったく問題なくこなしてくれました。スタートしてから2ハロンくらいまでは行きたがりましたが、そこからは落ち着いてくれました。3戦目ということもあり最後は苦しくなりました。あそこまでいったら勝ちたかったです」

3着 ステイフーリッシュ(中谷雄太騎手)
「手応えが良くて勝てるとおもいました。負けたのはキャリアの差です。2戦目でこれだけのレースができていますから、来年が楽しみです。それにしても悔しいです」

(矢作芳人調教師)
「負けたのはキャリアの差です。反応できなかったが悔いです。能力の高さは証明できました。どこかで賞金加算を考えないといけないです」

4着 サンリヴァル(田辺騎手)
「先行馬が多くて流れが速かったし、馬場も硬かった」

5着 ナスノシンフォニー(吉田隼騎手)
「スタートして外に逃げ、内に入れてからはハミを取らなかった。まだ課題はたくさんある。ペースが流れて、うまく展開が向いた。しまいは脚を使った。今日みたいな競馬なら、距離は延びても、こなせそう」

6着 ルーカス(M.デムーロ騎手)
「とても残念でした。レース序盤にハミを噛んでしまいペースも少し速かったです。道中は折り合いがついていい手応えでいけました。まだまだ子供で中間にいろいろあったことも影響しました」

7着 マイハートビート(高橋義忠調教師)
「トモがパンとしてくれば良くなると思います。下がってきた馬の影響を受けたことも良くなかったです」

8着 ウォーターパルフェ(田所調教師)
「スタートが良く、いいポジションではこべたが、休み明けのぶん、反応が鈍かった。いい経験になった。センスがいい馬で、いいものを持っている」

9着 ロードアクシス(三浦騎手)
「ゲートで出負けしましたが、それでもすっといい形で運べた。コーナー4つの競馬はいい経験になった。精神的にも体的にも、これからの馬」

10着 シャフトオブライト(松田騎手)
「長距離輸送もありましたし、完璧な状態ではなかったが、馬にはいい経験になったのでは。これからの馬なので、今回が糧になれば」

11着 リュヌルージュ(北村宏騎手)
「周りが速かった。まだきゃしゃで伸びしろがある。来年以降に期待したい」

12着 シャルルマーニュ(戸崎騎手)
「先行してすいすい行くイメージでしたが、周りも速くていけなかった。道中いい感じで運べたが、早々に手応えがなくなった」

13着 フラットレー(C.ルメール騎手)
「4コーナーから反応がありませんでした。馬がまだやわらかいですし、ハーツクライの子なのでこれから良くなります」

14着 ジュンヴァルロ(藤岡康騎手)
「引っかかる面が強くなって、ああいう形になった。折り合いを欠いたのが全て」

15着 トーセンクリーガー(横山和生騎手)
「GIで初めての環境ですからね。先行した時と比べて雰囲気が良くなかったです。ベストは1600mくらいでしょうか。成長は感じています。このメンバーにもまれていい経験になったと思います」

16着 ワークアンドラブ(内田騎手)
「現状ではダートの方がいい。先生(田所調教師)も『次はダートを使う』と言っていたので、次に期待したい」

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ