札幌記念2016レース後コメント 全馬掲載

レース後コメントスローガン

真夏のビッグレース札幌記念2016が開催されました。

勝ったのは5番人気ネオリアリズム。

2着に1番人気のモーリス、3着に4番人気レインボーライン。
4着に2番人気ヌーヴォレコルト、5着に3番人気ヤマカツエース。

 

マイル王モーリスの参戦が注目を集めましたが、2着という結果に。
外枠の不利の大きい札幌ですし、ぬかるんだ馬場の影響もあったように思います。

ジョッキーは距離については問題ないと言っているので、個人的にはこのまま2000mなどの中距離戦線に進んで欲しいなと思っています。

次走について吉田代表は「迷っている」とコメント。
超豪華メンバーの天皇賞秋が見たいです。

 

ヌーヴォレコルトは大きく体重を減らしていました(マイナス14キロ)。

大阪杯の時は調教やり過ぎだったかも、とか言われていましたし、調整難しい馬なのかもしれません。

 

レインボーラインは地味ながら実力をつけていますね。

秋が楽しみな1頭です。


2016札幌記念レース後コメント

1着 ネオリアリズム(ルメール騎手)
「ペースメーカーがいないなと思って、逃げてリラックスして走れればと思って乗りました。こんな馬場も大丈夫でしたし、モーリスはマイル向きの瞬発力があるので、そのあたりも考えたペースで運びました。テンションが高い面はありますが、今日はゲートからとても大人しかったです。GIを勝てるポテンシャルがあります」

2着 モーリス(モレイラ騎手)
「距離は問題ありませんでした。ただ、今日は外枠で内に入るまでに時間が掛かった分もあったと思います。今日は緩い馬場で、後ろからではなかなか届きませんから…。ただ、折り合いはついていましたし、スムースな競馬は出来ました」

3着 レインボーライン(福永騎手)
「頑張ってくれました。このタフな流れ、馬場、強い相手でもよく走ってくれました。乗った感じも春より良くなっていますし、これからもっと強くなるでしょう。この馬が変わるキッカケになるレースになるかもしれません」

4着 ヌーヴォレコルト(吉田隼騎手)
「返し馬では馬場も大丈夫でしたし、行きっぷりも良かったです。ただ、向正面で前について行こうとしたら反応が鈍かったので、3~4コーナーで内を回って行きました。馬場なのか、馬体が減っていた影響なのか、勝負どころの反応がちょっと鈍かったですね。ただ、これから良くなってくれると思います」

5着 ヤマカツエース(池添騎手)
「引っかからずに行けたし、いい形で競馬ができた。復調の兆しを見せた。でも良馬場の方がいい」

6着 マイネルフロスト(松岡騎手)
「ゲートを出ての雰囲気次第と思っていた。うまくスタートを切ったので、前で勝負に行った。いい競馬をしてくれた」

7着 ダービーフィズ(小島太調教師)
「具合は良かった。4コーナーをうまくさばければよかった」

8着 メイショウスザンナ(四位騎手)
「雨が降っていたので前めにつけた。最後は男馬との差なのかな」

9着 ハギノハイブリッド(菱田騎手)
「前につけようと思ったが、出遅れて他馬に寄られてしまった」

10着 ヒットザターゲット(小牧騎手)
「今日は馬場に尽きます。やはり、いい馬場でないと…」

11着 ダンツキャンサー(勝浦騎手)
「メンバーが強かったし、内容が悪いわけではなかった。馬は充実している」

12着 レッドソロモン(柴山騎手)
「前々で競馬しようと思ったが、ゲートを出て進んでいかなかった」

13着 スーパームーン(蛯名騎手)
「この馬にはいい馬場かなと思いましたが、3コーナーでモーリスが上がって行って一気にペースが上がった時について行けませんでした」

14着 トーセンレーヴ(ホワイト騎手)
「2コーナーまではいけると思ったが、3、4コーナーでのめった」

15着 ロジチャリス(丸山騎手)
「テンから滑っていました。グリップが利かなくて、空回りしてしまっていました」

16着 レッドリヴェール(坂井騎手)
「ゲートをポンと出たので馬なりに行っていいかなと思ったが、それで脚がたまらなかったのかも。外の馬に来られて気が抜けた」

http://keiba.radionikkei.jp/

http://www.hochi.co.jp/

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ