宝塚記念2016レース後コメント・写真判定画像

レース後コメントスローガン

2016宝塚記念が開催されました。

勝ったのは8番人気マリアライト

2着に1番人気ドゥラメンテ、3着に2番人気キタサンブラック。
4着に4番人気ラブリーデイ、5着に7番人気ステファノスでした。

3番人気アンビシャスは16着。
馬場も距離も展開も全て向かなかったように思います。

2着3着写真判定画像

宝塚記念2016写真判定2着3着
出典:http://www.jra.go.jp/

 

稍重発表でしたが、騎手のコメントを見ると発表以上に馬場は悪かったかと。

1000m通過が59.1秒と早めのペース。
キタサンブラックに競りかける馬はいませんでしたが、好位に付けたい馬が多く武騎手の想定よりは早くなったかと思います。

 

出負け気味にスタートしたドゥラメンテでしたが、中団より後方の絶好のポジションでレースを進めたかと思います。
見ている分にはもっと弾けるかなーと思いましたが2着まで。

 

マリアライトは道中ドゥラメンテの少し前くらいのポジション。
蛯名騎手の手が早めに動いていたのですが、最後までよく伸びていました。

外枠なので軽視したのが大失敗。
「枠に恵まれた」とのコメントありますが、外枠で掲示板に乗っているのマリアライトだけなので騎手の腕も大きかったように思います。

蛯名騎手は外枠からの乗り方上手ですね。「京都長距離の蛯名」はよく言われますが、もう一つ「外枠の蛯名」も覚えておくことにします。

 

キタサンブラックはきっと想定より早いペースになってしまいましたが、それで僅差の3着ですから立派。
力のいる馬場でも頑張った事ですし、凱旋門賞行ったら面白そうですよね。

きっとサブちゃんの頭には無いと思いますが、秋の天皇賞より勝算ありそうな気がする。
プラス12キロでしたが、レース見る限りまだ成長してるんじゃないでしょうか。

 

ドゥラメンテはレース後デムーロ騎手が下馬。

何かアクシデントがあったようです。
おそらくこれで凱旋門賞は白紙に。どうにか最悪の事態だけは免れていて欲しいです。

※追記・ドゥラメンテは診断の結果左前肢ハ行
凱旋門賞の挑戦は中止が決定しました。

じん帯や腱の場合は後からわかる事もあるようなのでまだ安心はできませんが、とりあえず大事にいたらなくてよかったです。


宝塚記念2016レース後コメント

1着 マリアライト(蛯名騎手)
「本当に嬉しいです。春3戦目で一番いいデキでしたし、馬場も枠順も恵まれ、強い相手にどこまで出来るかと楽しみにしていました。前半は進んで行かない感じでしたが、3~4コーナーから促し気味にスムースに上がって行けました。思い通りのレースが出来ました。そう簡単には後ろの馬が来ない馬場なので、ちょうどいいところで流れに乗れました。最後はこの馬の勝負根性でよく頑張ってくれました。スタッフ、関係者みんなでこの馬の成長を待っていて、それが今の結果に結びついていると思うので、感謝しています」

2着 ドゥラメンテ(M.デムーロ騎手)
「4コーナーで内に進路を取ることも考えましたが、スペースがなかったので外に出しました。ずっと左手前で走ったので最後は疲れたようです。ゴール後に滑る感じになってバランスを崩しました。左前脚を痛めたようです」

3着 キタサンブラック(武豊騎手)
「思い通りのレースが出来ました。ラストもよく辛抱しています。あと少しでした。惜しかったですね」

(清水久詞調教師)
「プラス体重でしたが、しっかり筋肉がついていい体になっていました。この馬の形でレースが出来たのですが、1コーナーから2コーナーにかけて後ろから一気に来られてペースが速くなりました。これも競馬ですから仕方ないですね。この馬場でよく頑張って走ってくれました」

4着 ラブリーデイ(ルメール騎手)
「いいレースでした。でも、重い馬場と2200mでラスト100mは疲れていました。でもよく頑張っています。直線は勝てると思ったくらいですから…」

5着 ステファノス(戸崎騎手)
「流れも悪くなく、いいポジションが取れて、直線でもすんなり前が空いてくれました。しかし、残り200mで反応が今一つになりました。こういう馬場だと距離に課題があるのかもしれません」

8着 サトノノブレス(和田騎手)
「返し馬からフワフワしていました。3コーナーに入って反応があったのですが、やはりパンパンの良馬場の方が良さそうです」

9着 シュヴァルグラン(福永騎手)
「直線で前の馬が下がってきてスペースがなくなってしまい、うまくさばけませんでした」

12着 タッチングスピーチ(浜中騎手)
「前半からついて行けない感じ、気持ちもあまりなく、この馬らしさがなかった感じです」

13着 ヤマカツエース(池添騎手)
「1~2コーナーで脚を取られてかなりノメっていました。3コーナーで持ち直しましたが、とにかく一から出直しです」

14着 ワンアンドオンリー(田辺騎手)
「別に無理にポジションを取りに行った訳ではないのですが、他馬以上にこの馬は下を気にしていたように思います」

15着 トーホウジャッカル(酒井騎手)
「2コーナーで少し息は入りましたが、最後抵抗することをしませんでした。やはり調教でも重の時は動きが鈍るので、その点が出たのかも…とにかく仕切り直しです」

16着 アンビシャス(横山典騎手)
「まだまだ返し馬から元気良く、子供っぽい感じでした。長い目で見てやって欲しいですね」

http://keiba.radionikkei.jp/

 

他馬のコメントは発表され次第掲載いたします。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ