ステイヤーズステークス2016 レース後コメント 全馬掲載

レース後コメントスローガン

ステイヤーズステークス2016が開催されました。

騎手や調教師のレース後コメントを掲載しています。

 

勝ったのは1番人気アルバート。

2着に3番人気ファタモルガーナ、3着に2番人気モンドインテロ。

4着に7番人気ブレストウィック、6番人気タマモベストプレイ。

 

単勝1.3倍の圧倒的1番人気に応えてアルバートが連覇達成。

もっと楽に勝つかと思いましたが最後は接戦。

追い比べになったときのムーア騎手と蛯名騎手のフォームの違いがすごかったです。

蛯名騎手はお尻ぐわんぐわん。

ムーア騎手はお尻の上げ下げはあんまりないですけど足が前後に動く感じ。

個人的に追い方が好きな騎手はルメール騎手です。

 

アルバートはこの後有馬記念だと思いますけど、GⅠだとパンチが足り無さそう。

 

ゴールドシップばりの早めスパート見せたサイモントルナーレは最下位でした。

10歳馬ですからね。一発狙って思い切ったことをするのはいいと思います。

 

馬券はいつも通りカムフィーからちょっと遊んで撃沈。

まあしょうがない。

スポンサーリンク

ステイヤーズS2016レース後コメント

1着 アルバート(R・ムーア騎手)
「最終コーナーの手応えが良くて余裕がありましたが、今日は負担重量が昨年よりも重くて、2着馬も強かったので、ゴール前は接戦になりました。この馬はこのあとも重賞を勝ち続けられると思います」

2着 ファタモルガーナ(蛯名正義騎手)
「勝つならこの形でという絶好の形に持ち込めたのですが…。仕方がないです。この馬自身も良く走っています」

3着 モンドインテロ(C・ルメール騎手)
「良く頑張ってくれました。直線も良く伸びてくれたのですが、最後は止まってしまいました」

4着 プレストウィック(戸崎騎手)
「長い距離も大丈夫でした。リラックスして走っていた。途中で動こうと思っていたけど、動けなかったので、その分の差が出たかも」

5着 タマモベストプレイ(津村騎手)
「ちょうどいい位置で競馬ができた。この距離なら3コーナーから上がって行けるけど、前に馬がいないとフワッとしてしまう」

6着 ジャングルクルーズ(藤沢和調教師)
「内側に入れられなかったけど、ゆったり走れる長い距離は合っている。来春は天皇賞を目指したい」

7着 サムソンズプライド(吉田豊騎手)
「4コーナーで下がってくる馬をうまくさばけなかった。もう一回伸びたので、あそこをうまくさばけていれば」

8着 カムフィー(田辺騎手)
「切れ味勝負はどうかと思ったので、流れに乗せて運んだが、伸びなかった」

9着 プロモントーリオ(北村宏騎手)
「途中までうまく運べたが、4コーナーで前をふさがれた。大きいストライドの馬なので一回ギアを落とした分が痛かった」

10着 マドリードカフェ(川島騎手)
「速い脚がないので早め早めの競馬を意識した。京都のような坂で惰性をつけた方がいいのかも。輸送で馬体が減った影響もあったのかも」

11着 マイネルメダリスト(柴田大騎手)
「2周目でまったく余裕がなくなってしまった」

12着 ウインインスパイア(松岡騎手)
「頑張っているけど、距離は少し長かった。最後はいっぱいになっていた」

13着 サイモントルナーレ(内田騎手)
「後ろからだとついて行けないので、動けるときに動いていった」

http://keiba.radionikkei.jp

http://www.hochi.co.jp/

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ