フェアリーステークス2017レース後コメント 全馬掲載

レース後コメントスローガン

フェアリーステークス2017が行われました。

騎手や調教師のレース後コメントを掲載しています。

 

勝ったのは10番人気ライジングリーズン。

2着に1番人気アエロリット、3着に7番人気モリトシラユリ。

4着に11番人気ジャストザマリン、5着に12番人気アルミューテン。

 

2番人気キャスパリーグは12着。

3番人気コーラルプリンセスは8着。

 

掲示板に載った馬の3頭が二桁人気。

毎年よく荒れるレースですが今年も例に漏れずといったところでしょうか。

 

中山に強いブラックタイド産駒が勝ってクロフネ産駒が2着3着。

 

ライジングリーズンは外枠だったので特に考えずに切ってしまいました。

荒れるだろうと思ってましたが、中山に強いマツリダゴッホ産駒+前残り期待してツヅクから買ったので大外れ。

スポンサーリンク

フェアリーステークス2017レース後コメント

1着 ライジングリーズン(丸田騎手)
「外枠でやれることは限られているので、自分のリズムを崩さないようにと思っていた。馬場が渋ったのは良かったし、ある程度ペースが流れて、縦長の形になったのも良かった。強気の競馬をして、4コーナーではまくりきって先頭に立つような形だったが、最後まで遊ばずに走ってくれた。今回は今までで一番調教を積めたし、体調も上がっていた。これから広いコースでも走れるように、いろいろとやっていきたい」

(奥村武調教師)
「新馬戦の頃は能力だけで走っていて、まだ体調は本物ではなかったのです。この中間、馬が良くなり、あれだけ攻め馬を積んでも体が増えていたので身になってきたのでしょう。桜花賞までどう戦っていくか、状態を見て決めたいと思います」

2着 アエロリット(菊沢隆徳調教師)
「頑張ってくれました。まだ成長途上で、無理を出来ない面もあって余裕残しだった分、ラストで甘くなってしまったのだと思います。レースは道中折り合いもついて、いい内容でした。まだまだこれから良くなってくるでしょう」

3着 モリトシラユリ(吉田豊騎手)
「トビの大きな馬で、いい感じで外へ持ち出して、最後もジワジワ伸びています。もっと距離があっていいタイプでしょう」

4着 ジャストザマリン(北村宏騎手)
「スタート後に前をカットされてしまいました。着差が着差だけに痛かったです。ただ、道中馬込みの中に入っても冷静に走れていました。大型馬でまだ伸びしろも大きいと思いますから、楽しみです」

5着 アルミューテン(勝浦騎手)
「折り合いもつきましたし、終いも伸びています。次につながる競馬が出来たと思います」

6着 ヒストリア(蛯名騎手)
「馬は良くなってきている。流れに乗った正攻法の競馬で、現状の力は出せている」

7着 パフォーム(丹内騎手)
「道中はいい感じで運べたし、手応えも良かったんですが…」

8着 コーラルプリンセス(柴山騎手)
「ある程度の位置で運べたらと思っていたけど、ゲートを出てくれませんでしたね」

9着 アマノガワ(柴田善騎手)
「馬は落ち着いて乗りやすかった。ただ他馬が仕掛けていくところでついていこうとすると、体が伸びてスッと走れなかった。アクションが大きすぎるのかな。走り方を覚えていってくれたら」

10着 メローブリーズ(大野騎手)
「最後は伸びてくれましたが…。また立て直して、次に期待ですね」

11着 ブラックオニキス(黛騎手)
「ある程度前めの位置からイメージ通りに運べましたが、最後は伸びませんでした。前走から1キロ増えた斤量面や体調面の影響があったのかもしれません」

12着 キャスパリーグ(戸崎騎手)
「大外枠発走でもいい位置から勝ち馬を見ながら運ぶことはできましたが、コーナーで馬がささっていました。最後は反応がなく、伸びませんでした」

13着 キュイキュイ(津村騎手)
「テンションが高くて、ゲートでそわそわしていた。道中もハミをかんで、チグハグな競馬になってしまった」

14着 ツヅク(江田照騎手)
「(ハナで)ペースを落とそうとしたところで、馬とケンカする形になってしまった」

15着 ポンポン(嘉藤騎手)
「いい位置で競馬はできたけど、少し距離が長いかな…。1200メートルくらいがいいかも」

16着 スノードーナツ(松岡騎手)
「一完歩目から突っ張り気味で走っていた」

http://keiba.radionikkei.jp/

http://www.hochi.co.jp/

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ