朝日杯フューチュリティステークス 2017レース後コメント | ダノンプレミアム圧勝

レース後コメントスローガン朝日杯フューチュリティステークス2017が開催されました。

騎手や調教師のレース後コメントを掲載しています。

 

勝ったのは1番人気ダノンプレミアム。

2着に3番人気ステルヴィオ、3着に2番人気タワーオブロンドン。

4着に5番人気ケイアイノーテック、5着に4番人気ダノンスマッシュ。

 

1番人気のダノンプレミアムが好位から抜け出し突き放す圧勝劇。

無傷の3連勝。

前走サウジアラビアRCの時も思いましたけど、めっちゃ強いですねこの馬。

ワグネリアンとの対決が楽しみなのでどっちもケガなくいってほしい。

トライアル使って皐月賞かぶっつけ本番かはこれから決めるそうです。

ぶっつけなら悩ましい事になりますね。

 

3番人気のステルヴィオが2着。

最後よく伸びましたが、勝ち馬とは大きな差が。

前走乗ったルメールも今回乗ったCデムーロも忙しかったとコメントしているので距離は長い方が良さそう。

意外とダービーの方が面白いタイプなのかも。

 

タワーオブロンドンは最後かわされて3着。

こっちはステルヴィオとは逆に短い方が良さそうとのコメント。

最後3着死守しましたけど、ケイアイノーテック買ってた私には恨めしい頑張りでした。

スポンサーリンク

2017朝日杯FSレース後コメント

1着 ダノンプレミアム(川田騎手)
「無事にこの馬の強さを見せられて良かったです。ここ2戦、新馬戦からいい内容を見せていましたから、そのリズムを維持しようと思っていました。ゲートから気持ちが強かったのでなだめながら、”大丈夫だよ”と伝えながらのレースでした。直線に向いて道は見えましたので、強いレースをしようとゴーサインを出したら、いいトビ、いい加速、期待通りのレースでした。素晴らしいメンバーの中、ここに手が届いたことは素晴らしいですね。賢い馬で、強さのポイントはそこにあります。デビュー戦は1800mでしたが、マイルの朝日杯FSを目標にしましたので、来年は距離を延ばしていかなければいけません。とにかく厩舎にとっての初のGIを取れたことも喜ばしいですね」

(中内田充正調教師)
「元々スタートセンスのいい馬で、いつも通りのスタートでした。事前に川田騎手とは、王道の競馬を、と話していましたから、川田騎手もそのように乗ってくれました。期待していた馬ですし、とにかく順調に来ていましたし、期待通りに走ってくれました。まだ成長の余地を残していますが、完成度は高いと思います。今後、距離をもっと延ばしていければと思います。目指すところは一つ、クラシック目指して、ステップレースを使って皐月賞か本番直行かは、オーナーサイドと相談して決めたいと思います」

2着 ステルヴィオ(C.デムーロ騎手)
「直線、狭いところがありましたが、加速するのに時間の掛かる馬ですから、現状、1600mは短いと思います。来年、距離を延ばしていけばGIでも好勝負出来る馬だと思います」

3着 タワーオブロンドン(ルメール騎手)
「いい競馬でした。でも少し引っ掛かりました。その分、すぐに反応出来ませんでしたが、また伸びてくれました。もう少し短い距離の方がいいと思います」

4着 ケイアイノーテック(幸騎手)
「最後はしっかり伸びてくれましたし、能力は高いですね。勝った馬が強かったです」

5着 ダノンスマッシュ(福永騎手)
「スタートでトモを落としたのか躓いてしまい、落馬しかかりました。ペースが流れませんでしたから、アクシデントが痛かったです。それでも終いまで伸び続けていますし、普段はスタートのいい馬ですから、今日は残念です」

6着 ファストアプローチ(シュミノー騎手)
「調教に2週跨り、手応えはつかんでいました。2番手で上手に競馬が出来ましたし、いい展開に持ち込めたと思ったのですが、久々の分でしょうね。人気はありませんでしたが、結果を出したかったので残念です」

7着 カシアス(浜中騎手)
「1度使ってテンションが落ち着いていました。スムースによく走ってくれました」

8着 フロンティア(岩田騎手)
「じっくり乗ったが、伸びはひと息でした。前、前で運んだ方がいいのかもしれません」

9着 ダブルシャープ(和田騎手)
「前に壁を作れない外枠で少し力んでいた。能力は間違いなくあると感じるし、馬群の内でためるような競馬ができれば」

10着 アサクサゲンキ(武豊騎手)
「折り合いがついていましたが、距離が長すぎました。この馬はスピードを生かす方がいいですね」

11着 ケイティクレバー(小林騎手)
「速い脚がないので、コーナーが4つの方がいいですね」

12着 ライトオンキュー(四位騎手)
「ゲートでトモをすべらせるようなところがありました。それよりここでは相手が厳しいですね」

13着 ムスコローソ(池添騎手)
「中団で折り合えましたが、最後は離されてしまいました」

14着 アイアンクロー(酒井騎手)
「2着馬に何度も接触される不本意な競馬でも、最後まで頑張ってくれた。1200メートルあたりなら重賞でもやれますよ」

15着 ヒシコスマー(松山騎手)
「どこかで外へ出したかったんですが、枠の関係でそれができませんでした」

16着 イシマツ(加藤騎手)
「慣れてくれればもう少しやれそうです」

http://keiba.radionikkei.jp

http://www.hochi.co.jp

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ