阪神ジュベナイルフィリーズ 2017レース後コメント | オルフェ産駒GⅠ初制覇

レース後コメントスローガン阪神ジュベナイルフィリーズ2017が開催されました。

騎手や調教師のレース後コメントを掲載しています。

 

勝ったのは2番人気ラッキーライラック。

2着に3番人気リリーノーブル、3着に4番人気マウレア。

4着に7番人気トーセンブレス、5着に10番人気モルトアレグロ。

 

1番人気ロックディスタウンは9着。

 

オルフェーヴル産駒のラッキーライラックが無傷の3連勝でGⅠ制覇。

石橋騎手はビートブラック以来のGⅠ勝ちに。

秋のGⅠで日本人騎手が勝つのはキタサンブラックの武豊騎手に続いて二人目。

オルフェーヴル産駒らしからぬ落ち着きを見せていたラッキーライラックが盤石の競馬。

相当強そうなので来年のクラシックが楽しみです。

 

もう1頭のオルフェ産駒で1番人気だったロックディスタウンは9着と惨敗。

ひっかかっていたように見えたので今後も気性がポイントになりそう。

どうせ一人しかいない外人騎手が簡単に勝つだろうと思って頭で買っていましたがそう上手くは行きませんでした。

 

中1週での出走となったリリーノーブルは2着。

賞金的に余裕できましたし、来年以降のローテに余裕もてるのは大きいですね。

 

最内引いて逃げるかと思ったサヤカチャンですが、どうも元気がなかった模様。

今後も人気薄なら注意しておきたい1頭。

 

ヨシトミ先生騎乗のトーセンブレスは4着。

1回負けただけで人気落ちてて美味しいかと思いましたが惜しくも馬券には絡めず。

 

馬券は外しましたが、日本人騎手がGⅠ勝ったのは素直に嬉しい。

外人騎手が嫌いとかは一切ないんですけど、良い馬が次々に外人騎手に乗り替わるのは好きじゃないです。

ラッキーライラックは今後も石橋騎手でいってほしいですね。

スポンサーリンク

阪神JF2017レース後コメント

1着 ラッキーライラック(石橋脩騎手)
「前回は力んでいたので、今日は返し馬から気をつけてのぞみました。今日は落ち着いていました。頭のいい馬です。道中はうまく運べました。この馬の力は分かっていたので信じて乗りました。身体能力が高い馬で、運もあります。このまま無事にいってもらいたいです。久々のGIですが、この馬で勝ちたいと思っていました」

(松永幹夫調教師)
「力を出し切ってくれればいいレースはしてくれるだろうと思っていました。アルテミスステークスの時より冷静にレースを見ることができました。今日のレースぶりを見て改めて力があると感じました。このあとは桜花賞を目指すことになりますが、距離が延びてさらにいい馬だと思いますから将来が楽しみです」

2着 リリーノーブル(川田将雅騎手)
「中1週のレースでしたが、テンションが上がることなくいい内容のレースでした。抜け出してからつかまりはしましたが、今日のところは勝ち馬が強かったということで内容的には良かったと思います。来年は逆転できるようにこれから過ごしていければと思います」

3着 マウレア(戸崎圭太騎手)
「これまでの2戦と同じく、上手なレースをしてくれました。まだ追ってから遊ぶところがあって、グッとくる所がありません。狭いところには入って行けるのですが…。でも、今後の成長が楽しみな馬です」

4着 トーセンブレス(柴田善臣騎手)
「馬込みも我慢して、ギアチェンジもしっかりできました。脚も使っています。できればもう少しレースが(速いペースで)流れてくれれば良かったですね」

5着 モルトアレグロ(吉田隼人騎手)
「今日はイレこみが強かったです。メンコは効いていませんでした。競馬のセンスはいいですね。外回りでイメージ通りのレースでしたが、ラストはフラフラしていました。外回りの1600mはもっと落ち着きがほしいですね」

6着 ラテュロス(北村友一騎手)
「初めての騎乗でしたが、ゲートセンスが良くいいポジションを取れました。理想の位置と思えたのですが、ロックディスタウンが外から早めに動いてくれればこの馬にいい流れになったと思います。直線ではジリジリ脚を使って頑張ってくれています」

7着 グリエルマ(小牧太騎手)
「ゲートが悪いと聞いていたので出遅れは想定内。どんな競馬もできるし、これからの馬です」

8着 ソシアルクラブ(福永祐一騎手)
「伸びそうな感じなのですが、まだそのポテンシャルを使い切れていない感じです。雰囲気があるので、体がととのえばもっとやれそうな感じです。もう少し距離があった方が良さそうです」

9着 ロックディスタウン(ルメール騎手)
「休み明けでフレッシュだった。いいポジションは取れたが、リラックスして走れなかった。直線は少し伸びたが、ラスト200メートルでバテた。G1のレベルで戦うにはトップコンディションが必要」

10着 マドモアゼル(松田大作騎手)
「いい感じで運べ、最後まで頑張ってくれました」

11着 ノーブルアース(鮫島良太騎手)
「(スタートで)出たところでレースをしようと思っていました。折り合いがつきすぎました。かといって仕掛けるわけにもいきませんからね。ラストはいい脚を見せてくれました」

12着 トーセンアンバー(横山和生騎手)
「馬込みの中で折り合いがつきました。成長を感じました。今日はチャレンジャーでしたから、内をついていいところを見せてくれました。この経験が今後生きてくればいいですね」

13着 コーディエライト(和田竜二騎手)
「ジワッとは行きましたが、番手よりもハナに行った方がいいように思います」

14着 サヤカチャン(松岡正海騎手)
「ゲートで元気がありませんでした。返し馬からかかるところもなく、気が乗っていない感じです。全体的に元気がありませんでした」

15着 レグルドール(高倉稜騎手)
「ためる競馬をしましたが、残り100メートルで余力がなくなりました」

16着 ハイヒール(藤岡佑介騎手)
「スムーズでしたが、もまれて嫌がるところがあります。いい馬です」

17着 ラスエモーショネス(幸英明騎手)
「このメンバーでもスッと先行できました」

18着 ナディア(四位洋文騎手)
「馬が力んでしまいました」

http://keiba.radionikkei.jp

http://www.hochi.co.jp

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ