中京記念2016レース後コメント 「馬が怒ってしまった」

レース後コメントスローガン

2016中京記念が開催されました。
気づいたら1600m戦になってました。

勝ったのは7番人気ガリバルディ。

2着にピークトラム、3着にケントオー。
4着に16番人気ダンスアミーガ、5着に5番人気ダノンリバティ。

 

私は当然の様にダンスインザダーク産駒ケントオーから勝負。

夏は牝馬+名前にダンスついているから、という安直な理由でダンスアミーガも勝っていましたが、1着2着がかすりもせずというひどい内容でした。

ケントオーは道中最後方で和田は何やってるんだ、と思っていたら最後よく伸びてきましたね。
力のいる馬場で差しが決まる展開だったので後方待機がハマった感じでしょうか。

どこかで重賞勝つチャンスありそうなのでこれから楽しみです。

 

問答無用で1番人気から3番人気切ったので、買ってなかったけど注目していたトウショウドラフタは12着。

マイルカップは掲示板乗りましたけど、やっぱりマイルは長いのかもしれません。

 

小牧騎手が最近頑張っていますね。

今回のレース後のコメントが中々面白い。


中京記念2016レース後コメント

1着 ガリバルディ(福永騎手)
「じっくり折り合いに専念して脚をためるレースをしました。最後にモタれるようなところがありましたが、最後まで頑張っています。すべてがうまくいきました。この馬はディープインパクト産駒ですがパワーがあるタイプですね」

2着 ピークトラム(小牧騎手)
「自在性のある馬です。道中はスタートからすべてがうまくいきました。ただゴール前、叩いたら馬が怒ってしまいました」

3着 ケントオー(和田騎手)
「ゲートは出ましたが、行き脚がつきませんでした。流れに乗ってあと一つ前のポジションならもっと楽にレースが出来たと思います。でも、決め手がある馬ですから、チャンスがありそうです」

4着 ダンスアミーガ(デュプレシス騎手)
「道中、掛かり気味ではありましたが、概ねリズム良く運べました。外の馬が動いた時、一緒に動いたらリズムを崩すのでじっくり運びました。直線の不利がなかったら2着はあったかもしれません。重賞を取れる馬ですよ」

5着 ダノンリバティ(武豊騎手)
「流れに乗ってレースが出来ましたが、直線に向いてモタついて上位馬に離されてしまいました。この馬もジリジリ伸びているのですが…」

7着 カレンケカリーナ(鮫島克駿騎手)
「予定通り馬場のいいところを通って、上位と差のないレースをしてくれました。右回りとの比較は出来ませんが、この条件も良かったのかもしれません」

10着 ダッシングブレイズ(ルメール騎手)
「4コーナーから忙しくなりました。直線は反応が少なく、瞬発力を発揮出来ませんでした」

12着 トウショウドラフタ(田辺騎手)
「掛かる面があるので、位置を取りにいってリズムを崩さないよう注意しましたが、前半は力んでいましたね。外がカベでいいところを走らせてあげられなかったことも響いたかもしれません。返し馬では落ち着いていたのですが…」

http://keiba.radionikkei.jp/

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ