フィリーズレビュー2017レース後コメント 浜中騎手は騎乗停止に

レース後コメントスローガン

フィリーズレビュー2017が開催されました。

騎手や調教師のレース後コメントを掲載しています。

 

勝ったのは2番人気カラクレナイ。

2着に1番人気レーヌミノル、3着に6番人気ゴールドケープ。

4着に3番人気ジューヌエコール、5着に11番人気ヤマカツグレース。

 

荒れる印象の強いレースですが、割と堅めの決着に。

 

レーヌミノルは直線で豪快に内に切れ込んで浜中騎手は18日から25日(開催日4日間)の騎乗停止。

マイルCSの時もそうでしたけど、今回もひどい騎乗でした。

こういうの失格とか降着とかするべきだと思うんですけどね。

やったもん勝ちルールは見ていてスッキリしません。

 

カラクレナイは見事な差し切り勝ち。

ペースが流れた上にレーヌミノルが早めに動いたのもよかったと思います。

日曜メイン6連勝のデムーロの勢いはどこまで続くのか。

スポンサーリンク

フィリーズレビュー2017レース後コメント

1着 カラクレナイ(M.デムーロ騎手)
「先週の調教で乗ったときは80%ぐらいの感じでしたが、良くなる感じで、今日は自信を持って乗りました。外枠でしたし、ペースも速そうなので後方でじっくり乗って、最後はいい脚で伸びてくれました。桜花賞も楽しみな馬です」

3着 ゴールドケープ(丸山元気騎手)
「ゲート内で待たされて、スタートは出遅れる形でした。しかし、後方でじっくり脚を溜めると。最後はいい脚を使いました。この馬の新しい面が出て、結果的には良かったと思います」

4着 ジューヌエコール(北村友一騎手)
「直線で加速するところでブレーキを掛けるような不利がありました。残念です」

5着 ヤマカツグレース(国分優作騎手)
「厩舎からは1本足りないかもということでしたが、久々でも落ち着きがあって、地力は見せてくれました。本来ならもっと伸びていたと思います」

6着 フラウティスタ(福永祐一騎手)
「スタートも決まって流れに乗れたのですが、直線での不利は痛かったです。最後にまた脚を使っているだけに残念です」

7着 クインズサリナ(幸騎手)
「直線入り口で引っ張るロス。スムーズだったら、もう少しやれていた」

8着 ビーカーリー(和田竜二騎手)
「他馬に邪魔されて、競馬にならなかったです」

9着 ステラルージュ(高倉騎手)
「全く追えず、何もできていない。追えていたら掲示板(5着以内)はあった」

10着 スリーミスヨハネス(川島騎手)
「内々で、枠なりで行けたし、狭いところを割ってくれた」

11着 アカカ(松若騎手)
「勝負どころでバラバラになってしまいますね」

12着 ラーナアズーラ(山口勲騎手)
「4コーナーでは他馬によられ、直線ではスペースがありませんでした。脚はまだ残っていましたから、力を余した感じです」

13着 アンジュデジール(鮫島良騎手)
「スムーズに追走できた。4コーナーでゴーサインを出す時にごちゃつき、手応えがなくなった」

14着 タガノカトレア(菱田騎手)
「いいポジションを取れたが、芝では少し硬さを感じた」

15着 アズールムーン(石橋騎手)
「全体的に速くて厳しい競馬になった。これで体調が上がれば」

16着 ベルカプリ(池添騎手)
「行くつもりだったが、行けなかった。4コーナー手前で手応えがなくなった」

17着 シグルーン(藤岡康騎手)
「好位でいけたが、2着馬(レーヌミノル)に来られて抵抗できなかった」

18着 アルミューテン(田中学騎手)「4コーナーくらいまで感じはよかったが、伸びきれなかった」

http://keiba.radionikkei.jp

http://www.hochi.co.jp/

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ