CBC賞2017 レース後コメント

レース後コメントスローガンCBC賞2017が開催されました。

騎手や調教師のレース後コメントを掲載しています。

 

勝ったのは2番人気シャイニングレイ。

2着に13番人気セカンドテーブル、3着に8番人気アクティブミノル。

4着に9番人気ティーハーフ、5着に12番人気スノードラゴン。

 

シャイニングレイが復帰4戦目で重賞制覇、ホープフルステークスに続いて2つ目の重賞タイトルとなりました。

弥生賞ではサトノクラウンを抑えて1倍台の1番人気になった馬。

生粋のスプリンター、という感じはあまりしませんが、折り合いに難のある馬なので短い距離の方がレースしやすそうですね。

この後は休んで秋に備えるそうです。

中山1200mが合う気はあまりしませんが果たして。

 

セカンドテーブルは完璧な競馬。

1月にはセイウンコウセイと0.2秒差の競馬していた馬ですし、来ても不思議ではないのですが、他にもそんな馬多すぎてピンポイントで買うのは難しいですね…。

 

アクティブミノルも自分の競馬に徹して粘り込み。

内枠ですっといけそうなメンバーだと注意しないとダメですね。

 

4着ティーハーフ、5着スノードラゴンも人気薄。

ティーハーフは毎回惜しいところまで来てるのでとりあえず抑えないといけない厄介な馬。

 

1番人気メラグラーナは10着。

この馬はとりあえず馬場が渋ったら切る、て良いんじゃないでしょうか。

 

いやー、夏の短距離は荒れるので面白いのですが、買いたい馬が多すぎて難しいです。

スポンサーリンク

CBC賞2017レース後コメント

1着 シャイニングレイ(北村友騎手)

「スタートでは、少し上に伸び上がるような感じで一歩目は良くありませんでした。元々スピードがある馬で、1200mでも行きたがるのかなと思いました。想像通り、3~4コーナーで行きたがる面を見せていました。馬自身が本当にすごくいい脚で、馬に感謝しています。力のあるいい馬です」

2着 セカンドテーブル(水口騎手)
「とにかく惜しいです。休み明け3走目で具合が良かったですし、今日の馬場も合います。スタート良く2、3番手につけて、勝つ時のレースは出来ました」

3着 アクティブミノル(酒井騎手)
「返し馬では、馬場におろしてからノーアクションだったので、ステッキを入れたらハミを噛んでいました。ハナを主張して気合を入れて行くつもりでしたが、ハミを噛んでいかなかったので、道中はムキになりすぎずに走れていました。腹をくくってラチ沿いを行きましたが、辛抱してくれました。中間も意欲的に調教をこなせて、それが結果に結びつきました。ブリンカーも良かったです。これが良いきっかけになってくれればと思います」

4着 ティーハーフ(国分優騎手)
「こういう馬場も合いますし、ロスなく運べましたが、最後は止まってしまいました」

5着 スノードラゴン(大野騎手)
「返し馬では具合の良さが伝わってきました。直前の雨も味方してくれました。終いも長くいい脚を使ってくれました。ハンデは重かったですが、頑張ってくれました」

6着 ナリタスターワン(和田騎手)
「初めて乗りましたが、ロスなく立ち回って、最後までよく頑張ってくれました」

7着 ラヴァーズポイント(川須騎手)
「外枠で、道悪でしたし、先行馬も揃って、いい条件ではありませんでした。ノメりながら4コーナーを回って、最後も苦しく、モタれていました。こういう条件でも頑張ってくれましたが、また条件が合えば…と思います」

8着 トーセンデューク(武豊騎手)
「しまいはよく伸びてくれたが、もう少し距離があった方がいい感じ」

9着 オメガヴェンデッタ(荻野極騎手)
「前半でリズムを崩しました。自分なりには積極的に乗りました」

10着 メラグラーナ(戸崎騎手)
「道中はいい感じで行って、直線でも脚を使っていますが、もっと終いは伸びても良いのかなとは思いました」

11着 エイシンスパルタン(藤岡佑騎手)
「直線はスムーズに外へ持ち出せたが、思ったほどはじけてくれなかったです」

12着 メイソンジュニア(菱田騎手)
「後続に脚を使わせるような競馬をしましたが、4コーナーで手応えがなくなってしまいました」

13着 アルティマブラッド(福永騎手)
「すごく具合はよかったが、のめっていた。重心の低いフォームだから余計に悪い馬場がこたえた感じだった」

14着 タイムトリップ(幸騎手)
「ゲートをつまずいて出てしまいましたし、軽い馬場の方がいいですね」

15着 ラインスピリット(森一騎手)
「直前の雨の影響で滑って走っていました」

17着 アリンナ(高倉騎手)
「一歩目が遅くなりました。このメンバーでは速いですから、前へ出して出してという感じになりました。しかし、周りが速すぎて追走が一杯になりました。まだ3歳牝馬ですが、せっかくのチャンスを生かし切れず、申し訳ありません」

18着 オウノミチ(松山騎手)
「スタートでつまずいてしまいました」

●CBC賞のプレゼンターを務めたJJ専属モデルとして活躍中の大川藍さんのコメント
「初めて中京競馬場に来させていただきましたが、とてもきれいで広く、驚きました。馬も間近で見ると、すごく大きくて迫力があり、力強さを感じました。また機会があればぜひ来たいです」

http://keiba.radionikkei.jp

http://www.hochi.co.jp

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ