セントライト記念 2016 レース後コメント全馬掲載

レース後コメントスローガン

菊花賞トライアル、セントライト記念2016が開催されました。

騎手や調教師のレース後コメントを掲載しています。

 

勝ったのは1番人気ディーマジェスティ

2着に2番人気ゼーヴィント、3着に3番人気プロディガルサン。

4着に11番人気ネイチャーレット、5着に8番人気ノーブルマーズ。

 

上位人気3頭での決着。

 

皐月賞馬ディーマジェスティが圧倒的1番人気に応えて優勝

内でゼーヴィントに粘られましたが、前哨戦ということを考えるとべストな内容だったかと思います。

菊花賞は皐月賞馬が強いですし、本番でも楽しみ。

 

ゼーヴィントはよく粘りましたね。

あまり距離伸びて良いとも思いませんが、中距離の重賞戦線でしぶとく活躍しそう。

そして今の戸崎には逆らうな。

 

プロディガルサンはようやくちゃんと使えるようになってきた感じでしょうか。

この後は菊花賞ですが、血統的に3000mでは厳しいかなと思います。

 

 

馬券の方はディーマジェスティからメートルダールとプロフェットの2点勝負で見事に撃沈。

いやーほんと小銭でよかったと思うしかない。

 

今週は東西で一番人気馬がしっかりと結果を出しました。

いよいよ秋クラシックに向けて役者がそろってきた感じがしてワクワクします。

 

来週は神戸新聞杯。

サトノダイヤモンドとエアスピネルが登場。

他にもレッドエルディストやナムラシングンといった骨っぽい馬たちが名を連ねています。

 

メジャーエンムブレムとリオンディーズのケガは本当に残念。

とくにリオンディーズはちょっと休んで2400mでどういう競馬見せてくれるか楽しみにしていただけにショックが大きい。

今年は有力馬のケガが多いですが、他の馬たちはケガすることなく無事にレースに出走してほしいですね。


セントライト記念2016レース後コメント

1着 ディーマジェスティ(蛯名騎手)
「順調に来ていたので、普通に不利がなければ力を出せないことはないと思い、強気に乗りました。スタートで寄られてあの位置になりましたが、慌てず、脚はあるのでタイミングを見て動きました。他馬が追い出すのを待っていたので、詰められたわけではありません。外を回る競馬になりましたが、馬も耐えてくれました。とにかく順調に本番を迎えられればいいと思います」

2着 ゼーヴィント(戸崎騎手)
「スタートが速かったので前に行きましたが、どんな競馬でも出来る安定感が出てきました」

3着 プロディガルサン(田辺騎手)
「位置よりもリズムを大事にして進めました。勝負どころで勝ち馬がしぼるような感じで上がって行った時、ハミを噛んでしまいました。それでも勝ち馬に食らいついていたし、菊へ向けて落ち着いて競馬が出来たのが収穫です」

4着 ネイチャーレット(野中騎手)
「3~4コーナーでスムースに加速出来ていれば良かったのですが、それでもこのクラスにメドが立ちましたし、大事に使っていけばもっと良くなると思います」

5着 ノーブルマーズ(高倉騎手)
「ひと夏越して馬が良くなっていました。このメンバーを相手によく頑張っています」

6着 メートルダール(北村宏騎手)
「道中落ち着いた流れで馬群がかたまっていました。直線では内をすくってうまく捌けたと思ったのですが…」

7着 マウントロブソン(川田騎手)
「ゲートを出て、他馬と少し接触したこともあって、道中ハミを噛みながらの厳しいレースになりました」

8着 ピースマインド(大野騎手)
「道中、壁を作って折り合えました。自己条件に戻れば力は上だと思います」

9着 プロフェット(石橋騎手)
「馬との距離が近すぎると気負うところがあるので、その点に気を付けて、跳びの良さを邪魔しないように心がけた。内を抜けることができれば、勝つまではいかなくても着順は上がっていた」

10着 ステイパーシスト(吉田豊騎手)
「勝負どころで右にモタれてモタモタしていました。まだトモに緩いところがあります」

11着 ケンホファヴァルト(柴田善騎手)
「控えても上手に競馬はできた。トモ(後肢)が弱いので、力をつければ」

12着 キークラッカー(柴田大騎手)
「いい感じで行けたが、相手が強かった。自分の競馬はできた」

http://keiba.radionikkei.jp/

http://www.hochi.co.jp/

スポンサーリンク

2 Responses to “セントライト記念 2016 レース後コメント全馬掲載”

  1. 通りすがり より:

    〉打ちでゼーヴィントに粘られましたが、

    単純な誤字だと思いますが指摘させて頂きます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ