エルムステークス 2017レース後コメント 全馬掲載

レース後コメントスローガンエルムステークス2017が開催されました。

騎手や調教師のレース後コメントを掲載しています。

 

勝ったのは5番人気ロンドンタウン。

2着に1番人気テイエムジンソク、3着に8番人気ドリームキラリ。

4着に6番人気コスモカナディアン、5着に13番人気ショウナンアポロン。

 

2番人気ピオネロは7着。

3番人気モンドクラッセは10着。

 

3連単は63,650円。

もし2着と3着のハナ差が逆だったら11万馬券でした。

 

ロンドンタウンが1分40秒9のコースレコードで優勝。

内々をぴったりまわって最後外に出す岩田騎手らしい騎乗。

カネヒキリ産駒はこれが中央の重賞初制覇となりました。

 

ロンドンで世界陸上やってる時にロンドンタウンが重賞制覇。

オカルト大好きな人でも敬遠しそうなほどベタなサイン馬券でした。

 

単勝1.5倍と圧倒的な一番人気に推されたテイエムジンソクがまさかの2着。

最後はなんとか3着馬を交わしました。

ちょっと時計が早過ぎたのかもしれませんね。

馬は頑張ってるけど相手が悪かった感じでしょうか。

 

土曜日に大けがから復帰した三浦皇成騎手が8番人気馬を3着に。

勝ち星も上げていましたし、復帰してすぐ結果出すって凄いですね。

スポンサーリンク

エルムステークス2017レース後コメント

1着 ロンドンタウン(岩田騎手)
「タイムはこのくらいになるだろうと思っていました。スムースにレースが出来て、届くのではと必死に追って行きました。賢くてどんなレースでも出来る馬です。いいレースが出来ました」

(牧田和弥調教師)
「うまくロスなく運んでくれました。4コーナーの手応えが良く、届くかなと思いました。馬体はスッキリとしていました。今日、韓国のコリアカップに選出されましたので、遠征しようと思います」

2着 テイエムジンソク(古川騎手)
「このタイムで差されてしまいましたので仕方ありません。時計は詰めています。仕方ありません。差されるとは思いませんでした」

3着 ドリームキラリ(三浦騎手)
「この馬のリズムで走って、やれることは出来ました。並ばれてからゴールまで踏ん張りました。今後につながるレースをしてくれました」

4着 コスモカナディアン(丹内騎手)
「この時計に対応できたから、収穫はあった。内をロスなく運べたのが大きかった」

5着 ショウナンアポロン(横山和騎手)
「我慢比べはどうかなと思って、こういう(後方からの)競馬をしたらドンピシャだった」

6着 リッカルド(黛騎手)
「速い時計でも頑張ってくれた。馬の状態も、追い切りの内容も良かったですしね」

7着 ピオネロ(ルメール騎手)
「ずっと大外を回る形で、走れませんでした」

8着 オヤコダカ(石川倭騎手)
「もう少し前で競馬をしたかったが、中央のペースなので。良馬場でやりたかった。ペースが勝負どころで上がっても、ついていけて、ばてない感じだったのは、今後につながると思う」

9着 ラインハート(丸山騎手)
「この馬としては頑張っている」

10着 モンドクラッセ(勝浦騎手)
「何とも言えないですね。初めてなので、状態面も含めて、ちょっと分からない」

11着 メイショウスミトモ(四位騎手)
「道中の感じはすごくよかった。3、4コーナーで、内か外か迷ったけど、外に行ったらクリノスターオーが下がってきて…」

12着 クリノスターオー(幸騎手)
「速すぎて反応出来ませんでした。パサパサの馬場の方がいいです」

13着 リーゼントロック(坂井騎手)
「道中は雰囲気よく進んだけど、さすがに時計が速かった」

14着 タマモホルン(左海騎手)
「無理をしないで位置に行けたけど、力が足りなかった」

http://keiba.radionikkei.jp

http://www.hochi.co.jp

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ