青葉賞2017レース後コメント

レース後コメントスローガン

青葉賞2017が開催されました。

騎手や調教師のレース後コメントを掲載しています。

 

勝ったのは1番人気アドミラブル。

2着に4番人気ベストアプローチ、3着に8番人気アドマイヤウイナー。

4着に3番人気ポポカテペトル、5着に10番人気サーレンブラント。

 

単勝1.5倍と圧倒的な支持を受けたアドミラブルが完勝。

道中最後方追走で3コーナーでまくり気味に上がっていって最後まで伸びるというかなり強い内容でした。

他頭数の本番で同じレースできるとは思いませんが、混戦模様のダービーの有力候補に名乗りを上げたような気がします。

 

3着の8番人気アドマイヤウイナーは青葉賞と相性の良い大寒桜賞の勝ち馬。

ワークフォースでも3着に来るんだし毎年抑えておいた方が良いですね。

スポンサーリンク

青葉賞2017レース後コメント

1着 アドミラブル(M・デムーロ騎手)
「すごく切れました。スタートはゆっくりで後ろからになりました。初めてのコースでモノ見をしたり、直線もフラフラしたり、子供な所もありましたが、すごく良い馬です。東京コースでダービーの予行演習になりました。本番ではさらに強くなると思います」

(音無秀孝調教師)
「ダービーを見すえて中団からという指示でしたが、挟まれたりして後ろからになりました。少し行くのが早い気がしました。長く押していたので負担がなければよいのですが…。あとノド鳴りの再発が心配ですが、今日は輸送の問題もクリアしましたし、少しやんちゃな面は出しましたが、どんなペースにも対応できますし、ダービーは夢ですから良いレースをしてほしいと思います」

2着 ベストアプローチ(岩田康誠騎手)
「ひょっとしたらと思ったのですが、相手もまだ遊んでいましたからね。本番の権利は取れましたし、この馬にもチャンスはあると思います」

3着 アドマイヤウイナー(秋山真一郎騎手)
「状態が良く、よく頑張ってくれました。1着馬と2着馬がスッと行ったときに置かれて、その差が最後まで詰まりませんでした。残念です」

4着 ポポカテペトル(C・ルメール騎手)
「長く脚を使いますが、エンジンがかかるのに時間がかかりました。まだ若く、緩さもありますし、良くなってくると思います」

8着 イブキ(田辺裕信騎手)
「理想通りの競馬ができましたが、残念でした。このメンバーで、あと一歩足りなかったです」

12着 アグネスウイン(川又賢治騎手)
「さすがに相手が違いました。2400mも少し長いと思います」

http://keiba.radionikkei.jp

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ