函館記念 2017レース後コメント

レース後コメントスローガン函館記念2017が開催されました。

騎手や調教師のレース後コメントを掲載しています。

 

勝ったのは5番人気ルミナスウォリアー。

2着に14番人気タマモベストプレイ、3着に7番人気ヤマカツライデン。

4着に3番人気アングライフェン、5着に11番人気ケイティープライド。

 

ルメール騎乗の1番人気サトノアレスは6着。

武豊騎乗の2番人気ステイインシアトルは15着。

 

荒れる事でお馴染みの重賞ですが、今年も3連単915,320円と高配当が飛び出しました。

ルミナスウォリアーとヤマカツライデンはともかくタマモベストプレイは買えないなぁ…。

 

ここ数年内枠超有利だったのに今年は12.14.15と見事に外枠決着に。

急に雨降ったのもあって内から荒れてきていたそうです。

そこまで読み切れねえよ…。

 

今回のレース後コメントで道悪が気になった、的なコメントが出ていたのはわかる限りでは

  • ステイインシアトル
  • ツクバアズマオー
  • カムフィー
  • スーパームーン

の4頭。

スーパームーンとかなんとなく上手そうな感じするんですけどね。

スポンサーリンク

函館記念2017レース後コメント

1着 ルミナスウォリアー(柴山騎手)
「調整もうまくいき、いい状態でした。いつもより前につけて、中団前の理想通りの競馬で、馬場も何とかこなしてくれると思いました。小回りコースで少し強引なレースになりましたが、強かったですね。まだ成長してくれると思いますし、楽しみです」

2着 タマモベストプレイ(吉田隼騎手)
「積極的に行けた。この馬場もプラスだった。直線では馬群が密集したこともあって、勝負根性を出してくれた」

3着 ヤマカツライデン(池添騎手)
「ハナは予定通り。ペースを落とさないように乗りました。交わされてからもよく頑張ってくれています」

4着 アングライフェン(北村友騎手)
「いい形のレースでしたが、勝った馬に早めに来られたこともあり、甘くなってしまいました。こういう馬場は苦にせず、上手に走ってくれています。甘くなりましたが、頑張ってくれています」

5着 ケイティープライド(鮫島克駿騎手)
「絶好の内枠で、レースはイメージ通りにスムースに出来ました。力のいる馬場も苦にせず走ってくれていました」

6着 サトノアレス(ルメール騎手)
「この馬場で2000mは少し長いかもしれません。最後は伸びていましたが…。3歳馬ですし、よく走っていますが、これからの馬です」

7着 ナリタハリケーン(藤岡康騎手)
「4コーナーまで馬群が密集していたので、追い出しを待たされた」

8着 レッドソロモン(岩田騎手)
「ゲートは相変わらず出なかった。馬場は合っていて最後も差してはきたが、あの位置からでは厳しかった」

9着 サクラアンプルール(蛯名騎手)
「ためるような競馬をした。もう少しジワーッと上がって行ければよかったが」

10着 ツクバアズマオー(吉田豊騎手)
「勝った馬と同じくらいの位置で行けましたが、3~4コーナーの手応えが今一つでした。馬場を気にしたのかもしれません」

11着 マイネルミラノ(丹内騎手)
「一生懸命頑張ってくれたが、4コーナーで手応えがなくなった。この馬場で58キロは厳しかった」

12着 カムフィー(勝浦騎手)
「ちょっと滑ってしまった。馬場が得意じゃなかったのかもしれない」

13着 パリカラノテガミ(松岡騎手)
「一発狙って前にいった。3角ではもしかしたらというのもあったが、やっぱり甘くなかった」

15着 ステイインシアトル(武豊騎手)
「行きっぷりがいつもと全然違いました。きれいな馬場の方がいいのかもしれません」

16着 スーパームーン(四位騎手)
「こういう馬場は得意かと思っていたが、嫌気が差したのかな」

http://keiba.radionikkei.jp

http://www.hochi.co.jp

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ